上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

嵌められた高嶋政伸のDV音声がYouTubeに流出

昨年から離婚裁判中である高嶋政伸と美元(ミウォン)婦人。離婚の原因は高嶋政伸のDVが原因とされており、そんな二人の口論と思われる音声が動画共有サイト『YouTube』に公開された。しかしこの音声は法廷に提出された証拠品であり、誰が流出させたかは今の所不明。
※この音声は現時点で本物か不明なのでそういった前提でご覧頂きたい。

美元婦人が流出させたのなら特に問題は無いが、裁判所側経由での流出となると問題有りだ。口論の内容は酔っ払っている男性と女性の口論から開始される。音声を録音しているのは女性。男性は「馬鹿女が! 生きてる価値も無い! 死んじまえ!」と暴言を吐くだけでなく、更には暴力にまで発展。先に手を出したのは女性側だが、それに対して殴り返し「女に手を上げる男がいる?」と共に悲鳴や暴れるような雑音までも聞こえて来る。

もはや当初の口論ではなく、男性の一方的な暴力となり現場の悲惨さが伝わってくるような音声。男性の口調も所々呂律が回っていないようで相当酔っていることがわかる。
この音声は法廷へ証拠品として提出されたものだが、何故インターネット上に流出したのだろうか。
http://getnews.jp/archives/173569

離婚問題でもめていた両人だが、この音声流出ではっきりしたことは高嶋政伸が韓国女である美元にだまされて結婚し、そして嵌められたということである。
本人は意図的にこの音声を流出させたのかもしれないが、かえって美元の意地汚さが露呈し、世間もまた高嶋政伸よりも画策した美元という女性の心根の汚さを感じた人の方が多い。

酔っ払ってる時→動画ではなく音声→煽るように、大声をあげる→煽るように最初に手を出す→大げさにわめき散らす→後にようつべに公開という流れで高嶋を怒らせようと最初に手を上げたのは美元である。

音声に含まれていない部分
美元が高嶋に電話をし帰宅を催促。録音スタンバイ。

高嶋が夜12時過ぎに泥酔状態で帰宅し、睡眠導入剤と安定剤を飲む。

美元が生活費の少なさについて愚痴りだす。
高嶋「生活費月々50万円といって、本当は70万、本当は100万欲しいんだろ!?」
美元「生活費として要求しているだけであって、お小遣いではない!」

―――――――――【ここから音声部分】―――――――――
高嶋「バカ女が、死んじまえてめえなんか」
高嶋「そういう人の優しさとか、いろんな物を全部すっとばして
   自分のやりたいように全部やろうなんてバカがやることだよ」
高嶋「もう寝かして」
美元「…いい加減にしなさいよ!いっていいことと悪いことがあるんだよ!」(高嶋の目を殴る)
高嶋「おいちょっと待て、ブス!オラ」(美元の頬殴る)
美元「女に手を上げる男がいる!?」
高嶋「おめえが最初に叩いたんだろうが。叩くのは最終(手段)だぞ。あー痛ぇ」
―――――――――【ここまで音声部分】―――――――――

ちょうせん人に騙され利用される高嶋政伸
香港の結婚式の「下見」に60人を連れて行った美元。費用は高嶋側が負担。
帝国披露宴は500人の筈が美元が沢山招いたので720人になり混雑し過ぎた。
ご祝儀差し引いた2,000万円は高嶋が出した。 
ロンドン、ニューヨーク、中国、チベットへの旅行代650万円は高嶋側が負担。
ワーゲン370万円は高嶋側が負担。

週刊女性の記事
美元は毎月のように海外・国内旅行をし、美元父、親戚の分も払うことがあった。
旅行の度に美元は高嶋に100万単位で無心(生活費のほかに)。
披露宴の2000万円はほぼ高嶋が出した。
高嶋の月々の収入では足らず、数千万あった貯金は1年ちょっとでほとんど底をついた。
昨年のパーティ、高嶋を呼び出し150万円持ってこさせた。
一昨年から高嶋は実家に度々お金を借りに行く。それを美元は「マザコン」というようになる。

女性セブンによる今回の音声騒動の成り行き
夜12時過ぎに帰宅すると、翌日の仕事のために、政伸は睡眠導入剤と安定剤を服用した。このとき彼は、すでにビールと赤ワインそれぞれ1~2杯飲んでいた。
政伸、寝室を別にしたいと望むも、美元は、結婚してからまともに生活費をもらえず、ひもじい思いをしてきた、など文句をいい始めたという。
政伸は業を煮やしアイマスク着用で就寝。そこへカッとなった美元が平手で政伸の顔を殴る。左目あたりを強打された政伸はしばらく目が開けられず、『失明するかと思った。役者の顔を殴るとは許せない』と激高。

帝国の披露宴
立食でしかもスシ詰め状態。
ちょうせん女がが考えた変な朝鮮式の食事ばっかりでまともなのは帝国のローストビーフくらだったとのこと。
ローストビーフの前は意地汚いちょうせん人の長蛇の列。
来賓の一人である佐野史朗はお皿片手に30分も並んで待ったされる。
高嶋側の来賓は当然豪華なメンバー。ちょうせん女側は変なちょうせん人とか、ミーハーな素人みたいな品がない女性が連なっていた。
ハリウッドスターのニコラス・ケイジもやはりちょうせん女の騙されて生活が破綻してしまっている。
高嶋も日本人と台湾人のハーフと聞いて結婚を決めたようだが、披露宴当日になってちょうせん人だったことをしらされることになった。

帝国ホテル立食披露宴  美元プロデュース(Oixiコラボ)
・ウェルカムドリンク(韓国茶)、飲み物:茨城の地ビール。
・料理:ココナッツカレー&ライス・串ピクルス・カクテルサラダ・ローストビーフ・韓国海苔巻き・マカロン。
hhttp://oixi.jp/miwon-wedding/archive/16
高嶋家の結婚披露宴にしてはお粗末な内容。合コンのメニューのようである。

melto324.jpg
品のない引き出物でびっくり

ちょうせん人と結婚して奈落の底へ突き落とされた人
伊良部秀輝       
あらゆる事業失敗、帰国もできず、最後のウドンチェーンも韓国人のデタラメで破綻。真夏に首吊り自殺、腐乱死体で発見される。実家家族は、火葬場にも入れず、宮古でも香川でもない成田の無縁仏寺に遺骨捨てられる。
しかし金集めの追悼会だけはしっかり開こうとしたことに批判が集まりようやく中止に。

高嶋政伸         
自称台湾系ハーフと詐称していた美元に騙され結婚、朝鮮人と知ったのは記者会見の場一族情報を執拗に週刊誌に垂れ流しにされた上、 仕事激減、離婚できず。

ニコラス・ケイジ    
自称日本人(婚約時にも言わず)の朝鮮人女に騙され、 結婚後に韓国人と判明、一族に家まで買うなど散在した結果財産激減の上、アル中、逮捕、事業・映画ことごとく大外れ、破産同然に。

ウェズリー・スナイプス
日本人を詐称していた韓国女と結婚、 打って変わって派手な生活に。税務署調査が入り 脱税などで数回逮捕、追徴課税で破産同然に。映画界から消滅、 裁判で完敗、刑務所行き

ウディ・アレン      
韓国人養女と近親相姦・不倫肉体関係に。自宅不倫なのに何者かにマスコミリークされ妻と行政から訴えられ、仕事も激減。養女からは結婚を迫られ妻と離婚して再婚。韓国人妻が浪費しまくっている報道。

松本人志        
映画の失敗、入院、視聴率激減、番組消滅。

木梨憲武         
視聴率激減、冠番組消滅、個人活動も大コケ。

韓国から呼び寄せた美元の家族はどう見ても高嶋家とは不釣合い。高嶋もなぜこんな世界一劣化したゴミのような民族の意地汚い女と結婚までしてしまったのだろうか?子供がいないのがせめてもの救いである。
melto323.jpg
高嶋とあちらの家族

結婚後の美元と家族の旅行
2008年09月――友達とニューカレドニア
2008年10月――友達と京都
2008年12月――父親・兄と香港
2009年01月――静岡の父の親戚宅
2009年01月――友だちと韓国(ソウル)
2009年08月――12日から友だちと九州五日間
2009年08月――27日から父親と台湾5日間
2009年09月――友だちとニューヨーク7日間
2009年09月――女友達とチベット
2009年10月――19日からイギリス30日間の旅、現地在住友人訪問
2009年12月――イギリス帰国後間もなく韓国に2週間以上の滞在
2010年03月――友人とインド


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。