上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海老沼の腕を折りにいった韓国人選手チョ・ジュンホと反日審判「ミナカワ」

男子柔道で韓国チョ・ジュンホと戦ったで海老沼選手、女子柔道で中国陳飛と戦った田知本選手、このときの審判は「ミナカワ」という日系になりすましの審判だった。
韓国人だとわかると「韓国人の試合の審判」ができないからなりすましているのである。

しかも圧倒的に海老沼が勝っていた試合であるにも関わらず、旗判定で韓国に3本上がり、会場は大ブーイング、ジュリーという別組織の審判らから「おかしい」と抗議があり、ミナカワを含める3人の審判らはもう一度話し合いをして、旗判定のやり直しという前代未聞の事態に。結局、海老沼の白三本に変わった。

この試合で海老沼はチョ・ジュンホから腕を折られそうになったが、ミナカワはなりゆきを傍観するだけであった。

◆海老沼匡が腕折られそうになった場面 youtube
http://www.youtube.com/watch?v=-7sgqcHy1jg

◆海老沼匡が腕折られそうになった場面 ニコニコ動画(こちらの方がわかりやすい)
http://www.nicovideo.jp/watch/1343645178?mypage_nicorepo

その後、旗判定で負けたチョ・ジュンホは敗者復活戦で勝ちあがり、海老沼と同じ銅メダルを手にしている。

melto489.jpg
ズル賢い顔をしたチョ・ジュンホ選手と怪我をさせられた海老沼選手

またチョ・ジュンホの銅メダルが確定した試合後、控え室に向かう通路に「ミナカワ」審判が待ち構えており、チョ・ジュンホと抱き合う場面が一瞬、テレビに映りこんでいた。

melto485.jpg

melto486.jpg

「審判」と「選手」がこのような親密な行為を行っているのは問題があるだけでなく、明らかにで癒着があり、冬季オリンピックのときのキムヨナのように審判員に韓国が金銭などのワイロを渡している可能性を示している。
ミナカワはあくまでも自分は「日系人」だと偽っているので韓国人の試合の審判をし、不正なジャッジを繰り返しているのである。

不正をしてメダルを取ることになんの価値もないというのを韓国という国は知らないから、このようなスポーツにおける八百長、審判買収を平気でやるのである。
実力ではなくても「勝った勝った」と喜ぶという馬鹿げた考えは、大統領までもが整形手術をして「見せ掛け」だけに必死にこだわる韓国の「低俗」のすべてを表している。

なぜこのようなことが平気なのか?
それは韓国が建国してまだ70年足らずの遅れた国というだけでなく、文化も歴史もまったく作り上げたことがない国であり、道徳、価値観までも育っていない、犯罪者の集まりに毛が生えた程度の国だからである。

民主党は議員の2/3が韓国人の帰化人によって作られた政党である。
宮崎口蹄疫、大震災、洪水などで日本人の不幸に対してまともに対応しないのは、見て見ぬふり、不作為によってわざと見過ごされていることに気がついて欲しい。
外国では日本の政権が民主党に変わった時にある程度、日本が韓国人によって破壊されることを予想していたのか、「愚かな選択」という報道があったくらいである。

柔道一つをとっても、日本人に対してこのような行為をする韓国人が日本の政権を取っており、そんな異民族にまともな対応を期待するほうがおかしいのである。

見かけがすべての韓流 ──なぜ、大統領までが整形するのか (WAC BUNKO 160)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/08/03 18:06 ] スポーツに関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。