日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

「パチスロ大好き」公務員の男、県の収入から600万着服 証拠隠滅工作も

和歌山県西牟婁振興局(田辺市)の金庫に保管していた販売用の県収入証紙2192万円分が紛失した問題があり、県は14日、証紙の売り上げの一部を着服したとして、業務上横領容疑で、同局地域振興部の男性主査(45)を田辺署に告訴した。主査は県の調査に対して着服を認めており、帳簿には実際より少ない売上額を記入する手口で、約2年間で約600万円を横領した疑いがあるという。

その後の調査で、証紙販売時の領収証の控えを精査したところ、主査の作成した帳簿に虚偽記載があることが判明。突き合わせた結果、少なくとも約600万円分が着服されていた可能性があるという。調査に対し主査は「消費者金融や親類に借金があった」「パチスロが好きだった」などと話している。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120215/crm12021510450002-n1.htm

親が子供を車の中に放置して蒸し焼きにしてしまう事件がなぜ後を絶たないのか、今回のようなパチンコがやめられなくて犯罪に手を染める人間がでてくるのか、それはパチンコというギャンブルが競馬などと違って、中毒性がもたらされる仕組みになっているからである。

日本は一年で3万人が自殺をして10万人が不審死、サラ金との連携で多重債務に陥いり、年間3000人も生命保険に掛けられて自殺しているといわれているような国になった。
自殺の理由の第二位が借金苦。パチンコを介して韓国・北朝鮮へお金が流れる仕組みを知らない日本人。
以前あった長者番付にはパチンコ会社の社長、サラ金会社の社長、いわゆる朝鮮半島の人間の名前がズラリと並んでいたのである。
それにも矛盾を抱かずにせっせと働いたお金をパチンコでスッてしまい、サラ金でお金を借りて、尊い命を捨てる日本人。
なぜ日本でパチンコがなくならないか?政治家がパチンコマネーを受け取って私腹を肥やしているからだろう。

米経済誌フォーブス世界長者番付2005、資産部門in日本
2.福田吉孝5600億円【アイフル】(サラ金)
3.武井保雄5500億円【武富士】(サラ金)
5.木下恭輔4700億円【アコム】(サラ金
6.毒島邦夫4700億円【サンキョウ】(パチンコ)
17.神内良一2200億円【プロミス】(サラ金)
19.岡田和生1700億円【アルゼ】(パチンコ)
25.韓昌祐1100億円【マルハン】(パチンコ)

金正日「日本にパチンコがある限りわが国は安泰だ」
http://81.xmbs.jp/piroshigogo-203072-ch.php

李明博大統領が日本のパチンコ規制するな発言 「在日同胞の重要産業である」
韓国現職大統領が日本のパチンコ規制に文句を言ってきました。
ちなみに韓国でパチンコが禁止になった一番の理由は、日本からのパチンコ献金の方が潤沢で、韓国内で批判されていたパチンコ献金を続ける必要がなくなったからです。
http://nonbe.way-nifty.com/blog/2008/02/post_6183.html

パチンコは形を変えたアヘンである。

【送料無料】韓国併合百年と「在日」

【送料無料】韓国併合百年と「在日」
価格:1,260円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ



[ 2012/02/15 16:12 ] パチンコ問題 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ