上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米は憲法9条改憲歓迎 「反対まったくない」 日米同盟強化へ

憲法第9条に基づき、日本は集団的自衛権を行使できないとの解釈が日米同盟強化への大きな障害になるとする認識はいま米側で広範に強まり、米国では、現在党派を問わず反対はなく、むしろ暗に歓迎するという姿勢が大勢となった。
92年にはヘリテージ財団が「米国は非公式に日本に改憲を促すべきだ」とする政策提言を発表した。先代ブッシュ大統領も公式会見で、日本が改憲を求めるならば問題はないと言明した。
民主党リベラル派のトム・ラントス下院外交委員長は「日本が安全保障でも大国にふさわしい役割を果たすために憲法を改正しようとすることを強く支持する」と述べた。

東京都の石原慎太郎知事が16日にワシントンでの討論会で憲法破棄を提唱したとき、米側の討論者のリチャード・ローレス元国防副次官は「日本の憲法は確かに米軍占領時代の遺物であり、日本はそれを変える権利も自由も有している」と述べ、日本の憲法改正にいまの米側には抵抗がないことを明示した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120425/plc12042507090004-n1.htm

以前安部元総理が「9条改憲」について、「アメリカが許さないという意見は日本人の思い込み」と言っていたが、まさにその通りだろう。
過去にもアメリカは日本の自立を促すような発言をしてきている。
今の流れから考えると間違いなく改憲、そして国軍の保有へと進むだろう。そうなれば徴兵制も導入されると思うのだが、日本も近い将来アメリカとともに本格的な戦争をするだろう。

ロシアが100年ぶりに西海に、半島情勢が日露戦争当時に逆戻り 露日戦争 顔負けの韓半島情勢
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/6513772/?type=topics_archive&category=world

オバマが朝鮮半島を見捨てる日は近い。
ロシアの進出、最近の北朝鮮の挑発はそうしたオバマの動きを見ての行動である。
半島で戦争が起こっても日本は韓国に自衛隊など派遣せず、武器を売りつけて景気回復を目指すべきである。

【送料無料】朝鮮半島201Z年

【送料無料】朝鮮半島201Z年
価格:1,995円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/05/01 13:57 ] その他日本の問題 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。