日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

関越道バス事故 逮捕された中国人運転手 「日雇い」で働いていた疑い

群馬県の関越自動車道で大型バスが道路脇の壁に衝突し乗客7人が死亡した事故で、逮捕されたバスの運転手が、道路運送法で禁止されている「日雇い」で働いていた疑いがあることが、国土交通省関東運輸局の特別監査で明らかになり、関東運輸局はバス会社の安全管理に問題があるとみて調べています。
乗客7人が死亡、39人が重軽傷を負った事故では、バスを運転していた河野化山容疑者(43)が自動車運転過失致死傷の疑いで警察に逮捕されました。
この事故を受けて、国土交通省関東運輸局は2日、バスを運行した千葉県印西市の会社「陸援隊」に対して特別監査を行いました。
その結果、河野運転手が「日雇い」の雇用形態でバスを運転していた疑いがあることが分かったということです。
道路運送法の運輸規則では、日雇いでの運転手の雇用は、安全上の管理ができないため禁止されています。
また、河野運転手は、警察の調べに対して「疲れていて、居眠りをした」と供述していますが、
バス会社は、今回の運行前に河野運転手の健康状態をチェックしていなかったということです。
関東運輸局は、バス会社の安全管理に問題があるとみて実態を詳しく調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120503/k10014873881000.html

日本語がわからない中国人運転手
アナウンスも何語で喋ってるか分からなかったという証言もあり、実は通訳が必要な中国人運転手であった。
ICの文字も読めずにカーナビを見ながら遠回りをしてバスを運行。
取り調べで通訳が必要にも関わらず、どうして大型二種の免許が取得できたのだろうか?

偶然とも意図的にも取れる事故
00
画像にあるように衝突したのははちょうど防護壁が始まる部分であり、わずか数センチずれていれば防音壁をこする事故だった。偶然にも思えるならば、意図的にテロを起こしたとも思える事故であり、運転手も最初の報道では軽症といわれていたが、途中から重症と変わっていた。

目撃していた乗客の証言
29日、群馬県の関越自動車道で大型バスが道路脇の壁に衝突した事故で、大けがをした石川県志賀町の牧出光さん(23)は、バスの運転手について「カーナビゲーションばかり見ていたり、急ブレーキが多かったりして様子がおかしく、気になっていた」と家族に話したということです。
牧出光さん(23)は、石川県輪島市の東陽中学校で栄養士として働いていて、今回の事故で股関節を脱臼するなどの大けがをしました。
牧出さんが座っていたのはバスの通路左側の一番前、運転手の斜め後ろの席です。
バスに乗ったときの状況について、光さんは、父親に「座席のシートベルトが壊れていたため、運転手にシートベルトを直してほしいと頼んだところ、運転手は『バスの中でシートベルトをする人はいないですよ』」
と答えたということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120430/t10014816981000.html

ハーヴェストホールディングスのバスの中に創価学会の三色旗
000
この画像はTBSのニュースで流れたものの一部であるが、事故を起こしたバスの旅行会社であるハーヴェストホールディングスのバス内の表示に創価学会の旗である三色旗が描かれている。
この旅行会社は創価学会関連会社なのだろうか?

この報道の感じから判断するとハーヴェストホールディングスは陸援隊と運転手の中国人に責任を押し付けて逃げるつもりだろう。
こちらもまた、亀岡の無免許殺傷事件と同様に道路が悪い、バスの軽量化が悪いという報道が出てきており、過酷勤務の話はうやむやになっている。
道路が悪い、とする場合加害者が創価、同和、在日の場合に使われていると私は思う。

一番の問題は日本語すら読めない帰化したばかりの中国人運転手を雇ったこと、どうして大型二種の免許が取得できたのかだろう。替え玉として別人が免許を取得したのではという噂も出てき始めている。

警察はこの運転手にはなんらかの借金があったのかどうか調べるべきである。

創価学会と暴力団の関係 「憚りながら」
後藤組組長の後藤氏は、「憚りながら」という自叙伝の中で、創価学会から富士宮の墓苑問題で反対住民の押さえつけを頼まれたと語っている。
反対運動を取り仕切る百条委員会を力で制圧し、最後まで妨害した人物に対しては暴力団がブルドーザーで家につっこみ、日本刀で片腕を切り落とすという事件、また何者かによって深夜10匹のシマヘビを投げ込まれるなどの嫌がらせを受けたとされ、中には死傷者まででたという。
結局、学会と後藤氏は最後はもめることになり、83年3月、後藤は名誉会長の池田と公明党委員長(当時)の竹入義勝あてに学会の対応を非難する内容証明付き郵便を送りつけた。85年11月には学会本部の文化会館に拳銃2発が撃ち込まれ、後藤組組員が警視庁に現行犯逮捕された。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1371395733

【送料無料】憚りながら

【送料無料】憚りながら
価格:620円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサードリンク
カテゴリ