上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中国 過去10年、北京市の肺がん発病率は60%増加

2012年1月28日、米紙ニューヨークタイムズは、民間ボランティアの活動が中国政府を動かし、大気汚染データの公表につながったと報じた。31日、環球時報が伝えた。
昨年、中国の注目ワードとなったのがPM2.5。空気中に浮かぶ直径2.5マイクロメートル以下の超微粒子の量を測定したデータだ。中国はPM10のデータしか発表しておらず、より人体への影響が大きいPM2.5のデータ公開を求める声が高まっていた。
北京や上海、広州などの大都市では測定器を買い、ネットで独自にデータを発表する民間ボランティアの活動が盛んになった。中国の大気汚染の現状は人々の怒りを呼び、その声に押されるように中国環境保護部はPM2.5導入方針を急ぎ策定すると約束。
北京市では1時間ごとの濃度が公開されるようになった。
自動車の排ガス基準厳格化、都心部からの工場移転などの対策によって、過去10年、中国の大気汚染は大きく改善している。しかし汚染物質の量は先進国の基準値をはるかに上回っているのが現状だ。過去10年、北京市の肺がん発病率は60%増加している。
この間、喫煙率に変化はないため、大気汚染が肺がんの要因ではないかとある専門家は指摘している。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=58393

中国が発表する数字なのでは実際にはもっと酷いのではないか?
原因は大気汚染、核実験による放射能汚染の弊害が出始めているのだろう。
この現象は日本の女性にもまったく当てはまるようだ。喫煙率は横ばいでずっときてるけど、肺がん発症率は上がってる状態。

melto305.jpg
見たところ、男性も喫煙率が下がっているのに肺がんが増えているが、喫煙の影響が現れるには20-30年程度のタイムラグをみる必要があると言われている。
問題なのは喫煙率は横ばいでずっときてるけど、肺がん発症率の増加である。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


[ 2012/02/01 17:35 ] 中国に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。