日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

北ミサイル発射予告 金正恩氏「核を活用せよ」と側近に指示

4月に事実上の長距離弾道ミサイルの発射実験を行うと発表した北朝鮮の新指導者、金正恩氏が側近らに「核の積極活用」を指示していたことが分かった。権力層に近い複数の関係者が明らかにした。
朝鮮人民軍の内実に詳しい別の関係者は、正恩氏が「われわれは核を持っている。食糧は南(韓国)に献上させろ」と側近に指示したと、高級幹部から聞いたという。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120317/kor12031707580002-n2.htm

何か要求があるときは、脅して威嚇するという方法は金正恩氏の父親であった金正日そのままである。
彼は父と同じ路線を進むことにしたようだ。
本当に核を落とすことはないだろうが、アメリカ経済の破綻、中国の破綻を考えると自分たちが戦争をする代わりにちょうせん半島の北と南で戦争をさせる可能性もあるのではないか?

過去にもこの民族は同族同士で殺し合いを繰り返しているほど短絡的で病的な人たちである。

韓国人自身による韓国人虐殺事件(主なものを抜粋)
1948年 4月  済州島事件  死者6万人~7万人(1.5万~10万の諸説有)
1948年10月  麗水・順天反乱事件  死者数千人(400人以上~数千人の諸説有)
1950年  夏  国民保導連盟事件  死者30万人
1950年  冬  国民防衛軍事件  死者数十万人
1980年 5月  光州事件  死者193人(もっと多いとの説有)

彼らはこの恥ずかしい事件を隠すために「日本人がやった」と教育を繰り返している。
それがコリアンであることを認識して欲しい。

朝鮮民族は1000年間中国の奴隷になっていた人たち。根底には強烈なコンプレックス。
日本が日清戦争に勝ったことで独立できたのだが、その事実を書いた下関条約の一条を自ら削除して奴隷国家だったことを隠蔽。

「我が国は5000年間一度も他国に支配されたことの無い独立国である」

という教育をしていたために事実を曲げないといけない。
韓国の古い国旗にまで 「大清国属(清=中国)」と書いてあったのだから属国だったことは否定しようがないのだが、古い国旗が発見された時も、韓国国内のニュースでは「大清国属」という 文字をカットして報道。
それだけ彼らのなかには1000年もの間に作られた奴隷気質があり、強烈なコンプレックスが培われているのである。

なぜ反日になったかというと、日韓合併でお互いに仲良くやっていたが日本が戦争に負けると、仲良くしていた自分たちまでアメリカに目をつけられる、賠償金払わされる、と勘ぐり、長年の奴隷根性によって突然態度を豹変。
「日本と仲良くしていたわけじゃない、無理矢理侵略されて従わされていた」と言い出す。
そして朝鮮進駐軍をつくり、焼け野原になった日本にやってきて勝手に土地を奪いパチンコ屋を作り、レイプを繰り返し農家から作物を奪って闇市で売り財を築く。
それが今日本にいる在日朝鮮人であり、民主党の中にいる帰化人である。
挙句の果てには戦争もしていないのにアメリカとともに日本と戦った「戦勝国」と言い出し教科書にも記載。

そういう教育によって彼らは反日感情を植えつけられ、日本人が事実をいったところで解けるほどの浅い洗脳ではない。

melto349.jpg
アメリカが北朝鮮を攻撃したら、日本を攻撃するという国民。なぜなのか理由は彼らもわからないだろう。
それだけなんでも悪いことは日本を絡めた教育を繰り返しているからである。
近いうちに何かあれば日本と韓国は戦争する可能性も0ではないが、民主党政府はこのような国に日本の税金を湯水のように使い、保護しているのである。
それは彼らの中はに韓国人の帰化人が多くいるからである。民主党はいろんな理由にかこつけて韓国へ日本のお金を注いでいるのである。

売国民主党の韓国のためのアフガン政策
アメリカが戦争している間に、中国がアフガニスタンの銅山を横取り。

中国が韓国に開発下請けを任せる

タリバンが韓国に宣戦布告する
(アフガニスタンから出ていけと先生布告)

韓国人を拉致し交渉の末引き渡し、一度は撤退を約束

韓国約束を守らず開発を進める

韓国へのテロが頻発
更にインフラや治安が悪いためだと主張

そこで、日本にインフラや治安改善を要請

民主党岡田外相が韓国のために5000億円支援を表明
(インフラ整備に、治安部隊の教育や自衛隊派遣)
因みにこれは、シーレーン問題で、米軍へのインド洋での燃料補給をやめる代わりに行われた。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

[ 2012/03/20 12:20 ] 北朝鮮に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ