上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とうとう捏造がはじまった めざましテレビが片山議員について捏造報道

目覚ましテレビが片山さつきが河本準一の名前を公表したって報道していたがこれは捏造である。
こうやって吉本興業はテレビ局を使い捏造放送を流させて、じわじわと片山議員を悪者へと印象操作するのだろうが、もはや逆効果になることをわかっていない。
流れとしては

女性セブン(河本匿名)→サイゾー(河本実名公表)→片山さつきのブログ

である。

最初に女性セブンが河本の後輩と思われる芸人から「タダならもろうとけ」という話を酒の席で聞いたことが記事を書こうとしたが、「名前を出したら許さへん」と脅しをかける。
その後、サイゾーが実名報道をインターネットニュースでするが、吉本からの圧力で記事がすぐに削除され一旦終焉したかに思えたが、一部の有権者が片山議員へメールなどで訴えて片山議員がこの問題の解決に乗り出したのである。

目覚ましテレビだけではなく、多くの番組で片山議員が実名報道したと言い出しており、これは民主党または吉本の株主であるソフトバンクからマスメディアへ金がばら撒かれた可能性を指している。

有名人の発言でわかる日本の敵と味方

デーブ・スペクター
人気お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんの母親が生活保護を受給していた問題で、放送プロデューサーのデーブ・スペクターさんは

「認識が甘かった、では通用しない。モラルが低下している。母親をネタにテレビ番組に出演したりして、収入アップにつながってきたのだから、余計に許し難い。仕事が不安と言っても、河本さんのように、売れて何年もたち、大手事務所に所属している場合は通用しない。いつリストラされるか分からないサラリーマンの方が不安だ」

とコメントした。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120525/crm12052522050023-n1.htm

テレ朝でのデーブ・スペクター
「アメリカでは不正受給の疑惑がかかったら、 警察が疑惑者の生活を盗○してまで証拠を探します。 そして豪遊してたりしたら、詐欺罪で起訴するんです。 ここまでするんですよ、国民の税金に関わる犯罪は そのぐらいやらないとダメ、日本は甘いよ。 もしアメリカなら河本君はタンメン食べてる所まで盗○されますよ」

とても参考になる意見。
生活保護というのは国民の税金が大量に使われるので不正に受給することは許されないのである。
河本は不正じゃないというが、ついうっかりだと言い張るのならうっかりでもいいが、うっかりは犯罪だと意識するべきである。
自分が養うことができるにも関わらず後輩を集めた酒の席で「ただならもろとけ」と発言していることを考えるとうっかりではないことが明白で、後輩に「生活保護のもらい方」を指南していたと思われる。

麻木久仁子
https://twitter.com/#!/kunikoasagi
あの議員さんたちは、恵まれた環境に生まれ高い教育を受けさせてもらい、社会に出てからも陰に陽に守ってくれる親や親族、縁に恵まれたことへの感謝の気持ちはないのかな。今の自分は全て、自分一人の力でもなかろうに。謙虚さこそが“伝統的日本人の美徳”ってえやつじゃないのかな。

この人が「伝統的日本人の美徳」などと発言するほうがおかしい。
自分の不倫や数々のシモネタツイッターをしておきながらそれはないだろう。不正を追及する相手がお金のない人だから追及はかわいそう、と言うのならば国会議員は本来の仕事ができなくなる。

松尾貴史
藝人をいじめて愉しセレブ議員
少なくとも義憤や正義感ではなく、自分の選挙の「実績作り」だと思います。
https://twitter.com/#!/kitsch_matsuo

何を根拠に実績作りだと言うのだろうか?それならば不正を正す議員のすべてが「実績作り」となってしまう。
本当に生活保護が必要な人はもらえず、生活できる経済力がある在日朝鮮人に優先して払われる生活保護。これを正すのは政治家くらいしかできないのである。

こういう勘違いしたナルシストは「お金のない人」「一見弱いふりをした人」の味方をすることがすばらしいと勘違いしているのである。しかし、本質はこれらの「お金がないことや弱い立場」が問題ではなく、不正行ったか、どうかが問題であり、政治家として不正を追及する片山議員について恵まれている、お金持ちのくせに、を持ち出してさもしくなった日本人を煽ろうとしている悪質なツイッターである。
不正を正すという行為に「実家が金持ち」「恵まれているくせに」というのはまったく関係ない、これは麻生元総理が1500円の水割りを飲んでいるから悪い、という手法と同じ方法で馬鹿を煽って民主党へ票の誘導を行った行為と同じである。
まあ、ちょうせん半島の人たちの発想と酷似しているが、日本人の中にはさもしくなった人が増えてきているので扇動されるのだろう。

日本に住む在日ちょうせん人の人数 2009年は578,495人、2010年で565,989人
http://www.mindan.org/shokai/toukei.html

2009年 韓国朝鮮人の生活保護総数の割合 韓国または朝鮮籍 24827世帯で総数33207人以上
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&listID=000001071661&requestSender=search
57万人中なんと3万3千人が生活保護で生活しているのである。不正受給がなくなれば消費税10%などしなくても十分おつりがくる。
河本の場合、悪質で親族までもが不正受給をしており、一部で言われているように合計すると12年間で約1億円の受給を不正受給となる可能性がある、しかもこれは医療費は別。

通常生活保護の条件には、親族の扶養の義務があり、肉親に収入があれば申請できない
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/index.html
 
ところが河本の場合はこのように明らかに不正受給しているのである
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120518/dms1205181114012-n1.htm

melto440.jpg
病気などで生活できないことから生活保護を申請するももらえない日本人。一年間に3万人も自殺し生活苦を理由の自殺は第二位である。 

吉本芸人と極心連合会の組長とのツーショット画像
http://yakuzataiho.seesaa.net/article/225148563.html
島田紳助と橋本弘文(姜弘文)が一緒に写っている写真である。

ちなみにこの組長は在日。
http://www.youtube.com/watch?v=6TnS_66IxZ0

吉本芸人と指定暴力団山口組弘道会の高山清司会長(64)との画像
http://yakuzataiho.seesaa.net/article/229001117.html

それだけ吉本はちょうせん人のやばい組織とズブズブという証拠である。
見て見ぬふりしている議員もたくさんいる中で、こんな怖い組織を相手に片山議員や世耕議員は戦っているのである。
日本人なら応援しよう、消費税増税をする前に在日の不正をなくそう。 

麻木久仁子の数少ないレギュラー番組
TBS ラジオ 「 麻木久仁子のどうすりゃいいの?を考えるニッポン政策研究所」
CMを調べてスポンサーに抗議
降板か、釈明・謝罪コメントを出すかぐらいまで追い込みましょう
http://www.tbsradio.jp/asaken/

松尾貴史
京都造形芸術大学芸術学部映画学科客員教授。
京都造形芸術大学に抗議と問い合わせの電話・メールを集中させましょう。

受験生が激減すると私立大学はビジネスが成り立ちません。
タレントで客寄せになると思って雇っているのに、反感を買うコメントをテレビで言ってると大学が知れば来年以降の雇用も考え直すかも知れません。

NHKラジオ
http://www.nhk.or.jp/matsuodo/
「トーキングウィズ松尾堂」

不正受給は受信料未払いにつながる行為、そこを重点的にNHKの視聴者センターに抗議・問い合わせしましょう
長年続いてる番組ですが、視聴者からの抗議が集中すれば来年度は打ち切り、またはキャスト変更になる可能性もあります。
NHKラジオ
「新・話の泉スペシャル」
http://www.nhk.or.jp/r1/izumi/kako12.html

その他片山議員を攻撃・河本を擁護しているひとたち
・宮根誠司「福祉事務所と相談されていたので、僕らの感覚からすれば不正にはあたらない」(ミヤネ屋)
・春川正明「国会議員が実名をブログに載せるとはいかがなものが、権力者であることを自覚すべき」(ミヤネ屋)
・森永卓郎「すごく真面目で誠実で芸能界一いい人なんですよ。 叩かれすぎてかわいそう」(ミヤネ屋)
・ガダルカナルタカ「もし本当であれば、と仮定でものをいうのは議員にふさわしくない」(ミヤネ屋)
・駒井千佳子「『認識が甘かった』と言われてましたが、制度を良く知らなかったって事ですよね?」(ミヤネ屋)
・松尾貴史「藝人をいじめて愉しセレブ議員」「義憤や正義感ではなく、選挙の実績作りだと思います」(twitter)
・千原せいじ「片山の旦那、大きな会社つぶしたんやろ」または「片山の旦那の会社潰したろ」(読売テレビ・関西ローカル情報ten)
・フジテレビ豊田社長「うっかりしていたというコメントを信じるとすれば、影響は出ないと思う」(定例会見)
・大谷昭宏「お母さんは一般市民。 議員が名前を上げてまで批判するのは私は行き過ぎだと思う」(ドデスカ!)

他 テリー伊藤、ハマカーン、大竹まこと、室井佑月、城繁幸、荒川強啓、宮台真司、中野英雄

こうやって見ていると擁護しているのは日本人のふりした人が多いことに気がつく。
彼らの発言やツイッターは永久に消えることなく残ることを自覚しているのだろうか?

【送料無料】コワ〜いツイッターの話

【送料無料】コワ〜いツイッターの話
価格:520円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ



スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。