上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イスラエル、今春イラン攻撃も 米国防長官分析 CNN

米CNNテレビとワシントン・ポスト紙(電子版)は2日、パネッタ米国防長官が、イスラエルによる対イラン攻撃に関し、今年春に実施される可能性が高いと分析していると報じた。
イスラエルではイランの核兵器保有を阻止するための単独攻撃論がくすぶっていた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012020300143

イスラエル・アメリカがイランと戦争になったら、今までの中東戦争以上に激化すると考えられる。
イランはアメリカの劣化ウランなどによるイラク攻撃を忘れてはいない。隣でイラクが壊滅する状況を見ていながら、イラクのようにまざまざと潰されていく道を選ぶとは考えにくいからだ。

イランの後ろには一応、中国とロシアが控えている。イスラエルがもし、イランを攻撃いるようなことがあれば、イランはどの道ズタズタにされることがわかっているので、中国・ロシア支援で核兵器を使う可能性もある。

今アメリカとEU経済の崩壊が危ぶまれており、デフォルトすれば間違いなくロシアと中国が世界の覇権を握る。
イランとイスラエル・アメリカが戦争すれば世界の構図が大きく変わる可能性が高い。
そう考えるとまずはイランとの戦争よりもシリアに行くのではないかと思う。


にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


[ 2012/02/08 17:34 ] イスラム情勢 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。