日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

プーチン首相 選挙の不正を認める

ロシア大統領選で当選したプーチン首相(59)は6日、大統領選のためモスクワ市内の大学に設置されていた
投開票の監視センターを訪れ、「不正はあった。(有権者)全員が理解できるよう解明する必要がある」と述べ、不正を追及する姿勢をアピールした。
その一方で、公正な選挙を求める抗議集会については「政治的な争いの一部に過ぎない。選挙とは関係がない」と指摘。野党勢力が要求する再選挙などに応じない強気の構えをみせた。

プーチン氏は不正に対応する構えを示しつつも、自らが当選した選挙の正当性には疑問を差し挟ませない厳しい態度を示したと言える。野党勢力は10日に抗議集会を再び行う予定で、プーチン氏の強硬姿勢に反発を強めそうだ。
一方、露外務省は6日の声明で、大統領選に国際監視団を派遣した全欧安保協力機構(OSCE)が選挙に不正があったと発表したことについて、「偏見にとらわれ、議論の余地がある評価が含まれており同意できない」と不快感を示した。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120306-OYT1T01104.htm

さすがGHQの手下であった読売の記事である。
どこまで本当のことなのかわかりづらい書き方であるが、プーチンが言う不正とは自分の不正のことを言っているわけではないのに、記事を読むと「自らの不正を棚上げして」というように読める。書き方次第で世論誘導できるとはこのことだ。

【送料無料】ほんとうは強い日本

【送料無料】ほんとうは強い日本
価格:756円(税込、送料別)


にほんブログ村 ニュースブログへ
[ 2012/03/07 13:32 ] ロシアに関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ