上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

民主・小沢氏に無罪判決

資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の判決公判が26日、東京地裁で開かれ、大善文男裁判長は無罪を言い渡した。求刑は禁錮3年。平成21年5月に導入された強制起訴制度による判決は2例目で、いずれも無罪となった。
無罪判決が相次いだことで、検察審査会や強制起訴をめぐる議論に影響を与えそうだ。

小沢被告は、元秘書らと共謀し、陸山会が平成16年10月に支払った土地取得費計約3億5200万円を、16年分ではなく17年分の政治資金収支報告書に支出として記載した、などとして強制起訴されていた。
小沢被告は「検察が違法な捜査を行い、検察審査会を誘導した」と無罪を主張。
(1)検審の起訴議決に基づく起訴の適法性(2)虚偽記載の有無(3)元秘書との共謀の有無-が争点となった。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120426/trl12042610020004-n1.htm

西松建設の件のほうがはるかに大問題なのに収支報告書のほうで盛り上がってしまっているのがそもそも間違いである。
これで野田政権による、消費税増税は厳しくなったという話がでているが果たしてそうだろうか?
小沢は無罪になったことで今までの反対意見を取り消して消費税増税に賛成する可能性もある。
限りなく黒に近いグレーだが数々の証拠を隠滅しなんとか生き延びてきただけに何をするのかわからない。

裁判長 「4億円を記載しなかったのは、マスコミの追及を避けるためだった」
資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反罪で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎元代表(69)の26日の判決公判で、東京地裁の大善文男裁判長は、元秘書の石川知裕衆院議員(38)が収支報告書に元代表提供の4億円を記載しなかった動機について検討。巨額の資産の原資をマスコミなどから追及されないようにするためだったと認定した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120426-00000531-san-soci

裁判長である人間がそもそも「収支報告書の意味」をなくすかのような認定。
秘書連中が表沙汰にしたらまずい金だと認識してたということを裁判所が認定したわけである。
政治資金規正法の存在理由を真っ向から否定する裁判長は中国から金をもらっている可能性が高い。
要は小沢無罪は朝鮮半島勢力である民主党と、中国の犬である小沢の争いで中国が勝ったということだろう。


にほんブログ村 政治ブログへ


[ 2012/04/26 13:34 ] 小沢一郎 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。