日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

民主党が対中包囲網 フィリピンなどに船艇供与 戦略的ODA

政府は28日、フィリピン、マレーシア、ベトナムの3カ国を対象に、巡視船供与などを通じ海上保安機能の強化策を支援する方針を固めた。南シナ海におけるテロ・海賊対策への協力が目的だが、3カ国はいずれも南沙(英語名・スプラトリー)諸島をめぐって中国と領有権を争っており、同海域で覇権主義的な行動を強める中国への包囲網を構築する狙いもある。

政府は、今回の支援策を「戦略的ODA(政府開発援助)」の一環と位置付けている。フィリピンには巡視船や通信システム、マレーシアには暗闇でも微光をとらえて視界を確保する「暗視装置(NVG)」を搭載する船艇を供与する。ベトナムに関しては同政府の要望を踏まえ供与内容を決める。

フィリピンには5月中旬以降に国際協力機構(JICA)の調査チームを派遣する。同国政府の正式要請を受けて最終調整し、供与の枠組みは調達費の返済が必要な円借款の方向で調整。フィリピン政府が無償資金協力を希望すれば、40億~50億円の範囲内で行う。マレーシアに対しては円借款で供与する方針だ。
フィリピンをめぐっては、米国が昨年7月に巡視船1隻を供与したほか、海兵隊配備を検討。シンガポール、ベトナムとも軍事協力を強化し、南シナ海への海洋進出を強める中国を念頭に同海域での抑止力向上を図っている。

日米両政府は27日に発表した米軍再編見直しに関する共同文書で、アジア太平洋地域沿岸国に対するODAの「戦略的な活用」を明記。今回の3カ国への支援は、米国と連携して地域全体の対中シフトを底上げする狙いがある。
玄葉光一郎外相は27日の記者会見で、「米国の軍事外交戦略の補完的な役割を果たすことができれば相当の相乗効果が期待できる」と強調した。
政府は平成18年、インドネシアに巡視船3隻をODAで無償供与したが、巡視船は防弾用装甲が軍用船舶とみなされ、あくまで例外扱いだった。昨年12月の武器輸出三原則見直しで平和貢献・国際協力での防衛装備品供与が可能になった。
 
南沙諸島 南シナ海南部に浮かぶ約100の島や環礁。石油などの海底資源や漁業資源が豊富で、中国、マレーシア、フィリピン、ベトナム、ブルネイ、台湾が領有権を主張している。中国による威嚇発砲やケーブル切断など強引な動きが続いている。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120429/plc12042901190000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120429/plc12042901190000-n2.htm

中国、韓国と裏で手を組んでいる民主党の対中包囲網の意味するものは何か?
日米両政府は27日に発表した米軍再編見直しに関する共同文書で、アジア太平洋地域沿岸国に対するODAの「戦略的な活用」を明記したとあるが、民主党がそのままアメリカと手を組み中国と敵対する行為をするはずがない。

一つには民主党政権が終焉を迎えることを自覚し、強硬姿勢の外交をすることで日本と中国に新たな火種を作って政権を渡すことを考えているのかもしれない。とことんまで国益を損なう行為の可能性が高い。
もう一つは官僚が民主党政府が無能で何も出来ないので、政府を無視して対中政策を進めているのかもしれない。
どちらにしろ、南シナ海でのガス田、油田に本格的にアメリカが手を付けようと考え、日本も同調させられることになるのだろう。

【送料無料】中国の恫喝に屈しない国

【送料無料】中国の恫喝に屈しない国
価格:980円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
[ 2012/05/02 16:54 ] 民主党政権の闇 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ