上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「増税やむなし」は間違い 財務省から天下った丹呉 泰健は読売新聞の監査役

丹呉泰健
1974年大蔵省(現財務省)に入り、主計局主計官、小泉首相秘書官、理財局長、官房長、主計局長を経て2009年事務次官。
10年に退官後、財務省顧問に就任。現在、読売新聞グループ本社監査役も兼任。

読売はすでに財務省天下りメディア
この人物が読売新聞へ天下りした結果、消費税増税はやむなしという論調で報道することになった。
消費税増税は「仕方ない」と報道し、新聞や出版物への消費税増税はすべきでないと主張する読売新聞は苦し紛れにこういった内容の記事を社説へ載せている。

「所得者対策として、法案は、減税や現金給付を行う「給付付き税額控除」や、社会保障の合計自己負担額に上限を設ける「総合合算制度」などを盛り込んだ。
民主党内には、大規模な対策を求める声があるが、必要以上に規模を膨らませ、ばらまき色の強い内容にしないことが大切だ。
欧州では、家計負担を軽くするため、食料品など生活必需品の税率を低く抑える複数税率を採用している。新聞や書籍も税率をゼロや大幅に低くする国が多い。複数税率導入も検討すべきだろう。」

要は低所得者に対する対策はばら撒きになりがちになるので、そんなことするよりも新聞や書籍もの税率をゼロや大幅に低くする、複数税率導入に力を入れるほうがよいと、これこそ我田引水の記事を書いているのである。

これは財務省とマスメディアの完全に癒着を示しており、財務省の替わりに読売が増税やむなしという論調の記事を書き、そのお礼として新聞無税を導入してもらおうとしているわけである。

丹呉 泰健は郵政民営化でも暗躍
日本の経済をボロボロにする丹呉 泰健はいろんなところで暗躍している。

小泉純一郎のの郵政改革に手を貸して、日本の郵貯資産をゴールドマンサックス含めたアメリカ企業の一部に売り渡たそうと画策
http://president.jp/articles/-/1683

安倍元総理を騙して都市再生プロジェクトって名目で、日本の国有地を日経新聞や経団連に売っぱらって大もうけした売国奴
http://www.daimon-mikishi.jp/kokkai/k-kiji/070427.htm

読売新聞へ天下り
http://japanecho.net/jp/topic/0057/

外務省も絡む利権絡みのアジア開発フォーラム
財務省国際局調査課 関税・外国為替等審議会 第18回外国為替等分科会議事録
この中に「アジア開発フォーラムを日本の政府が韓国などと一緒になってやっている」というのがでてくる。
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/customs_foreign_exchange/sub-foreign_exchange/proceedings/proceedings/gai231208.htm

日本政府と第二回アジア開発フォーラムを共催-JICA2011年06月03日
今回のフォーラムは、2010年11月に【韓国の主導】によってソウルで開催された第1回アジア開発協力会合の流れを踏まえたもの。
同会合は、韓国・企画財政部の主催で、アジア各国の有償資金協力を所管する省庁や関係機関などからの参加者が中心だったが、今回は、中国商務部、韓国国際協力団(KOICA)、タイ国際開発協力局(TICA)など、技術協力の実施機関も参加、会議名を会合(meeting)からフォーラム(forum)へと変更して開催された。
http://www.jica.go.jp/topics/2011/20110603_01.html

第2回アジア開発フォーラム(概要)外務省 2011年6月
◆6月1日,三田共用会議所にて,財務省,外務省,JICAの三者共催にて,第二回アジア開発フォーラムが開催されました。
◆本会合は,昨年11月に韓国(ソウル)において,韓国企画財政部,韓国輸出入銀行等の主催で第一回会合が開催され,今回が二回目の開催。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/doukou/kaigi/02asia_kahatsu_g.html  

第2回アジア開発フォーラムが開催されました 財務省ホームページ
今回の会合では、まず緒方貞子・国際協力機構理事長のオープニングスピーチがあり、次いで黒田東彦・アジア開発銀行総裁がキーノートスピーチを行いました。
それに続き、これまでの数十年間のアジアにおける開発援助の経験を踏まえ、今後のアジア地域および他地域への開発援助のあり方を探るべく、

(1)アジアの経済発展・開発協力経験の共有とODAの役割
(2)アジアにおける残された開発問題や新たな課題への対応
(3)開発援助の国際コミュニティにおけるアジアの役割

の3つを主な議題とし、活発な議論が行われました。
http://www.mof.go.jp/international_policy/economic_assistance/press_release/adf_houdou230601_1.htm

ここに出てくるジア開発銀行とは財務省の天下り先であり、総裁の黒田東彦という人物は以前に 「中国は覇権主義国じゃない!」などと発言して物議をかもしている。本当に日本人なのだろうか?

アジア開発銀行 黒田東彦 総裁 「中国は覇権主義国じゃない!」
http://www.youtube.com/watch?v=QioDCb1kvGU

そしてアジア開発銀行の副総裁になぜかちょうせん人の趙暁宇氏を任命  
http://japanese.cri.cn/151/2008/08/15/1s124303.htm

そしてその結果として
財務相 アジア支援の基金に拠出表明
安住財務大臣は、フィリピンのマニラで開かれている、アジア開発銀行の年次総会で演説し、アジア域内で所得の低い国々を支援するための基金に、1500億円余りの資金を拠出する方針を表明しました。
http://megalodon.jp/2012-0505-0142-22/www3.nhk.or.jp/news/html/20120504/k10014894301000.html

要は日本人のお金を日本人のフリした連中や韓国人によって「アジアを助ける」という名目でばら撒かれ、一部の人間の利権となっているのである。
また下の議事録の中にでてくる人民元の話だが、まるで人民元の国際化を日本が支えて支持いくかのようなやりとりが平気で行われているのである。どこの国の会議だろうか?

関税・外国為替等審議会 第18回外国為替等分科会議事録 国際局調査課 平成23年12月8日(木)
○門間審議官
援助効果の関係でその他のことについて私から御説明したいと思いますが、日本と中国との関係というか、日本が円借款を出せなくなって、どうやってツールとして中国を説得するのかというような御質問だったと思います。

○木下国際局長
それでは、私の方から、人民元の国際化となぜ石井副財務官かという御質問についてお答えいたします。
人民元の国際化については、円の国際化を蔑ろにしてけしからぬではないかという意見がもちろんあり得ることは十分意識しているものの、これだけ日中間の貿易取引が拡大してきた中で、いわば円を除けばほとんどドル建て取引ということを考えれば、できるだけ使い勝手をよくすることは考えなければいけない。

そういう意味では、やはり人民元の国際化と円の国際化は両方進むようにすることが重要だと思います。

それがまたひいては東京市場の活性化にもつながるという観点から、これはいろいろなことを考えなければいけないというふうに我々は今思っていますし、いろいろ検討しているというのが第1点です。

それから、そういう中で人民元との通貨スワップの拡大が今すぐテーブルの上にあるかというと、ないわけです。
あとは、外貨準備として人民元を持てば良いじゃないかという御指摘については、我々も勉強すると、IMFの基準だと人民元は厳密にはまだ外貨準備にならないそうです。

ただ、中国は日本にとって最大の輸出入の相手方であるし、現実問題として中国が日本の国債を取得していることも考えれば、我々もそういう点について思考停止してはいけないと思っておりまして、考えていきたいと思います。

○伊藤分科会長
人民元の国際化は、4週間前に北京でコンファレンスがあって、そこに出した論文が私のホームページからリンクが貼ってありますので、御覧ください。

残りの国際収支マニュアル第6版への移行に伴う報告省令改正についてと、事業仕分けを踏まえた外為特別会計の対応について、お願いします。
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/customs_foreign_exchange/sub-foreign_exchange/proceedings/proceedings/gai231208.htm

財務省への抗議
財務省代表電話番号
0335814111

総務室
内線 5312 FAX 03-5251-2220
室長:佐藤 元則

研究部
内線 5222 FAX 03-5251-2113
部長:成田 康郎

国際交流室
内線 5226 FAX 03-5251-2171
室長:木村 秀美

情報システム部
内線 5323 FAX 03-5251-2177
部長:今田 博之

調査統計部
内線 5163 FAX 03-5251-2114
部長:高浪 政夫

研修部
TEL 03-3268-4239 FAX 03-3267-0649
部長:松本 清志 

【送料無料】消費税増税の大ウソ

【送料無料】消費税増税の大ウソ
価格:1,260円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/05/24 09:00 ] 民主党政権の闇 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。