日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

生活保護の決定権を持つのは在日職員のなのか?

韓国籍を理由に生活保護ケースワーカーへの異動を阻まれている川崎市職員

生活保護のケースワーカーへの異動を希望している川崎市の一般事務職員が、 韓国籍という属性を理由に過去3度、門前払い同然の扱いを受けていたことがわかった。
市は「公務員に関する基本原則」を具体化した市の「運用規程」に抵触するためとしている。 最近も4回目の申請を出し、来年3月に出る結果を待っている。

「自己実現あきらめない」
この職員は韓国籍を持つ金本大祐さん(32)。98年4月、川崎市の一般職に外国籍者としては初めて採用された。
これまで港湾局、教育委員会、健康福祉局と歩んできたが、本来の希望は生活保護のケースワーカーだ。 02年を皮切りに05年、06年と直属の上司に異動を希望してきたが、かなえられていない。 「運用規程」が現実に、外国籍当事者の希望を阻むという事例が明らかになったのは、これが初めて。

緊急入院して本人自ら意思行為のできない人のため、自らの職権で生活保護の申請をする 「措置」をとることも「公権力の行使」にあたる、というのが市側の見解だ。
同じく被生活保護者宅の生活状況を管理、チェックしながら「変更」「停止」 「廃止」といった手続きを行うことも該当するという。
これに対して、金本さんは「すべての行為は法律の枠内で行われ、上司の決裁が必要となる。
個人が公権力を行使しているわけではない」と反論している。金本さんが 今回4度目の人事異動願いを出したことについて市人事課では、 「ケースワーカーの職務全般が抵触する。公権力を行使する部分とそうでない部分を 切り分けることができるかどうか、検討しているところ」と話している。
金本さんは「最低生活費を割ってしまうような本当に困っている人が救われない現実。
こうした人たちに対して保険、年金、就職などの生活上の問題で全面的に支援できる立ち場。
それをやりたい」という。実現したら申請を待つのではなく、地域に出て困っている人を探す 「アウトリーチ」をやりたいと、夢をふくらませている。
金本さんが使命感を燃やすのは、自らの生い立ちも関係している。生まれは千葉県南房総。
中学生の時に古物の商いをしていた父親を亡くした。生活苦の一家を支えたのは周囲の 心ある複数の日本人だった。深夜労働など、あらゆる労苦を体験しながら都内の私立大学を卒業した。
金本さんには「困っているところからはい上がってきたから当事者の立場に立った
アドバイスができる」という自負がある。
ケースワーカーは「奉公3年」という言葉に象徴されるように、市職員が敬遠しがちな職務とされる。
市基準では被保護者80人に1人の職員を置くことになっているが、現実には1人で100人ほど 抱えているという。市人事課では「来年3月までには結論を出したい」と話している。
(2007.12.5 民団新聞)
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1196830854/
http://www.mindan.org/search_view.php?mode=news&id=9084

同じ人物が「自分は在日韓国人のために働く」と発言
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=oa7Vl6CPZVQ#t=580s

その後ケースワーカーに配属か?
その後については民潭新聞には削除されたのか、記事がでていないようだが、ネットには以下のような書き込みがある。

民主党政権になり生活保護課で活躍
2009年、民主党の政権交代により、川崎市の在日職員は希望する生活保護課に配属 され、現在は生活保護のポストで活躍している。民主党市議からも生活保護行政の専 門家として、厚い信頼を受けて生活保護で民団と供に川崎市で活躍している。
http://logsoku.com/thread/uni.2ch.net/newsplus/1336913941/48

在日は本名を語らず、通名という偽名で名前をコロコロと変えるので別名で配属になっている可能性が高い。
自分の名前、民族さえちゃんと答えられないのは、自分で自分の民族を否定し、地球上に存在する価値がないと言っているようなものである。
簡単に生活保護申請が認められる在日の影にはこうした職員の存在があるのだろう。

上の在特会の桜井氏の公演についてであるが、在特会は「在日と生活保護の問題」について言及し出したのはずいぶん前でその段階では今ほど問題視している人たちはいなかったと記憶している。
彼らの多少過激ではあるが、そうした地道な活動が今につながり多くの人たちが「在日が生活保護を不正に受給」していることに気がつき始めている。

「在特会=ちょうせん人」とトンデモ理論を掲示板に延々と書き続けているのは人工地震だと騒ぎ立てていた「独立党」という中国人エージェントであり、リチャード・コシミズという中国系の朝鮮人によるものである。
以前、彼はブログで保守の活動をする「そよかぜ」という団体について統一教会だと悪口を書き連ねたことがあり、それに激怒したそよかぜや西村修平、その他の保守に街宣をかけられて逃げ回った経緯がある。
今でもブログに書いているが肝心の証拠は明示されてなくうらみをこめた誹謗中傷のばかりで、今でもそれを根に持ち一日中2chに張り付いて在特会や保守団体の悪口を書いているのだろう。
彼はまた同じ独立党の党員で自分と意見が違う人間に対しても「工作員」だと決め付け攻撃をし党員が逃げ出す始末である。
http://www.youtube.com/watch?v=W1h0FkGz_Is

民主党が子供手当てをやめない理由と在日の生活保護
民主党が子供手当てをやめないのは「棚から牡丹餅」のように手に入ったお金はギャンブルへ流れる傾向が強いことをあらかじめ予想しており、子供手当てをやめるとパチンコの収益に影響がでることから絶対に廃止しないのである。
在日にポンポンと生活保護を支給し本当に必要な日本人の家庭には支給しないのも同様で、在日へ支払われる莫大な生活保護はパチンコへと流れる仕組みがあるからである。
在日への生活保護を打ち切ると間違いなくパチンコ業界はダメージをこうむるだろう。

生活保護費のギャンブル使用を議会で触れてはいけない!?
http://youtu.be/6MnlZQ1jvk0

「この人に生活保護を出せ!」と圧力をかける議員たち
http://youtu.be/hwKfMdI3u4w?t=3m2s

【送料無料】日本侵蝕

【送料無料】日本侵蝕
価格:756円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
スポンサードリンク
カテゴリ