上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

尖閣周辺接続水域に中国船 16日午前

16日午前6時ごろ、沖縄県の尖閣諸島・久場島から北東約40キロの日本の接続水域内で、中国船「海監50」「海監66」の2隻が南南西に向けて航行しているのを、第11管区海上保安本部(那覇)の巡視船が発見した。
同本部は、領海内に侵入しないよう無線で警告し、監視を続けている。中国船側は「この海域で巡航任務を行っている。魚釣島を含むその他の島は、中国の領土だ」と応答しているという。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120316/plc12031610420004-n1.htm

いつもの尖閣近辺の侵入と異なる点は今回は中国漁船ではなく、中国の海監による侵入である。
「魚釣島を含むその他の島は、中国の領土だ」とわざわざそれを言いに来たのだろうか?
今は日本は海上保安庁の対応になっているが、人民解放軍の船が来る日は近いだろう。そうなれば日本は自衛隊の対応となってくる。
武力衝突になっても、国内で足を引っ張る勢力が多すぎて、日本は力を出せないまま負けることはわかりきっている。日本の問題は内部の裏切り者、日本人のふりした勢力が多すぎる。スパイ禁止法がないことが最大の原因である。

中国はバブルがはじけた、経済が破綻すると言われているが果たしてそうだろうか?
中国が崩壊するとすれば内部からだという話もあるが、それにはアメリカの画策が必要になり、中国の中に「反政府軍」のような存在ができない限り不可能であるが、中国政府は「カルト宗教」の流行をもっとも恐れており、宗教による国民の団結がなされれば、革命のようなことが起こるかもしれない。

法輪功学習者を弾圧し生きたまま臓器を取り出して殺害していることが問題となっていたが、これは中国政府の国民がカルト宗教によって団結することを恐れている証拠である。


にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


[ 2012/03/17 19:44 ] 中国に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。