上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

前米国防次官補が自衛隊のグアム駐留を

オバマ米政権で米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題など在日米軍再編を担当したグレグソン前国防次官補は1月31日、ワシントンで講演し、普天間移設とセットとされる在沖縄海兵隊の移転先であるグアムに自衛隊を継続的に駐留させ、海兵隊などとの合同訓練を実施するよう提案した。
グレグソン氏は自衛隊常駐が「自衛隊の能力向上へ大きな一歩となる」と指摘した上で、海兵隊のグアム移転実現のほか、訓練施設建設などグアムの基地機能充実が必要との認識も表明。
陸上自衛隊が米本土で海兵隊と合同訓練を実施しているものの「(移動費など)多くの経費が掛かる」と述べた。
普天間移設をめぐっては、実現しなければ「日米同盟への打撃となる可能性がある」と述べ、県内に移設するとした現行計画の進展を求めた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120201/plc12020113530009-n1.htm

少しづつ、自衛隊が軍隊化しているような気がするのは私だけだろうか?そして、これは日本にとって良いことかもしれない。
しかしながら、実現しなければ「日米同盟への打撃となる可能性がある」というのは脅しであることを考えると、アメリカの自衛隊グアム駐屯要請は、駐屯させることによって結果的に米軍の駐屯費まで日本が負担しろという展開になりそうな気がしている。
これでは日本の自衛隊はアメリカの用兵と同じである。


にほんブログ村 政治ブログへ


[ 2012/02/02 13:44 ] チベット人弾圧について | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。