上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

関西電力が計画停電の具体案を検討 地域別に8グループに分け、1日6グループが順に2時間ずつ停電

関西電力が、電力不足に陥った場合に管内で実施する計画停電の具体案を検討していることが18日、同社関係者への取材で分かった。
停止した原発の再稼働の時期が不透明なことから、電力不足に備えた対策が必要と判断した。
地域別にグループに分け、あらかじめ決められた時間帯にグループが交代で停電する案を検討している。鉄道や病院など停電の影響が大きい施設は対象外にする方向だ。
枝野幸男経済産業相は17日の記者会見で「少しでも不安があれば、計画停電の計画を立てることが関電管内に限らずあり得るだろう」との認識を示していた。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120418/biz12041811490022-n1.htm

東京での計画停電と違って夏場での計画停電。かなりの苦痛を強いられるだろう。
そもそもいつくるのかわからない地震に備えて原発を停止するのど愚の骨頂である。福島は想定外の地震が発生したためにあのような放射能漏れ事故に繋がったが、今まで何十年も原発をしていて自然災害゛ての事故はまったくない。
東海村臨界事故は作業過程での被曝である。
日本の屋台骨となるインフラのひとつである電力。孫正義の勢力によって放射能アレルギーを日本人は植えつけられたが、今こそ見直す時である。
福島原発事故はチェルノブイリの数十分の一程度の事故で、その証拠に放射能障害によって亡くなった人は一人もいない。政府は隠しているという人がいるが、今のこの情報社会でそれは不可能である。


にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


[ 2012/04/20 21:42 ] 原子力発電所関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。