日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

知ってますか?福島原発事故よりも放射能が多く漏れている韓国は平常運転

福島緊急避難区域より線量も高い韓国ソウル

melto302.jpg
韓国の量販店の食器から23マイクロシーベルト

melto303.jpg
韓国ソウルの道路は10年以上前から3マイクロシーベルト 福島緊急避難区域よりも高放射線

これが何を意味しているのかというと、実は日本人は大掛かりな嘘によって騙されているのである。
全員ではなく、一部の日本人は早期にこのことに気がついており、たいしたことないことがわかっているが、騙されている日本人によって「それは御用学者に騙されているからだ」「捏造されただけ」などと根拠のないヒステリックな発言によって打ち消されているのが現状である。

この馬鹿な人達はきっと「低放射線がたいしたことないなんて嘘だ」「韓国の人たちも数年後に白血病になるに違いない」また思い込む。
日本という国はは在日だけではなく、馬鹿な日本人からもまた、壊されているのである。

計画避難地域、実は安全地域ではないか 2011年 5月 3日
http://www.janjanblog.com/archives/38295

この記事はドイツがどうして原発を止めてどうして他国から電気を買うためになったか、そしてもう一つ、実は福島の非難区域は人が住める状態であることが書かれている。
マスコミの報道を信じ込んで「福島は危険」と思い込んでいる人にはすぐには信じられないだろう。
あれだけマスコミは信用できないと言いながら、ころころと騙され、そして福島の人は本来住める地域を追い出され、家を失い、無人となった家屋からはどこかの国の泥棒たちがせっせせっせと家具を盗み出した。

ドイツもまたチェルノブイリ事故の時に「反原発」を騒いだ「緑の党」がヒステリックな報道を繰り返し、選挙の際には議席を多く伸ばし、結局原発を止められてしまい、外国から高い値段で電気を買うハメとなった。
イタリアもそうである。
日本は同じ第二次世界大戦の敗戦国というドイツ、イタリアと同じ道を進むように日本の中から、世界の報道から背中を押されているのである。

結局、思い込んでしまい、自分と異なる意見を「陰謀だ」「お金をもらって嘘をばら撒いている」と決め付ける馬鹿によって日本はわざわざお金をかけて作った原発を自ら止め、より高い電気料金を払う道を進もうとしている。
そしてその馬鹿たちのせいで、福島の人や子供たちは本来住める地域を追い出され、不安を駆り立てられているのである。
民主党が政権を取った今、「騙された」と言う方々と同じで、自分が信じているものに対して、「本当にこれは正しいのか?」と一旦自分の意見を別の視点から見ようとする冷静さがないのが馬鹿たる所以だろう。

戦後日本はGHQの政策の一つとして間接統治という方法を使われ、日本人と外見が似ている在日朝鮮人をマスコミ、司法、政治界などのトップに据えることで日本をコントロールしている、それがいまだに続いている限り、マスコミは巧妙に日本国民を騙し続けるだろう。

放射能煽り報道=電通=民主党→反原発、原発停止=韓国から電気買わせる。
反原発で騒いでいる連中を見てみても、竹島を韓国にあげたらいい、などと発言している山本太郎、日本から再生エルネギーで儲けたい孫正義、そして自身の辞任と引き換えにしててでも通したかった再生エネルギー法案にこだわった菅直人。
反原発の人間を見ただけで普通の人は気がつくはずである。



にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2012/01/25 15:42 ] 放射能汚染について | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ