日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

フジテレビが殺人 「火渡りするという老人」ロケで老人が大ヤケド負うも放置で老人は死亡

「週刊文春」(3月8日号)は、フジテレビ系の深夜番組において一般老人が危篤に陥るほどの大ケガを負う事故があったと報じ、ネット掲示板で話題になっている。

記事によると、2003年末から翌年にかけて放送されていたフジテレビ系の深夜バラエティ番組「退屈貴族」で、灯油の撒かれたダンボールを並べ、そこに火をつけて一般の独居老人がその上を歩くという企画が行われたが、老人は燃え盛る炎の中を数十歩ほど歩き、最後まで到達はできずに途中で脱出。その時点で表情は青ざめており、下肢には広範囲に及ぶ火傷を負ったという。番組の担当者は、老人の足の皮が火傷でめくれ上がっている状態を見ているにも関わらず、病院に連れて行くこともせずにビデオを回し続けたとも報じている。
また、同記事では、数日後に老人の容態が悪化し、歩けない状態になったとまで伝えており、その後も老人の手術は続いたものの、呼吸の一時停止や吐血、臓器不全に陥るなどの重篤症状にまで至ったとしている。
http://news.livedoor.com/article/detail/6345530/

問題の動画
http://www.youtube.com/watch?v=7UlUIRMcYRg

老人はその後亡くなっている。

フジテレビの腐敗の原因はちょうせん人と孫正義
ライブドアのフジサンケイグルーブの株の買占め事件があったときに、会長の日枝は孫正義に頼んでグループの株を買い占めてもらった経緯がある。
そしてその株はちょうせん人の手に渡り、後はご存知のとおり「浅田真央批判・バッシング」「韓国の二流ドラマ垂れ流し」「日本人タレントに無理矢理に韓国大好きなどと言わせる」という馬鹿げたテレビ局へなり下がっていった。

韓国人気質の番組
韓国人は人種差別をする民族であることが知られている。また同時に知的障害者や高齢者をも差別し、それがこの番組に濃縮されていると考えてよいだろう。
炭火の上は火傷しない様な仕様になってることから、よくその上を走るといったパフォーマンスがあるが、灯油で火つけたダンボールが燃えあがっているその上を歩かせるのは殺人行為にあたり、本人に自殺願望があったとしても止めなければ自殺幇助である。

なぜ老人だったのか?
若い人間がそのようなことをするよりも、お年寄りがやったほうが笑いが取れる、という韓国風の最低俗な発想から考えられている。

老人は腎不全で死亡
老人が火渡りで持参したのはダンボールだけ。灯油はフジ側で用意
灯油3リットルに対し事故用の対策がバケツの水のみ。消火器等の準備なし
歩けないほどの火傷してるにも関わらず、2万円だけ渡して応急手当もせずにタクシーで帰す
老人の様態が悪化。医者が通報して警察が動く
フジ側が5日間にも及ぶ内部調査を行うが「該当する様なロケは行っていない」と回答
番組をみた視聴者から「やりすぎ」の苦情で、ようやくフジがロケの事を認める

その後のフジテレビの隠蔽工作
警察への事情説明を、フジテレビに顧問として天下りしていた元警察幹部が行う
これによりスタッフは事情聴取さえされずに無罪放免
フジはこのロケを事故として公表せずに隠蔽
4年後に腎不全より老人死亡。腎機能の低下は火傷によってもたらされたものだとのこと
http://imashun-navi.seesaa.net/article/255145546.html

やけどは細胞が完全に死ぬから老人の場合は治りにくい。4年間の間苦しみ抜いて亡くなられたのだろう。
フジテレビの犠牲者はこれだけではないだろう。ご冥福をお祈りします。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
スポンサードリンク
カテゴリ