上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

民主党と財務省の癒着 朝日新聞の「民主党の政権交代」批判記事に、財務省が異例の抗議文

朝日新聞が先月5日に掲載した民主党政権に関する記事に複数の事実誤認があったとして、財務省は1日、同社への抗議文をホームページ(HP)に掲載した。

同省が報道機関への抗議をHP上で表明するのは初めて。同省は、これまで2回、同社に抗議して謝罪・訂正を求めたが、納得のいく回答が得られず、掲載に踏み切ったとしている。
同省が問題としているのは、朝日新聞が先月5日の朝刊1、2面に掲載した連載「民主党政権 失敗の本質」の1回目。記事では

「鳩山(元首相)は(政権交代前の)総選挙直前、同省幹部とひそかに接触を重ねていた」
「野田(首相)は財務相に昇格すると、財務官僚の仲介で自民党の財務相経験者と会合を重ねた」
「野田内閣になると、官房副長官に、東大在学中から財務次官の友人である前国土交通次官が就任」

などとしている。
これに対し、同省広報室は「『接触を重ね』た事実も、『仲介』した事実もない。財務次官と前国交次官は学生時代全く面識はない。そもそも財務次官に取材がなかった」と話しており、HPでは「記事には明らかに事実と異なる点が認められ、厳重に抗議するとともに、内容の訂正などしかるべき対応を求めた」などとしている。

同省が、記事の内容について新聞社に抗議文を送るのも1998年以来という。
朝日新聞社広報部は「当社の取材で得られた情報と認識の違いがあり、その点について財務省に説明しているところです」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120501-00000910-yom-soci

民主党が消費税増税を企んでいるのは民主党と韓国の癒着、韓国企業サムスンと財務省の癒着が原因である。
それを裏付けるような話がネットにでてきている。

ネットに暴露 消費税増税は韓国のため 野田総理・財務省と韓国の癒着
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1762.html

財務省は特アのスパイ天国か!韓国政府・サムスンと癒着!世界銀行副総裁は勝栄二郎の弟!売国勝兄弟の歴史から判明した、驚愕の真実
http://www.news-us.jp/article/267987238.html

そもそも財務省の財務総合研究所にサムスンの人間がいたことが何よりの証拠である。
また財務省は消費税増税のために反対する人間をテレビに出すなと圧力をかけ、新聞各社には対しては「税率軽減」を考えており、マスコミと癒着することによって消費増税の世論誘導しているのである。 新聞に「増税は日本のため」という論調の記事が多いのはそのためである。
新聞の論調に踊らされ「日本は増税しないとだめなくらいに危機に面しているんだ」と何も知らない人たちは既に増税に否定的ではなくなっている。
しかしながら、増税の必要があるといいながら民主党政府は韓国に対して多額の資金援助として莫大な日本人の税金をつぎ込んでいるのである。
民主党に対するマスコミの風当たりが、自民政権時に比べると弱いのは民主党と組んでいる財務省の仕業であり、民主党批判や増税批判をした新聞社には税務調査が入り、民主支援し増税賛成キャンペーンをやると入らないのは財務省のこうした不正が原因である。

江田憲司/高橋洋一「財務省の「洗脳とメディア操作」を暴く」(「週刊現代」
財務省がメディアを封じ込めるのは、実は簡単で、国税庁を動かせばいいだけのことなんですよ。実際、朝日新聞や東京新聞にも国税の調査が入ったようですが、国税が何を調べるかというと、記者の交際費です。いつ、どこで誰と会ったか、領収書などをもとにして店や取材相手などの反面調査をやっていく。すると、伝票と食い違った事実の一つや二つ見つかるんです。プライベートで使った証拠だってたまに出てくる。そして、それでアウトです。テレビ局のキャスターを落とすのも同様で、これをやられたら、テレビで財務省に対して威勢のいいことが言えなくなってしまう。

野田首相 韓国への資金支援枠を現行130億ドルの5倍以上の、700億ドル(約5兆3600億円)で合意
http://news.livedoor.com/article/detail/5953481/

日本政府、韓国国債購入へ 日中韓で「持ち合い」へ
日本、中国、韓国の財務相・中央銀行総裁会議が2012年5月3日、フィリピンの首都マニラで開かれ、3か国で相互に国債を持ち合って経済協力を深めることで合意した。すでに中国と韓国は日本国債を購入しており、日本も中国国債を購入することで12年3月に合意。今回の会議では、日本がウォン建ての韓国国債を購入する方針を表明した。
http://www.j-cast.com/2012/05/03131108.html

復興を後回しにし、日本人の血税をどんどん韓国や中国に使う民主党。
自分たち政権の命があとわずかと悟り、民意を無視して急速に日本解体を進めなりふりかまわずの状態になっている。こうやって湯水のように韓国・中国のために使われる日本国民の税金によって中国は軍備を固め尖閣へと進出し、私たち日本を脅かすのである。

消費税増税→日本国財務省の政府短期証券→日本円→為替介入→ドル→中国国債→中国の軍事費
消費税増税→日本国財務省の通貨スワップ→韓国軍事費→竹島実効支配


日本の財務省の中には中国人・韓国人が横行している現実 財務省の財務総合研究所の客員研究員

◆外国人客員・実務研究員紹介
 ・ウンキ・ソン研究員

◆客員・実務研究員等ワークショップ
 ・朴准儀(2011.10.14)配布資料1[10.16mb,PDF]配布資料2[3.83mb,PDF](英文)
 ・Recep Tekeli(2011.9.1)配布資料1[2.02mb,PDF]配布資料2[998kb,PDF](英文)
 ・Zhijun Zhao(2011.2.1)配布資料1[281kb,PDF]配布資料2[320kb,PDF](英文)
 ・Geethanjali Nataraj(2010.11.26)配布資料1[271kb,PDF]配布資料2[194kb,PDF](英文)
 ・馬欣欣(2008.12.3)配布資料[460kb,PDF]
 ・Wang Li(2007.8.2)配布資料[4.20mb,PDF](英文)
 ・Yang Yuying(2007.8.2)配布資料[6.81mb,PDF] (英文)
 ・Roongthip Jindapol(2007.7.24)配布資料[197kb,PDF](英文)
 ・Hap Chanthea(2007.7.19)配布資料[411kb,PDF](英文)
 ・Ganchimeg Perenlei(2007.6.7)配布資料[239kb,PDF](英文)
 ・Bouangeun Ounnalath(2006.8.31)配布資料[13.9mb,PDF](英文)
 ・Gene Park(2006.7.14)配布資料[119kb,PDF]
 ・徐 哲煥(2005.12.22)配布資料[5.77mb,PDF](英文)
 ・馬 淑萍(2005.9.8)配布資料[338kb,PDF]
 ・William Grimes(2005.9.1)配布資料[168kb,PDF](英文)
 ・Hyun Jin(2005.2.8)配布資料1[96.5kb,PDF],配布資料2[93.2kb,PDF](英文)
 ・Enebish Sandagdorj(2004.11.19)配布資料1[445kb,PDF],配布資料2[367kb,PDF](英文)
 ・Sevic Zeljko(2004.5.7)配布資料[150kb,PDF](英文)
 ・陳 建安(2001.2.26)配布資料[123kb,PDF]
http://www.mof.go.jp/pri/international_exchange/visiting_scholar_program/index.htm

もはや財務省は特定アジアのスパイ機関といってもいいだろう。
民主党は衆議院選挙時に自民が「危険」だと言っていたが、ほとんどの人が耳を貸さなかった。
麻生元総理がホテルのバーでたかが1500円の水割りを飲んだことを池上彰とともに叩いた人も多いだろう。
菅さんはラーメン食べているのに、麻生さんは1500円もする水割りとはけしからん、要は馬鹿な日本人が増えただけでなく、さもしい日本人が増えたのである。

総理が自分のお金で1500円の水割りを飲もうがやることをやっていればそれでいいのである。
それを贅沢、庶民的でないとマスコミが煽り、乗せられて意地汚く攻撃する。まるでちょうせん人のようである。
そのさもしさを利用して煽っているのが今の橋下だろう。

野田首相 政治資金で飲食/焼き肉・天ぷら・すし…97回272万円
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-12-02/2011120215_01_1.html

こちらのほうがはるかに問題である。

【送料無料】財務省が隠す650兆円の国民資産

【送料無料】財務省が隠す650兆円の国民資産
価格:1,680円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログへ


[ 2012/05/03 14:31 ] 民主党政権の闇 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。