上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

民主党 人権救済法案の提出断念 その替わりに恐怖の「労働安全衛生法改正案」か

政府は4日までに、人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局に新設する人権救済機関設置法案(人権救済法案)の今国会提出を見送る方針を固めた。
人権侵害の拡大解釈により憲法21条(表現の自由)が侵される恐れがあるだけに民主党内で「拙速だ」との批判が強まった。消費税増税関連法案の本格審議を控え、党内に軋(あつ)轢(れき)を生じさせる要因をできるだけ減らしたいとの判断もある。

人権救済法案は、野田佳彦首相が昨年9月の内閣発足時に平岡秀夫法相(当時)に重要政策課題として「新たな人権救済機関の設置」を指示。小川敏夫法相は今年2月、「適切な人権侵害への対応ができる人権委員会を設置する必要がある。環境が整えば提出したい」と述べ、国会提出に意欲を示していた。

民主党は先の衆院選マニフェストでも「人権救済機関の創設」を掲げており、度重なる「マニフェスト違反」への批判をかわすため法案提出を強硬に求める声もあった。
これを受け、民主党法務部門会議は4月中に法案審査を終え、閣議決定に持ち込む構えだったが、保守系に反対が根強い上、政務三役にも「国民的議論がなく時期尚早だ」との声が上がり、法案は棚ざらしになった。
人権委員会は、国家行政組織法3条に基づく独立性の高い「三条機関」で、人権侵害事案で調査や勧告、刑事告発をできる。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120504/plc12050422140011-n1.htm

野田は人権救済法案反対派だった
野田総理は総理になる前は人権救済法案に反対していたにも関わらず、180度態度を豹変。
人権擁護法案から人権を守る会に加入しており、外国人参政権にも反対していたのである。
今国会での成立はあきらめたようだが、まだまだ油断禁物である。

人権救済法案に反対して戦ってくれた政治家

西田昌司議員 必ず潰す!世紀の悪法「人権侵害救済法案」[桜H24/3/22]
http://www.youtube.com/watch?v=8YRk7bgIbMA

人権擁護法案の問題点 稲田議員が警告
http://www.youtube.com/watch?v=dah17Oxrw9o

【売国阻止の】人権侵害救済法案『反対派』議員!【愛国議員】
http://www.youtube.com/watch?v=CZ-T4hKmB4Q

民主党の狙い 恐怖の「労働安全衛生法改正案」
この法案は労働者全員に健康診断と称したメンタルチェックを強制的に義務付け民主党や創価公明、反日団体に都合の悪い人物に対し「メンタルに異常がある」等レッテルを張り、精神病院へ送り込み、ターゲットは刑務所よりも酷い扱いを受け、死ぬまで薬漬けにも出来る法案である。

リスクと向き合う:メンタルヘルス検査義務化に批判
自殺・うつ病対策の一環として、科学的な根拠の薄いメンタルヘルス(心の健康)検査が職場で義務化されようとしている。厚生労働省は具体的な検査法を示して導入を目指すが、専門家からは「効果が確立されていない」と懸念の声が上がる。拙速にまとめられた政策が、医療現場の混乱や労働者の不利益につながる恐れがある。

労働安全衛生法改正案として昨年末、国会に提出された。事業者に対し、通常の健康診断とは別に、メンタルヘルス不調者を見つけるための検査を義務付ける内容だ。まだ実質審議に入っていない。

厚労省は使用する検査票の標準例として「ひどく疲れた」「ゆううつだ」など9項目の自覚症状を挙げ、労働者に4段階で自己評価させる方法を提示。結果は本人の同意なしには事業者に知らせず、必要があれば医師による面接を実施する。同省は「ストレスが高い人の早期発見につながる」と説明する。
http://mainichi.jp/select/news/20120503k0000e040143000c.html

ノルウェー銃乱射犯は「 妄想型統合失調症 」と決め付けた裁判官
責任能力なしとの判決がでたが、被告の弁護士は「被告は自身に精神的異常はなく、責任能力があったとの判定を望んでいる」と話している。
最初からちゃんと審議するよりも、被告の思想や考えを「異常なもの」として決め付けて「責任能力なし」と世間に知らしめて、この事件は「異常者の犯行」だというレッテルを貼っているのである。
ブライビーク被告は取り調べの中で「ヨーロッパがイスラム教に乗っ取られるのを防ぐため、移民に寛容な政権与党に打撃を与えようとした」などと供述しており、個人の多少偏った思想を「精神病」と決め付けようとした恐ろしい裁判である。

これとよく似た傾向にあるのがこの「労働安全衛生法改正案」であり、政府と違う見解や思想を持つ者が「異常者」として病院へ送り込まれる日がくるのかもしれない。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/05/05 00:22 ] 民主党政権の闇 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。