上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

香山リカ氏「先生が『君が代』を大きな声で歌ったら子どもの犯罪率が本当に下がるのか」 橋下氏を批判

テレビ朝日系番組「朝まで生テレビ」で28日、「激論!大阪市長“独裁・橋下徹”は日本を救う?!」と題した討論会が放映され、日本共産党から山下芳生参院議員が出席しました。
討論を通じて「大阪維新の会」の橋下徹代表のでたらめさや危険な本質が浮き彫りになりました。司会は田原総一朗氏。
(中略)
話題は橋下氏の進める教育基本条例案の問題に移り、元大阪市教育委員長の池田知隆氏が「どう喝による教育支配は時代錯誤だ」と指摘。
「橋下さんはなぜ『君が代』(の起立斉唱強制)にこだわるのか」とただしました。

山下氏は、橋下氏のねらう教育基本条例案は、知事や市長が「教育目標」を決め、教員が同じ命令に3回違反したら首にできるというものだと述べ、東京都で「君が代」の起立斉唱をしなかった教職員に対する重い処分を取り消した最高裁判決(1月16日)を紹介しました。

同判決は、「君が代」斉唱の際、1回起立しなかったら戒告、2回で減給、4回目で停職とした東京都の処分について、減給以上は行きすぎであり違法、職権濫用だと指摘。その理由として(1)「日の丸・君が代」問題は個人の世界観・歴史観にかかわる問題であり、セクハラや体罰とは違う
(2)学校の式典は年2回であり、2年で教壇に立てなくなるのは重過ぎる―としました。
橋下氏は「大阪の子どもたちの犯罪率は全国一。ルールすら守れない先生が、生徒にルールを守れといってもきくわけがない」「議会が決めたルールに、教員が自分たちの思想・良心で違反していいのか」などと発言しました。
これには出演者がいっせいに反論。薬師院氏は「府議選挙で(府議会で強行した『君が代』強制条例の)公約はなかったじゃないか」と批判しました。
精神科医の香山リカ氏は「先生が『君が代』を立って大きな声で歌ったら子どもの犯罪率が本当に下がるのか」自民党の柳本市議も「国旗・国歌は尊重すべきだが、それを条例で強制するのはいかがなものか」と批判しました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-01-29/2012012904_01_1.html

君が代起立問題については橋下氏は裁判判決が出たばかりということもあって、最初から最後まで劣勢だった。
香山リカ氏の「先生が『君が代』を大きな声で歌ったら子どもの犯罪率が本当に下がるのか」という批判はもっともである。
なぜ規律が必要なのか?という問いに「大阪の子供たちの犯罪率が全国一」「ルールを守れない先生は子供を指導でるわけがない」と橋下氏自ら言っているわけである。
ならば教師たちがルールを守り、子供にもルールを守るようにと指導できれば子供の犯罪率が減ると言っているのと同じである。

ここではっきりしているのは橋下氏は「愛国心」から君が代起立斉唱を言っているわけではないのである。
しかし、一部の人間はこうした橋下の言動を「愛国心」によるものだと勝手に解釈し、新生保守の誕生とばかりに騒ぎ立てているのである。
橋下氏の選挙運動や世論誘導はその点が巧みだと言えるのではないか?弁護士らしく弁が立つが実際は支持者が思うほど実力があるとも思えない。
大阪維新は次の選挙で多くの候補者を立てるようだが、ほぼ第二の民主党のようになるだろう。仮に政権を取らせるような間違いを日本国民がしてしまえば、また4年間棒に振るだろう。
擁立した多くの候補者の大半はゴミであることは容易に想像できる。そして橋下のメッキもはがれ壊すだけ壊して逃げ出すと私は予想する。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/01/29 23:35 ] 橋下徹・維新の会 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。