上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「数百万人ものユダヤ人らが大量殺戮されたホロコーストはユダヤ人らの空想」 共和党の政治家ジョーンズ氏

アメリカのウォルター・ジョーンズ共和党下院議員が、「第2次世界大戦で、ナチス・ドイツにより数百万人のユダヤ人や、その他の人物らが殺されたと主張する、いわゆるホロコーストが発生した事実は存在しない」と語りました。
プレスTVの報道によりますと、ジョーンズ議員は29日水曜、アメリカの新聞ハフィングトン・ポストとのインタビューにおいて、「ホロコーストは発生しておらず、このような出来事は20世紀最大の真っ赤な嘘と見なされる」と述べています。
また、「第2次世界大戦末期に、ナチス・ドイツにより数百万人ものユダヤ人らが大量殺戮されたというのは、でっちあげの虚言であり、ユダヤ人らの空想に過ぎない」としました。
さらに、「このようなことは、歴史に残る虚言であり、ユダヤ人らはこの虚偽の物語を創作するために数百万ドルを費やして、この事柄に関する書籍を執筆し、映画を制作した」と語っています。
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=26038:2012-03-01-11-48-15&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116

風穴が開いたといえるかもしれない。
大きく捻じ曲げられた歴史、それは第二次世界大戦時の敗戦国であるドイツ、日本で作り上げられたのである。
口にするのも憚れたこと、たとえば日本で言うのならば「従軍慰安婦はいなかった」「日本は本当は南京大虐殺はやっていない」「ちょうせん人を強制連行していない」などは言うだけで「差別差別」と大騒ぎする風潮を日本国内で作り上げ、GHQの支配の下で「日本は悪いことをした」と日本人は教育されてしまったのである。
今でも「日本はアジアの国々の人たちにひどいことをした」「侵略戦争をした」と思っている人は多い。
がしかし、実際は日本が第二次世界大戦に参加し、東京大空襲と2回の原爆投下で大量にホロコーストされているのである。そしてその結果、アジアを開放する動きになり400年ほど続いた欧米人によるアジア植民地支配は終わりを迎えることになった。なのでアジアの国は朝鮮半島と中国以外は親日なのである。

これと同じことが敗戦国であるドイツでも行われた。
まず、ナチスがユダヤ人を数百万人虐殺したというが、実際にユダヤ人の人口はほとんど減っていない。
これは南京と同じである。
しかし、どうしてもユダヤにとって「たくさん殺された事実」が必要であったのは、イスラエルの建国が目的だったからである。
たくさん殺されたことによってユダヤ人には多くの同情が寄せられ、それが建国の後押しになったのだが、実際には当時のユダヤ人たちは各国に散らばっており、それぞれの国と人たちと溶け合って生活していて、大半が「どうしてあんな砂漠の真ん中の国へ行かないといけないのか?」と協力的ではなかった。
それで本当はユダヤ人であったヒトラーがナチスの党首となり、「ユダヤ人虐殺」という名目でアウシュビッツなどの収容所へユダヤ人を集め、今のイスラエルへと彼らを輸送していたのである。
一箇所に人が大量に集められ、激化する大戦時の中輸送が滞り、チフスなどの病気が蔓延してアウシュビッツなどで亡くなったユダヤ人のことをホロコーストと言っているのであり、実際にアンネの日記のアンネ・フランクもまた腸チフスで亡くなっているのである。
日本の雑誌でも「マルコポーロ」がこの事実を掲載したが、ユダヤの怒りに触れて廃刊となってしまった。

この作り話は出来事は20世紀最大のタブーといえよう。
アメリカはユダヤ人の傀儡政権でありながら、ジョーンズ議員のような発言がでてくるというのもまた、ユダヤの時代がアメリカで終わろうとしているのかもしれない。

日本にたかるちょうせん人、ドイツにたかるユダヤ人、それはまったく同じ構図である。


にほんブログ村 政治ブログへ


[ 2012/03/05 04:34 ] 国際ニュース | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。