上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大津いじめ事件 在日に乗っ取られた市

「自殺の練習、真実なら痛ましい」 大津市の越直美市長、涙の記者会見 調査やり直しを明言
大津市のマンションで昨年10月、市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が飛び降り自殺した問題で、同市の越直美市長は6日の定例会見で、事実関係の調査をやり直すことを決定したと明言、「早急に外部の有識者による調査委員会を立ち上げたい」と述べた。市教委は事故直後、全校生徒対象のアンケートを実施したが、追加調査しないとしていた。

自殺問題を巡っては、男子生徒の両親が今年2月、いじめが自殺の原因だったとして、同級生3人や大津市などに約7720万円の損害賠償を求め大津地裁に提訴。
越市長は会見で、「これまでは事件の真実について法廷で明らかにされていくのだろうと思っていたが、裁判以前に事実関係の調査をやり直すことを決めた」と発言。
涙ぐみながら「自殺の練習は真実ならいたましい話。(1月の)市長就任後もっと早く調査に取り組むべきだった」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120706-00000563-san-soci

melto474.jpg
わざわざカメラを意識し涙が頬つたうように演じる越市長、たぶん帰化人だろう

越市長の誕生がこのいじめ自殺事件と関係している
大津市は在日に乗っ取られている、または乗っ取られそうになっている市町村の一つだろう。
大津市民の愚民によって民主党と社民党推薦のお飾りの市長が誕生し、その背後にいる韓国に操られている状態。

明らかにいじめが存在したのは、生徒たちのアンケートによって明らかになっているにも関わらず、いまだに教育委員会は「じゃれあい」とし、いじめと自殺の関係を認めていない。
そりゃそうだろう、関連を認めてしまうと自分たちが「生徒のアンケート」を隠蔽したことを認めてしまうことになるからである。

自殺したとされる生徒はいじめられているにも関わらず、登校拒否をすることもなく学校へ登校している点、飛び降りて遺体が発見されたときに「仰向けに倒れていた」点、遺書が一つも発見されていない点などを考えると、この日に本当に自殺をしようと思っていたのだろうか?という疑問がでてくる。
恨み言の一つくらい書いているのが普通だと思う。

ネットの中には現場に加害者たちがいて飛び降りを強要された、または後ろ向きになって突き落とされたのではないかという話が出ている。
実際に加害者たちは付近をうろうろしており「死体を見つけるため」だったと話している。また死んだ後も「ようやく死んでくれた」など発言をしたり、亡くなった後も被害者の写真を傷つけるなどの行為をしているのは異常である。

mika142.jpg

被害届けを3度も拒否した滋賀県警の意図
主犯と思われる加害者の一人の祖父が死が県警OB、そして身内にPTA会長だという憶測があるが、もし本当ならば自分の孫が殺人事件などを犯して少年院に行くなど我慢できなかったのだろう。
立場を利用して滋賀県警に圧力をかけた可能性がある。そうでないとどう考えても被害届けを拒否などという愚行に納得がいかない。

こうやって学校、警察、教育委員会、市長がグルになって、ひとりの少年の死をただの「自殺」と決め付け殺人事件の可能性が大きいこの事件を「いじめすらなかった」ことにしようとしているのだろう。

なぜ学校、警察、教育委員会、市長がグルになれたのか?それは加害者と「在日ちょうせん人という共通点」があったからではないか?

担任の教師は韓国語を教える教師
この教師の生徒からの評判はすこぶる悪い。
「一部の生徒だけ仲良くしていた、それ以外の生徒に関しては無関心」という意見があり、このM山という担任が帰化人の可能性が高い。在日の生徒だけをかわいがり、自殺させられた被害者は日本人、そして加害者が在日だったのではないだろうか?
あまりにもいじめられていた生徒に対して冷淡である。

担任笑って「やりすぎんなよ」 暴力見た生徒が証言
生徒らは昨年12月、家族に直接証言した。それによると、担任教師の名前を挙げ、いじめたとされる生徒2人が亡くなった生徒に暴力をふるっているのに、「隣にいたが止めなかった。笑ってた。『やりすぎんなよ』って」と話した。ほかの生徒も同様の証言をし、「周りにほかの教師もいた」と話す生徒もいた。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201207060080.html

自殺の生徒 「担任に泣きながら電話していた」複数の生徒が回答 市教委「担任は『いじめについての相談ではなかった』と」
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201207090031.html

なぜか、ハングルを日本人生徒に教える授業
http://cdn.uploda.cc/img/img6946.jpg

自殺した生徒の担任教師の授業内容
6月2日(月) 「国際交流Ⅱ」① 全体ガイダンス
6月3日(火) 「国際交流Ⅱ」②③ 美湖中生歓迎会の準備
6月9日(月) 「国際理解Ⅱ」① ハングル講座① *講師・洪性奉(ホンソンボン)先生より教授
6月16日(月) 「国際理解Ⅱ」② ハングル講座② 韓国美湖中生の歓迎準備
6月23日(月) 「国際理解Ⅱ」③ ハングル講座③
6月30日(月) 「国際理解Ⅱ」④ ハングル講座④
7月2日(水) 「国際理解Ⅱ」⑤ ハングル講座⑤
10月30日(木) 「国際交流Ⅱ」④ 全体ガイダンス
10月31日(金) 「国際理解Ⅱ」⑥ 日韓交流の歴史を学ぶ①
11月5日(水) 「国際理解Ⅱ」⑦ 日韓交流の歴史を学ぶ②
11月10日(月) 「国際理解Ⅱ」⑧ ハングル講座⑥
11月11日(火) 「国際交流Ⅱ」⑤⑥ 部屋割り・はるか&バス座席決め
11月12日(水) 「国際交流Ⅱ」⑦⑧ 体験希望調査・交換用名刺作り
11月17日(月) 「国際理解Ⅱ」⑨ ハングル講座⑦
11月19日(水) 「国際交流Ⅱ」⑨ 日本からの土産(bookmark)作り
11月26日(水) 「国際理解Ⅱ」⑩ ハングル講座⑧
11月27日(木) 「国際交流Ⅱ」⑩⑪ 自己紹介の手紙・あいさつ文の作成・修学旅行「しおり」作り
11月28日(金) 「国際交流Ⅱ」⑫⑬ 第2回修学旅行説明会 (保護者参加)
12月1日(月) 「国際理解Ⅱ」⑪ ハングル講座⑨
12月2日(火) 「3泊4日韓国修学旅行」 ~5日(金)
12月8日(月) 「国際理解Ⅱ」⑫⑬ ハングル講座⑩⑪(お礼の手紙作成)
12月11日(木) 「国際交流Ⅱ」⑭⑮ 修学旅行報告レポート作成
1月23日(金) 「国際交流Ⅱ」⑯⑰ 修学旅行報告会(保護者参加)

なぜこのように学校の授業でハングルを教えるのか?
それは在日の3世4世らが韓国語が話せないために行っていると推測する。日本語しかしゃべれないので学校の授業の時間を割いて数人の在日のために「ハングル講座」が行われているのである。

そうしたことが行われるのは、大津市長が韓国帰化人が2/3いると言われている民主党と左翼である社民党に推薦されて当選した市長であることが原因だろう。
そうやって民主党政権が政権をとっている今、この大津だけでなく日本各地で少しづつ在日がすみよい社会が築かれていき、日本人が差別される社会へと変化している。

今回のように日本人の生徒が在日の可能性がある生徒にいじめられていたとしても、周りの関係者が在日だらけだった場合、手を差し伸べることもなく、この担任の教師のように追い討ちをかけ、見捨て、そして他殺の可能性が高いこの事件を「いじめさえなかった」と教育委員会がすべてを隠蔽し、警察に頼ろうと被害届けを出しても不当に拒否される社会になってしまうのである。

一日も早く日本の政党である自民党に政権を戻すこと、民主党政権を倒すこと、を急ぐべきである。

追伸
ツイッターなどで「たちあがれを応援しよう、自民党はだめ」「公明党と結びついているからだめ」などという意見がちらほらでているが、これはいわゆる「隠れ在日」で間違いない。
自民党とたちあがれは政策面でも同調しており日本の保守政党である。
わざわざ保守である政党の票を食い合うようなことをしてもお互いに足を引っ張り合うだけで、結果的に他の政党がおいしい思いをするのは目に見えているのだが、「たちあがれ」を応援することでなりすましをうまく隠して画策している。
なぜなら立ち上がれ日本ではどう逆立ちしても立候補が100人以上擁立できないので政権が取れない政党なのである。
純粋に保守という立場でたちあがれを応援するのであれば、保守ではない民主党や社民党、みんなの党を非難し票の誘導を図るだろう。これは「たちあがれ日本」をうまく利用した票の分裂を画策し民主党を政権政党として維持したい動きの一つである。
仮にそうではなくたちあがれが好きで同種の自民落としをやっているとしたら、ただの馬鹿だろう。引きこもりで世間の動きや一般社会の動向などの推測ができずにわめいているのである。
こういう人の特徴には無知な「反原発」がくっ付いている場合も多く、ただの自分の感情にまかせた好き嫌いで物事を判断し、バカッターを繰り広げている。

また、「公明党と組んでいるからダメ」というのも論外で、投票率が上がり自民党に票が入れば自民も公明と手が切れるのである。組まなければ現参議院では自民党とたちあがれ日本では数で民主党に対抗できないことすら知らない人が多い。

別冊宝島『嫌韓流の真実! ザ・在日特権~朝鮮人タブーのルーツから、民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!~』

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。