日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

3月20日に大惨事の可能性 イスラエル大使館が急きょ休み

イスラエル大使館HPの3月20日休業に関する記事

休館日のお知らせ

2012年3月20日

「さて、在東京イスラエル大使館では、日本国祝日(春分の日)に伴い、3月20日(火)終日閉館いたします。当日は領事業務受付等も休止いたしますので、予めご承知おきください。」


この記事がイスラエルのホームページに載せられたが即座に消されてしまっている。

http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-378.html

そしてその代わりに野田首相とバラク副首相の握手の写真が差し替えられて掲載されている。
3月20日といえばユダヤ人によるイラク侵略を始めた日であり、オウム地下鉄サリン事件の日。
この日に東京で大異変があるのだろうか?関東大震災、原発へのミサイル攻撃。

9.11テロ時のユダヤ人の動き

長谷川浩さん変死事件
10月10日23時からの特別番組で「WTCビルでの犠牲者を国籍別に調査したところWTCに勤務していたアメリカとイスラエルの二重国籍をもつ4000人のユダヤ人は一人も死んで無かった」と報告。ところが10月15日NHK構内で長谷川浩さんは変死体で発見された。

実際に海外のサイトでは4000人には真相が知らされていたわけではなく、イスラエルの諜報機関モサドから何らかの形で彼らに今日は出勤するなという警告があったのではないかという憶測がなされている。
しかし、このスクープを報道した長谷川浩さんは変死体となって発見されており、警視庁代々木署が死因などを調べているが、「個人のプライバシーの問題で何も申し上げられない」、「事件性はない」としている。不思議な事に検死、遺体解剖されていない。

ユダヤ人が何かを画策するとき、こうやって同胞であるユダヤ人に事前に知らせるという話は事実だろう。
3月20日、この日は警戒が必要である。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
[ 2012/03/05 05:08 ] 戦争・テロ・動乱・事故・天変地異 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ