上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

次長課長・河本記者会見 正しい判断という発言には無理がある

母親の生活保護費受給問題の渦中にあるお笑いコンビ・次長課長の河本準一が25日、東京・新宿の吉本興業本社で会見を開いた。
会見冒頭、河本は涙ぐみながら「今回の騒動でご迷惑をおかけし、大変申し訳ありませんでした」と謝罪。15秒以上にわたって深く頭を下げた。
受給に関しては「報道は事実でございます」と認め、時期に関しては「まだ芸人として全く仕事が無い時期」だったという14、15年前とした。当時、スーパーの鮮魚コーナーで働いていた母親が病気で倒れ、医師からも働くことを止められたという。
岡山県の福祉事務所から母親の面倒をみられないかと打診があったが、河本は「年収はまだ100万円を切っていたので書類をお返ししました」と説明した。「すべて福祉の方と相談して決めたことですが、自分の認識の甘さがあった。今思うとめちゃくちゃ甘い考えだった」と反省しながらも“不正受給”の認識はなかったとの考えを示した。
一方で、福祉事務所からは今年1月ころ、生活保護費増額の打診があったという。
受給の打ち切りについては半年ほど前より話し合いの場を設けていたが、最終的には今年3、4月ごろに母親が「これ以上迷惑はかけられない」と打ち切りを決めたと明かした。吉本興業によると、週刊誌の報道を受けて決めたという。
今後は、河本自身が「テレビにたくさん出られるようになった」と認識している5、6年前からの受給分を返還していくことを検討している。

今回の問題は先月、一部週刊誌が匿名で報じたことを皮切りに、今月初め自民党の片山さつき、世耕弘成議員らがブログで、河本に高額の収入がありながら母親が生活保護費を受け取るのは不正受給と指摘。16日には吉本興業が「不正受給のそしりを受けるような違法行為は存在しない」と見解を発表。翌17日発売の週刊誌3誌が疑惑を実名報道し、波紋を広げていた。
この問題に関して河本が口を開くのは初めて。会見前には母親と電話で話し、「しっかりしゃべってこい」と言われたことを明かした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120525-00000022-dal-ent

河本は記者会見の中で記者から「生活保護を受けることについては正しい判断だったのか?」という質問をされ「正しい判断」と答えているがこれは間違いである。
今どれだけの人が生活保護がもらえなくて貧困生活を送っているのか考えたことはあるのだろうか?

収入が安定してなかったから、という言い訳をしているが、10年前にはすでにテレビにしょっちゅう出ておりある程度の収入があったと思われるが、そのことについて記者会見では始まる前に「金額についての質問は控えてほしい」と吉本側から要望があり、一部食い下がる記者が「収入の金額というが大事になるので答えて欲しい」と言っていたが答えなかった。
これは片山さつきら自民党議員をけん制、黙らせるための記者会見であり、河本の後ろにいる吉本興業の若手芸人にまで波及を恐れたために急遽行われた会見だろう。

不正受給とは記者会見の中ででていた「母親が収入をごまかしていた」ことだけに限ったものではなく、扶養するだけの収入があったにもかかわらず、収入が少ないと偽り母親に生活保護を受けさせることも不正受給なのである。
また会見の中に出てきた「福祉の方と相談」とあるが、これは福祉事務所と共謀して生活保護をもらえるギリギリのラインを相談して仕送り額を決めた可能性があり、そこらへんが明らかになれば詐欺罪となる。
記者会見の様子から妙に岡山のケースワーカーと河本・河本母親の連携がとてもうまく取れているように思う。

親族の団体受給についてはノーコメント
不正受給は母親だけでなく、親族にほかに3人いるという吉本の説明があったと記憶している。
週刊新潮が母親・姉・叔母A・叔母Bについて今週24日に発売された記事に書いている。
母の家の隣には伯母A,Bの2人が住むアパート。そのすぐ前には姉が住む2階建ての家。要はその4人はそれぞれ別所帯となっているが、近くに住んでいるのである。

記事の中に「生活保護」を受けているとは書かれていない。
これについて記者会見でも「親族については個人情報があるので答えない」と最初から釘を刺しているので真相はわからない。

民主党と手を組んでいる韓国民潭では生活保護を受けるときは「所帯を別々にするように」と指導しているという話があり、なぜかというと、同世帯だと受給額が少なくなるが、別々に住むとそれぞれ保護がもらえるので金額が跳ね上がり多くもらえるのである。
また、同居しているものの籍を入れずに別々に生活保護をもらう「内縁関係」にして二重取りしているケースも多い。

各テレビ局の報道の違い
予想通り酷いのはミヤネヤであった。

「河本さんは努力家でいい人」
「会見から誠実さが見えた」
「河本さんは深々と頭を下げている」
「次長課長は本当におもしろい。人間的にも立派」
「こんなに親切な人は他にいない」
「叩かれすぎてかわいそう」
「国会議員がブログに個人名をあげるのは良くない」
「不正受給ではない」
「議員の影響力を考えて行動すべきだった」
「河本さんには面白い笑いを提供してほしい」

この番組にはモラルとか道徳はない、まるで韓国人の罵りとよく似ているので驚く。
この番組のスタンスは

「大金持ちで家族が生活保護のお金もらってるのってなにも河本さんだけじゃない!」 
「さつきは、河本さんが有名人だからって追求してるけど一般人だったらこんな大騒ぎにならなかったのに!」

という言い訳で河本は間違いじゃない、正しいと結論付けている。倫理観が崩壊している韓国らしい言い訳である。

【TBS】 
ひるおび : 完膚無きまで叩きのめす。生活保護制度自体に批判的

【朝日】
ワイドスクランブル : 片山インタビュー、河本叩き、デーブ駄洒落で河本に皮肉

【フジ】
知りたがり : かなり擁護。ロンブー淳擁護気味

【YTV・NTV】
ミヤネ屋 : 大擁護、お涙頂戴、自民党批判


さもしくなった日本人を煽るツイートをする有名人二人

麻木久仁子 ?@kunikoasagi
あの議員さんたちは、恵まれた環境に生まれ高い教育を受けさせてもらい、社会に出てからも陰に陽に守ってくれる親や親族、縁に恵まれたことへの感謝の気持ちはないのかな。今の自分は全て、自分一人の力でもなかろうに。謙虚さこそが“伝統的日本人の美徳”ってえやつじゃないのかな。

hiroki ?@takitahiroki
「国民を飢えさせてはいけない」として政治家を志した世耕弘一さんの孫が、生活保護を叩いているというのは、ブラックジョークにもならない。麻木久仁子さんがリツイート

松尾貴史 ?@Kitsch_Matsuo
藝人をいじめて愉しセレブ議員
麻木久仁子さんがリツイート

松尾貴史 ?@Kitsch_Matsuo
少なくとも義憤や正義感ではなく、自分の選挙の「実績作り」だと思います。RT @NTYjp: 片山さつき世耕弘成みたいな、何の不自由もなくむしろお釣りが返ってくるような環境で育った人間が、貧しい中から這い上がり成功を手にした芸人に対し「手前の金で親にも施せ」と悪し様に攻撃する光景
麻木久仁子さんがリツイート

この叩き方は麻生元総理を叩いた手法と同じである。
麻生さんはホテルのバーで1500円の水割りを飲んでいるから庶民の気持ちがわからない、とマスコミが叩くと乗せられた頭の悪い日本人が一斉に自民党を叩いた手法を使い、松尾貴史と麻木久仁子は片山議員を「金持ちのくせに」と叩いているのである。
麻生元総理が自分のポケットから出したお金で何を飲もうが「総理としての仕事」とは別物である。

hiroki ?@takitahirokiはまんまとそれに乗せられた情けない人。
「国民を飢えさせてはいけない」として政治家を志した世耕弘一さんの孫が、生活保護を叩いている」のではなく、生活が十分にできるのに保護をもらい、また扶養できる家族がいるのに別々の所帯を構えて集団で保護をもらう人たちがいるからこそ、本当に生活保護の受給が必要な人が生活保護をもらえず「飢えてしまう」現実を正そうとしているのが世耕弘一であり、政治家としてすばらしい人材である。

また松尾貴史がいう自分の選挙の「実績作り」という根拠や証拠はどこにもなく、彼の言い分が通るのならば「不正を正そうとする政治家」すべてが「売名行為」であり、「実績つくり」となってしまう。

彼らは片山議員が恵まれている、お金持ちのくせに、を持ち出してさもしくなった日本人を煽ろうとしているのだが、不正を正すという行為に「実家が金持ち」「恵まれているくせに」というのはまったく関係ない。
それが通るのならば、恵まれた教育を受けたものは「貧乏人の不正について何もいうな」といっているのと同じである。

河本のプライバシーについての片山さつき氏の見解
――河本さんやお母さんは「私人」だからプライバシー侵害だとの主張は、繰り返していませんでしたか?

片山 していましたよ。だから、積極的に親を芸の売り物にして、著作のネタにもしている状況でね、それも無理があると話しました。
そもそも、個別具体例がなんらかの「事件」としてたまたま注目を集め、「これはひどい。制度を変えないと」と、政治や行政、世論の空気が醸成されないと、取締りや罰則の強化は前に進まないのですよと。
私は政治家になる前は、霞が関で行政官を長くしていましたから、その立場から言ってもそれが今までに起きてきたことですよと、そう申し上げたのです。
「姉歯事件」の時、事件当事者のさまざまなプライバシー的な情報が出てきましたが、誰かプライバシー侵害を訴えましたか。
年金保険料の有名人による未払いもそうですよね。
みなさん、社会的責任をお取りになりましたと。そしたらやっぱり黙っていましたけどね。
いずれにしても、この問題は「パンドラの箱」だったのでしょう。
いみじくも、ある記者が私に「片山さんはパンドラの箱を開けましたよ」と言っていましたけど。
生活保護の不正受給問題は、弱者であると主張している人々に切り込まないといけないので、どちらかといえばタブーの部類に入るテーマでしたからね。

まったくその通りである。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。