上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生活保護問題 芸人不正がばれて「俺にもよこせ!」「額を増やせ!」と殺到

「それならうちももらえるはず!」生活保護問題で全国の福祉事務所に問い合わせが殺到中
謝罪会見で騒動は収まりそうにない。お笑い芸人の生活保護問題で、全国の福祉事務所に問い合わせが殺到しているのだ。

「私も同じケースなので支給をお願いします!」
「息子はあの芸人より給料低いんですから、当然受給できますよね?」

殺到しているのは受給に関する質問で、大阪のある事務所の職員は「電話での問い合わせは以前の5倍ぐらいに増え、業務に差し支えが出るほど」と泣き顔だ。梶原本人は「不正受給という感覚はありません」と断言、これについてテレビのワイドショーに出演した大学教授も「このケースでは受給が可能」と発言したため、福祉事務所には問い合わせが殺到した。
「子ども名義のマンションに住んでもええなら、持ち家を息子名義にして生活保護を受けたい」
問い合わせをした60代の無職男性は以前、受給申請をしたが「自宅に約2,000万円の価値がある」と、不動産所有を理由に拒まれたという。
「息子の名義にすれば問題はないのやろ。これで受給できなければ訴えるで」
男性の申し立てに職員は「条件さえ揃えば拒めない」と、前向きに検討する様子だった。また、別の50代女性は現在、うつ病で働けないことを理由に受給者となっているが

「住んでいるのが家賃5万円の汚いアパート。息子が投資用に持っているマンションがあるので、そこに引っ越したい」と申し出た。「今までどおり家賃補助が出るのなら、息子のマンションは家賃15万円ぐらいが相場なので、支給額を増やしてほしい」(同)
こうなるともはや、生活苦による補助ではなく、財テクのようですらある。都内の福祉事務所には、受給している母娘が「河本さんの親族のように別々に住むので、2世帯で受給したい」という申し出があったという。
こうしてお笑い芸人の受給ケースに影響された申請殺到で、また来年は受給者数の記録更新となりそうだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/6616160/

河本が記者会見をした段階でこのような事態が出てくることは予想されていただろう。それが梶原までが祖母が同じマンションに住みながら、そこへ梶原の母は祖母と同居せず、新たに梶原が部屋を買って住まわせて母親が生活保護を受け取るという法の目をくぐったやり方で受給しているのが明るみに出てしまった。
祖母と一緒に住むと母は保護がもらえないからである。

この生活保護問題に取り組んでいる片山さつき氏をはじめとする自民党は、なんらかの方法で自分たちが取り組むこの問題にある程度の勝算をふまえて行動しているのではないか?

確かに闇は深いが一般的に言われているように片山議員は千原せいじの脅しともとれる発言に対して、テレビで涙を流したが、それに対して一部で「過剰に反応している・怖がりすぎ」という声もでている。
女性議員が脅されながら問題に取り組んでいるように思う人もいるだろうが、片山議員の胸のうちは実際はそうではなく、勝算と問題解決の自信があり、泣いてはみせたがメディアをうまく使ってこの問題の深刻さをアピールにしたのだろうと思う。
でなければ、この在日の闇ともとれる問題に簡単には切り込んでいかない。

こうやって一般人よりも収入の多い有名人が不正とも取れる行為をしたことで、警察もこのまま見過ごすわけにも行かず、芸人逮捕になる可能性もある、また生活保護の仕組みそのものに疑問点を投げかけることで、橋下の進めるベーシックインカムへの下準備がなされようとしているのではないか?
どちらにしろ、、日本は大きな転換期を迎えようとしていると思う。

【送料無料】橋下徹のカネと黒い人脈
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。