上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デマではない 芸人河本の複数親族が生活保護受給は吉本が認めている

親族の受給は?河本の年収は? 吉本側「お答えできない」連発
お笑いコンビ「次長課長」の河本準一(37)が25日、母親の生活保護受給が問題になっていることについて、都内の所属事務所で記者会見を行い、生活保護受給を認めて謝罪。一部返還に応じる意向を示した。

会見には、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの竹中功専務取締役、吉本興業の法務本部長を務める渡邊宙志弁護士が同席。一部で、扶養義務のある河本の親族で受給を受けていたのは母親だけではないのでは?との報道もあるが、渡邊弁護士は「親族の生活状況はきわめて個人的なこと。そこのところはコメントを控える」と回答しなかった。

また、河本以外のタレントでも同様の問題があるのでは?との問いには、竹中氏が「(生活保護を受給している芸人が)実際にいるかどうかはお答えできないが、今後いろいろ相談したり、一緒にやっていく考えはある」とし、
渡邊弁護士も「それ自体はあり得ると思うので、検討している。必要な場合はちゃんとヒヤリングをして、手当てをしていく」。

 会見では、扶養可能の目安にもなる年収1000万円を超えた時期や返却の時期・金額についてなど質問が続いたが、「金額についてはお答えできない」(竹中氏)、「(時期と金額は)本人と相談しながら、行政と調整しているところ。明確には決まってない。あいまいだがご勘弁いただきたい」(渡邊弁護士)と歯切れが悪かった。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/05/25/kiji/K20120525003324150.html

肝心なことは何一つ明らかになっていない記者会見。
扶養可能の目安にもなる年収1000万円を超えた時期が大切なのは、いつから不正に受給した生活保護を返すのか、という部分と関連しているのでとても重要である。

騙されるな!吉本弁護士の大失態を隠す動き
週刊新潮の記事がネット上で話題になっている。
その内容は

(週刊新潮より)
母親・姉・叔母A・叔母Bが需給
一人17万を4人で月々68万
2000年から先月まで12年間需給で、総額9792万円なり
生活保護不正受給の為に
隣同士全部別々の家に住み
全員が生活保護不正受給十数年継続。
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/

というデマがばら撒かれているのだが、確かに新潮にはこんな記事はでていない。

騙されて欲しくないのは新潮の記事には「叔母や姉の生活保護をもらっていると書かれていない」ので「書いてある」ということがデマであり、これは「叔母や姉の生活保護をもらっている」はデマではないのである。

吉本も親族の受給を認めている
吉本側も、J-CASTニュースの取材に対し、複数の親族が生活保護を受けていることを認めた。そこには、扶養義務はない姻族のほか、義務のある血族も含まれているとしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120517-00000008-jct-ent
http://www.j-cast.com/2012/05/17132488.html?p=all

「扶養義務はない姻族のほか、義務のある血族」というのは憶測ではあるが叔母や姉の可能性が高い。
要は明らかなデマを流して「複数の親族が生活保護を受けていること」までをもデマとしようと、画策しているのである。

昨日の記者会見の始まる前に「親族の受給については答えない」としていたのも、吉本弁護士の「複数の親族が生活保護を受けていること」発言が大きな波紋を呼ぶこと、組織的な詐欺に繋がり、河本の芸人としての活動も危ぶまれることからそうした措置をしたのだろう。

吉本芸人と極心連合会の組長とのツーショット画像
http://yakuzataiho.seesaa.net/article/225148563.html
島田紳助と橋本弘文(姜弘文)が一緒に写っている写真である。

ちなみにこの組長は在日。
http://www.youtube.com/watch?v=6TnS_66IxZ0

吉本芸人と指定暴力団山口組弘道会の高山清司会長(64)との画像
http://yakuzataiho.seesaa.net/article/229001117.html

それだけ吉本はちょうせん人のやばい組織とズブズブという証拠であり、不正だらけの吉本興業。

「親族も受給ということ自体がデマではなく、それが新潮に書いてあったということがデマ」という話。
「複数の親族が生活保護を受けていること」は事実であり吉本は認めている。

【送料無料】韓国・北朝鮮の嘘を見破る

【送料無料】韓国・北朝鮮の嘘を見破る
価格:945円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。