上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島・浪江町 警戒区域入った女性死亡

20日午前11時ごろ、東京電力福島第1原発事故の警戒区域に指定されている福島県浪江町で、重機を区域外に持ち出すために許可を受けて入域していた50代の女性が倒れたと119番があった。
女性は救急車で同県南相馬市の病院に搬送されたが、午後1時に死亡が確認された。
政府の原子力災害現地対策本部によると、原発作業員を除けば、警戒区域に立ち入った人が死亡するのは初めて。
同本部によると、女性は同僚数人と事業者向けの立ち入り許可を受けて入域。急に「気分が悪い」と訴えてトイレに入り意識を失ったという。
2012/03/20 20:33 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012032001001682.html

これを恣意的な報道の代表格と読んでいいと思う。
まるで放射能が原因で亡くなったと刷り込む目的で書かれたようだ。しかし中身をよく読むと放射能との関係は書かれていない。
そもそも低放射線による健康被害ならばこういう即死という形では現れない。
プルトニウムを持ち上げて騒いでいる自称ジャーナリストもいるが、プロトニウムは肺に入って初めて害がでるのであり、経口しても体外へ排出されてしまうのである。
この方が放射能障害でなくなったのならば、ほかに働いている人も次々と亡くならないとおかしい。
マスコミはどこからでたお金でこういう記事を書くのだろうか?孫正義か、韓国か?


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。