上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

来年のNHK大河ドラマ「八重の桜」に出演する斎藤工の日本語が酷い

melto459.jpg
斎藤工が実際に書いたメモ。本人は誇らしげにテレビで公開。

日本語訳
・本根と立削がある(人門には) ・本根と立前を使い分
・作家が何を伝えたいか、伝えるか・バージョンをいくつか持
                ・現実的に考える.
                ・こだわる
・毎回が本番だと思え     必要以外の間はマイナス
・感動は命がけでやって、始めて伝わる.
・客にも俳優にもA・B・Cがある、=自分の意聞を持つ
・作家にあく手をもとめられる.役者になること.
・どれだけ人間を分せき出来るか!それが好きか.
・役決め(casting)の人とはある定度のキョリをたもつ事.
・己人的な事はもち込まない.聞かれたら言う.(自分に責任をもつ)
 昭治 大正デモクラシー

本音→本根
建前→立削
意見→意聞
程度→定度
個人的→己人的
人間→人門
明治と昭和→昭治

学歴はちょうせん学校ではなく日本学園高等学校卒とのこと。

高岡蒼甫の代役でドラマ『QP』に抜擢された斉藤工が反日・韓国マンセー俳優だと話題に

代役の斉藤工のインタビュー
http://www.dvddata-mag.com/interview/2009/07/post-19.php

斉藤「そうですね。ほとんどが韓流ファンの方で。皆さんほんとに目が肥えていますよね。韓国映画はレベルが高いんでちょっと怖かったんです、そういう目の肥えた方たちにどう見られるのかなと。」

斎藤「そうですね。僕が行ってた学校で、日本が戦争中どんなに残酷なことをしてたかっていうことについて、韓国側の人たちが作ったフィルムを見せられたんですよ。余りにも残虐で目を覆いたくなるようなことばっかりだったんですけど、ああ、ここを今の日本は隠しているんだと」

斎藤「ベタなんですけど、『殺人の追憶』を見たときに、これをもし日本で撮ったらかなり違ってしまう、日韓の映画にはこんなにも差があるのかって思っちゃいましたね。と同時に、ああいう社会派の作品を国民の大半が見に行ってる。

韓国人は映画に対する興味が大きいと。そのくらい国民が映画を文化だと思ってる。国立の学校がありますからね、俳優も監督さんも。日本の方は映画作りのバックアップ体制が完全に不利っていうのもあるんですけど。韓国は各コースの選りすぐりの方たちが映画作ってらっしゃるから、下手な人がいないんですよね」

ーホントにうまいですよね、韓国の俳優さんて。
斎藤「そうなんですよ。ちょっとしか映らない人とかもみんなすごく上手で。国として世に出すんだったらここまでっていう水準が高いんですよね。だから、あ、この国と係わることで自分のレベルも上がるし、もっと大きい話をすれば日本映画の水準も上がっていくとは思いましたね。

斎藤工の過去のブログでの発言の数々
・日本は、韓国に対してやった事の歴史を黒幕にしようとしてる。
・ソウルで本当の家族のような人達に出会う事ができた。
・WBCで日本が韓国に勝ったけど彼らは温かい拍手で日本を祝福した。日本が逆の立場なら出来ない事
・韓国人を見てるといかに日本人が当たり前の事が出来てないかが分かる
・ヨーロッパから見たら所詮日本なんかアジアの隅っこでしかない国
・日本は、閉鎖的過ぎる
・靖国参拝批判
・浅田真央&安倍元総理を「上手く滑る」と小バカにする
・日本は「この国は集団イジメをする」「イエローモンキー」呼ばわり、韓国人には「方々」をつける
・靖国参拝は、ドイツで言えばヒットラーの墓参りに国の代表者がいくようなもの。

主な出演テレビドラマ
風の果て(2007年10月 - 12月、NHK) - 杉山鹿之助 役
フルスイング(2008年1月 - 2月、NHK) - 若松裕 役
オトコマエ!(2008年4月 - 7月、NHK) - 武田信三郎 役
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」(2011年5月 - 10月、NHK) - 京極高次 役
花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011(2011年7月 - 9月、フジテレビ) - 梅田北斗 役
大河ドラマ「八重の桜」(2013年、NHK) - 神保修理 役

NHKの大河ドラマの視聴率が悪いと言われているが、こんな頭の悪い俳優が反日感情むき出しでブログを書き、そして日本の時代劇で役を演じているから、よくなるはずもない。
そんなに日本が気に食わないのなら韓国へ行けばいい。ちょうど本人と釣り合う人たちばかりが住んでいるではないか。

【送料無料】反日マスコミの真実(2011)

【送料無料】反日マスコミの真実(2011)
価格:1,200円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。