上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大津いじめ事件 次々と言い訳する学校・教育委員会・大津市

市教委、文科省にいじめの報告せず 大津・中2自殺
大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13)が自殺した問題で、市教委が、いじめに関する正式な報告書を作成せず、県教委を通じて文部科学省に提出していなかったことがわかった。市教委は「怠慢と言われれば、その通りだ」と不備を認めている。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201207100067.html

「いじめで自殺」訴訟 「過失ない」の大津市側、全面的に争う姿勢変える可能性
滋賀県大津市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が昨年10月、飛び降り自殺したのはいじめが原因として、両親が加害側とする同級生3人と保護者、市に約7720万円の損害賠償を求めた訴訟で、「いじめと自殺の因果関係は不明で、市に過失責任はない」と全面的に争う姿勢を示していた市側が、17日に大津地裁で開かれる第2回口頭弁論で「答弁書の内容を変更するかもしれない」と地裁に打診することが9日、関係者への取材でわかった。

生徒が自殺した直後に発行された学校新聞に「いじめがあった」と明記
http://www.otsu.ed.jp/ouji/ouji%20hp/tayori201111.pdf

mika143.jpg

「いじめ」と判断される状況があった いじめを見抜けないのは教師の責任
その結果、すでに新聞等で報道があったように、アンケートに記載されている内容から、友達間の「あそび」や「じゃれ合い」の中で本人が嫌がることや不本意な暴力と考えられる行為がありました。
残念ながら、これらの行為は「一定の人間関係にある者から心理的・物理的攻撃を受けることにより精神的苦痛を感じている」もの、すなわち「いじめ」と判断される状況だと言わざるをえません。このような状況が学校で起こっているにもかかわらず、事前に把握し防止できなかったことにつきましてはその責任を重く受け止め、今後このようなことが二度と起こらないよう手立てを尽くしていきたいと考えています。
mika145.jpg

また、これから活動を始める新しい生徒会の力を借りたいと思っています。生徒達の視点に立った「いじめ防止」の取り組みをサポートしていきたいと考えています。
そして、教師の資質や力量の向上です。「いじめ」が見抜けないのは教師の責任です。教師自身が襟を正し、自らの自己研鑽に励みたいと思っています。
mika147.jpg

学校側と大津市教育委員会は、男子生徒の自殺直後に「いじめはなかった」と言い張っていたがその後、アンケート調査を実施して、その結果からいじめがあったことは認めたが、数々の生徒たちの証言があるにも関わらず「いじめと自殺の関連性は不明」と言い始めた。
ここで不思議に感じたのだが、なぜそのような自分たちが不利になる可能性のある生徒へのアンケートを実施したのだろう?
これはアンケートをすることによって、自分たちに不都合な部分は「生徒たちの過剰な思い込み」として処理し、何か自分たちに都合の良い生徒の声を「探すために行われた」可能性が高い。

「全面的に争う姿勢を示していた市側が、17日に大津地裁で開かれる第2回口頭弁論で「答弁書の内容を変更するかもしれない」と地裁に打診する」と記事にでているが、これも隠蔽されていた「いじめ自殺事件」が世間に広まったことで、大津市側が不利だと感じ始めた証拠だろう。

光市母子殺人事件も一審で無期、二審でもふざけた手紙がでてきたにも関わらずまた無期の判決。
しかし、被害者遺族の本村さん、それを支える人たちによって在日の加害者「大月孝行」の所業が暴かれていき、最高裁へと移ったこの裁判は、裁判をする前に高裁に対して「この事件が無期とはありえない、もう一度ちゃんと裁判をやれ」と言って「差し戻し」。遠まわしに「最高裁はこの事件は死刑以外の何物でもない」と言ったわけである。

こそこそと不正を働く人間は、世間から注目を浴びることで不正ができなくなる、その意味でも間違ったことには声を上げることは大切だと思う。

大津市教育委員会 学校教育課
電話番号/077-528-2633
FAX番号/077-523-5735 
メールアドレス/otsu2402@city.otsu.lg.jp

大津いじめ事件 第二回口頭弁論
片方が和解を提案したら、公開の口頭弁論期日が非公開になる可能性がありますので要確認。

【日時】 7月17日(火) 午前9時から傍聴券の抽選 開廷は午前10時(要確認)
【場所】 大津地方裁判所前   
【アクセス】 JR東海道本線(琵琶湖線) 大津駅 北口(びわこ口)下車 徒歩3分(要確認)

注目の事件の口頭弁論という事で、多くのマスコミが集まることが予想されます!
一人でも多くの方に傍聴をお願いします!

【送料無料】民主党と日教組

【送料無料】民主党と日教組
価格:1,575円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。