上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

韓国企業との提携を発表した亀田製菓に批判が殺到し、ネット掲示板炎上、公式ブログも炎上

米菓大手の亀田製菓が、「辛ラーメン」で知られる韓国企業の農心と商品の共同開発や生産技術の提供に乗り出すと日本経済新聞が26日に報じ、ネット掲示板で騒動になっている。
報道を受け、ネット掲示板には「亀田製菓の商品品質が低下するのではないか」など、心配する声が相次いで寄せられた。
「辛ラーメン」には異物が混入したとするニュースが報じられた過去もあるため、多くのネットユーザーは食品の安全性が低下することを懸念しているようだ。
また、騒動はネット掲示板だけにとどまらず、亀田製菓の公式ブログにまで及んでいる。
公式ブログのコメント欄では「愛国心を傷つけられた」「御社が韓国企業と組むと聞きましたが、残念でなりません」「韓国と連携して何もトクにはならない」と、亀田製菓が韓国企業が提携することに驚きを隠せない人が殺到し、炎上している状態だ。
韓国と提携することに関しては、ネットユーザーの間に根強い抵抗感があるものの、一方で亀田製菓の商品が「好きだ」と訴える声は多く、意外な形で亀田製菓の人気が裏付けられた格好となった。
http://news.livedoor.com/article/detail/6514350/

蛆虫が入ったラーメンで有名な韓国の「農心」は在日企業ロッテの社長の弟が経営している食品会社らしい。
しかし、なぜわざわざこんな不衛生な韓国企業と提携をする必要があるのだろうか?

柿の種の発祥は亀田ではない
柿の種の元祖は浪花屋製菓あり、それを亀田がぱくったのだろう。そう考えるとやり方がなるで韓国企業のようでこの会社はもともと信用できる会社ではなかった可能性もある。

日本にはキチンと食品管理をし販売している会社は多い。
しかし、過去にも「グリコ・森永事件」というお菓子の中に青酸カリを入れて会社のイメージを壊すテロ犯罪があった。
なぜかその時ロッテは狙われずに、グリコと森永が大幅なイメージダウンで業績を落としたせいで、ロッテは業績を飛躍的に伸ばしている。ロッテが犯人かどうかはわからないが、ロッテは韓国の企業である。

大手米菓メーカー「三幸製菓」の社長誘拐未遂事件 第二のグリコ・森永事件の可能性
大手米菓メーカー「三幸製菓」(新潟市北区)の佐藤裕紀社長(39)が7日深夜、 同市中央区の自宅近くの駐車場で3人組に襲われ、連れ去られそうになった事件。

3人組は、社長の帰宅時を狙ってワゴン車で乗り付けた。
1人は運転席に待機。スタンガンを使って2人がかりで佐藤社長を車に連れ込もうとした。
「社長ですよね」と声をかけていることや、事前にスタンガンを用意していることから、 県警は計画的に佐藤社長を拉致しようとした可能性があるとみて捜査を始めた。

県警によると、佐藤社長が襲われたのは7日午後10時45分ごろ、 同区弁天3丁目のコイン駐車場に乗用車を止め、後部座席から荷物を取り出そうとした時だった。
3人組の男らに、「社長ですよね。ちょっと話があるんですが」と声をかけられ、 スタンガンなどで襲われたという。襲った2人は40歳前後の小太りで身長170~175センチ。 1人は共に黒色の野球帽とナイロンパーカーを着用、もう1人も黒っぽい服装だったという。

男らの車にひきずり込まれそうになった社長は、男らを振り払い、近くの飲食店に逃げ込み、 店員に110番通報してもらった。佐藤社長は両手とひざに1週間のすり傷を負ったほか、 スタンガンを押し当てられた左首などにやけどをしたという。

現場はJR新潟駅から西に約200メートルの繁華街のはずれ。予備校やホテルが立ち並んでいるが、 夜は薄暗く人通りも少ない。昨年5月には50メートル離れた弁天公園脇の路上で、 帰宅途中の男性会社員が、運転免許取得のため合宿に来ていた少年2人に殴られ、 現金を奪われた強盗致傷事件も起きている。 2008/10/10
http://logsoku.com/thread/mamono.2ch.net/newsplus/1223594729/

三幸製菓
http://www.sanko-seika.co.jp/

ホームページを見ていただくとわかるが、とても日本らしい企業で日本の材料で作られたお菓子ばかりである。柿の種も扱っており、いわば亀田のライバル会社とも言える。
ここの社長がまるでグリコ・森永事件を彷彿させる事件に巻き込まれようとしていたのだが、これももしかしたら韓国系企業が犯人かもしれない。
日本企業のイメージを貶めるために社長を誘拐して嫌がらせをする手口がそっくりである。

文中にある「県警によると佐藤社長が襲われたのは7日午後10時45分ごろ、同区弁天3丁目のコイン駐車場に乗用車を止め、後部座席から荷物を取り出そうとした時だった。」は韓国会館のすぐ傍である。

新潟韓国会館
新潟県新潟市中央区弁天3丁目2-28

過去にも不二家、雪印など死者すらでていないにも関わらず、突然賞味期限がどうのこうのと因縁をつけられて業績を落とした日本企業は多い。
ネットがない時代なので、マスコミと一緒に叩いた日本人も多いだろうが、カラクリがわかった今、韓国とマスコミが不正に結びついた日本企業のバッシングや脅迫には消費者が見方となって不買で対抗するしかないだろう。

亀田製菓がなぜ「農心」という絶対にたべたくない汚いものを作っている韓国企業と提携したのかはいずれ理由は出てくると思われるが、二度と私は口にすることはないだろう。

【送料無料】にっぽん企業家烈伝

【送料無料】にっぽん企業家烈伝
価格:700円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/04/28 21:29 ] 韓国に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。