上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自民党の谷垣総裁 「大分県では民主党の事業仕分けでダムの建設が延期になっている河川が氾濫していた」

18日から参議院の特別委員会で社会保障と税の一体改革関連法案の本格的な質疑が始まるのを前に、自民党の役員会では、このところの野田総理の発言などに対して、批判が相次ぎました。
消費税増税法案などを柱とする一体改革関連法案は、18日から参議院特別委員会で本格的な質疑が始まりますが、17日朝に開かれた自民党の役員会では、出席者からは「民主党側は問責決議案の提出などの動きが出てこないようにという思いから、審議をできるだけ遅らせようとしている」といった指摘が出されました。

また、谷垣総裁は16日、熊本県と大分県の大雨による災害現場を視察したことを報告し、「大分県竹田市では民主党の事業仕分けでダムの建設が延期になっている河川が氾濫していた」と指摘し、民主党政権の対応を批判しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5083235.html

谷垣総裁がこういった指摘をすると、一部で「なんでもかんでも民主党のせいにして」という意見がでる、しかし民主党のでたらめな仕分けによって実際に弊害が各地で出ていることを指摘しるだけで何が悪いのだろうか?
それは片山議員が生活保護不正受給について追及すると「売名行為」といった芸能人と似ている。
不正を指摘することが売名行為という輩は普段から不正を働いているからそういうことが言えるのである。

◆民主党の仕分けによって苦し紛れに削ったもの
そもそも、蓮舫らによって仕分けされたものは、日本の科学部門や若手研究者育成のための「特別研究員事業」などがある。日本の学生への支援金なども仕分けされたが、もちろん、最初から日本の優秀な学生を潰すことが目的であることと、選挙の際に「埋蔵金」があるので民主党が政権をとれば国が豊かになると嘘をついてしまったために、無理していろんなものを削らざるを得なくなったのもあるだろう。

melto480.jpg

16兆をも埋蔵金があるので民主党が政権をとれば、「われわれの政策によって経済は上向くんですよ」と発言。
専門家から「それは違う」と言われると「違うかどうか賭けましょうよ」とでたらめを。
http://blog-imgs-31-origin.fc2.com/c/a/h/cahotjapan/melto124.jpg

◆その後のTVタックル
三宅
「川内さんね。あんた野党時代に、特別会計の埋蔵金で16兆円を捻出して、増税なしで再建できると言ったな」
民主川内
「私じゃない。民主党全員で言ったんだ」
http://shinjihi.tumblr.com/post/20528925667/tv

melto424.jpg

埋蔵金に関しては原口議員にいたってはテレビにでて、ちゃんと調べれば90兆円もの埋蔵金があるなどと大嘘をついて自民党を陥れた。
結局民主党はマニフェストで16兆円以上の埋蔵金を発掘すると約束したものの、余剰金などを除けば、無理やりな仕分けをしても実際は0.1兆円程度しかでてこなかった。

◆苦し紛れに民主党が削ったもの
森林整備費     山崩れ・土砂災害・地すべり対策
災害対策費     大雪
火山噴火余地費   火山噴火
地震対策費     地震
原発対策費     福島原発
除雪費       東北の地方都市の維持

◆民主党が報道規制 豪雪で日本人52人死亡
Japan Snowstorm Kills 52, Crushes Steel Bridge
http://abcnews.go.com/blogs/headlines/2012/02/heavy-snowfall-in-japan-kills-52-injures-hundreds/
東北では大雪でたくさん死者がでているが、日本ではほとんど報道がなくアメリカのABCが報道。民主党は除雪費などを仕分けしているので、この事件に報道規制をした可能性が高い。
大雪は50人以上の死者が出ており、約600が負傷している。
「職員は、その30都市のほぼ半分が雪の除去を確保する資金を使い果たしたと述べた」とあるように、民主党はあるはずもない埋蔵金があるので「国民の生活」が豊かになると嘘をつき、苦し紛れに日本の「災害対策費」を仕分け。

◆兵庫佐用町で大水害発生事故
兵庫の佐用町での洪水はその仕分けによって被害が増大しているのである。
このことについては、兵庫佐用町で大水害発生の調査結果として森林整備が成されてないが故に倒木が殺到して地すべりも発生水害被害拡大と兵庫県が認めて発表している。
地元民主地方議員も議会で認める発言。
前原も国会答弁で認める発言。
http://www.kanzaki-gun.org/2010/04/

◆民主党の破壊行為 日本の科学部門を集中的に仕分け
『科学』傷だらけ iPS細胞生んだ事業や科学未来館
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1258186956/
「国が掲げる科学技術立国が揺らぎかねない」。十三日の行政刷新会議の事業仕分けで、 科学技術関連の事業が続々とカットの判定を受けた。「不要不急の事業」を削ることが仕分けの 目的とはいえ、将来、日本の科学技術研究を担う若手にも余波が及ぶ。「頭脳流出に拍車がかかる」。 関係者に危機感が広がった。 

◆『優秀な若手流出する』 奨励金『削減』
トップクラスの若手研究者に対する奨励金事業で、博士課程の学生や博士課程を修了したポストドクターに月二十万~四十五万円が支給される。
男性は今年、合格率数%の難関を通過。十月に内定通知を受け、家族や友人と喜んだばかりだ。事業仕分けの対象となったのを知り、「いても立ってもいられなくて傍聴に来た」という。
地球環境をテーマに、休日を含め毎日十二時間以上、研究漬けの毎日。「今は奨学金を借りているけど、来年三月で切れる」と話し、月二十万円の給付に期待していた。
男性は「ポストドクターが多すぎる問題ばかりが議論されていたが、その問題と研究者支援は別次元の話。制度が削減されたら、学者になれるのは金持ちだけ。国を恨んで海外に行く優秀な人材が続出するだろう」と事業仕分けの議論を批判した。

◆仕分けによる犠牲 神奈川県内の養蚕の歴史に幕 全12農家全て廃業
県内で12戸にとどまってきた全養蚕農家が今秋の出荷で繭の生産を中止する見通しになったことが、2日までに分かった。安価な輸入生糸の増加などによる生糸価格の下落などに加え、2011年度から実施される養蚕農家への繭代の助成金廃止を受けて、廃業方針を決めた。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1010030006/

原因は仕分けによる助成金カット。
日本の創世神話の中で、日本の神様が日本人に教えたものは3つ。
稲作 機織 養蚕と、言われている。
今でも皇室では、陛下は稲作、妃殿下は養蚕をしていらっしゃるが、民主党の仕分けによって、この養蚕の歴史は終わりとなった。

そのほかには石油国家備蓄と塩備蓄費も削っているが、東日本大震災のときにガソリン不足になったのはこの仕分けによるものである。これで多くの東北の人たちが灯油がなく凍える思いをし、亡くなられた方もいる。

◆民主党や蓮舫議員の正体
この仕分けが行われていたときの日本の報道は異常なものがあった。またこの報道では「自民党=無駄が多い」「民主党=清貧」というイメージが作られており、日本のために民主党が立ち上がってよいことをしているように見ていた人も多いだろう。
しかし、これは埋蔵金があると嘘をついてしまったためになんとしても予算を削って埋蔵金らしきものを捻り出す必要のために行われたので、本当に大事な予算が削られてしまっている。
また一旦削ったものの後で「やっぱり削減取り消しにしよう」と復活したものもたくさんある。
仕分けとはなんだったのか?それは民主党のパフォーマンスだったのである。

◆日本華裔大臣蓮舫家世揭秘 祖母是政商兩界女强人
父方の祖母である陳杏村は、「戦時中に上海で日本軍を相手として富を築き、戦闘機を日本軍に寄付するなどした。戦後は漢奸として起訴されたが、中国国民党の地下工作員であったので無罪となった」と報じられている。
中國新聞網 2010年06月07日

◆選挙の大切さ
仕分けパフォーマンスで一躍躍り出た蓮舫議員は、2010年の参議院選挙ではなんと171万票も獲得。過去最多の投票数を獲得した。
たぶん、多くの人が中国からのスパイ的な人物のことを「日本のために現れた救世主」と勘違いしたのだろう。今はほとんどの人がようやく気がついたようで話題にすら上らなくなった。

なぜ日本は近年災害が多いのか、なぜどんどん税金が課せられていくのか、大学生の半分がまともに就職できない、どうして仕事がない人が多くなったのか。それは本人だけのせいではないのであり、無職の人をむやみに責めることはできない。

きれいな言い方をすれば、左翼政権である民主党は東アジア共同体という「中国、韓国のために日本を切り売りする」方向へ舵を切ったのである。豊かな日本から工場を中国・韓国へと流出させ日本を経済大国から叩き落し、中国・韓国の発展のために、消費増税させられて日本国民が彼らの負担を背負い、大量の外国人が日本へ流れ込んできている状況。
いろんな方向で今その動きが始まりつつある。
宮崎口蹄疫を見ても自民党という保守政権と、民主党という左翼政権とでは対応が雲泥の差。今のこの状況をみれば過去においていかに自民党が、韓国の帰化人が多く存在しているマスコミに叩かれながらも、日本のために頑張っていたのかわかるだろう。

選挙は直接自分の生活に関係して来る。
かつて鳩山が発言したように「日本は日本人のためだけのものではない」と左翼を支持する帰化人などは少ないが、彼らは政治に興味があるので投票率が高く、日本人の大半を占める「日本を大事にしようという日本人」は、残念ながらそう感じていても選挙に行く方が少ない。

日本の政局も「アメリカの民主党と共和党」というように「自民党と民主党」と二大政党の様相を呈している。どちらかが政権を取るかで日本の将来は大きく変わることを考えると、政治に興味がないからと、のほほんとしていられる時代は終わったと考えていいと思う。

◆片山さつき議員 太陽光パネルの大量購入(輸入)は中国と韓国に補助金を配るようなもの
http://www.youtube.com/watch?v=rYRp5UkixpA


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/07/17 18:30 ] 民主党政権の闇 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。