日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

福島原発2号機、一時90度近くに 東電「再臨界ない」

東京電力は12日、福島第1原発2号機の原子炉圧力容器底部に3カ所ある温度計のうち、突出して高い数字を示している温度計が同日午後、新保安規定の運転制限基準の80度を超えて上昇したと発表した。昨年12月に政府と東電が「冷温停止状態」を宣言して以降初めて。11日夜に冷却水の注入量を毎時1トン増やしたのに、この温度計は70度台から90度近くまで変動が激しくなっており、東電は故障の可能性が高いとみている。残りの温度計は35度程度で安定している。
東電は12日未明に原子炉内のガスを分析。キセノン135が検出限界未満であることから、溶融燃料で核分裂が連鎖する再臨界が起きていないと判断したが、念のため再臨界を防ぐホウ酸水を注入した。冷却水は毎時3.3トン増やし、過去最大レベルの同17.4トンにした。(2012/02/12-19:36)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012021200066

温度計が壊れていたようでよかった。
しかし、もうすぐあれから1年になろうとしているがやっていることは同じである。
野田が中に入ってみてきたらいい。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2012/02/12 23:34 ] 原子力発電所関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ