上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

茶番が見抜けない人たち

◆進次郎氏ら自民7人「造反」…内閣不信任案否決
衆院は9日夜の本会議で、新党「国民の生活が第一」など野党6党が社会保障・税一体改革関連法案の成立を阻止するため提出した内閣不信任決議案を民主党などの反対多数で否決した。
衆院本会議での不信任案採決は記名投票で行われ、反対246票、賛成86票だった。民主党では小林興起、小泉俊明両氏が採決直前に離党届を提出した上で賛成し、鳩山元首相ら6人が欠席した。8日の野田首相との党首会談で一体改革関連法案の早期成立を確認した自公両党は、本会議冒頭で長崎原爆犠牲者への黙とうに出席した後に退席したが、自民党の中川秀直元幹事長や小泉進次郎青年局長ら7人は賛成票を投じた。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120809-OYT1T01149.htm?from=navr

不信任案は反対246票(民主党)、賛成86票(野党6党と一部自民)の反対多数で否決されたが、これに自公が賛成したとしても120(自民)+20(公明)が入って226票、結果、反対246票、賛成226票となりどちらにしろ否決されるだけであるが、このことが理解できずに「自民は民主党と組んでいるから内閣不信任案に賛成しなかった」と言っている人がいる。
その大部分はこの理屈をわかっていながら印象操作の一つとして「自公が賛成していたなら解散総選挙だったのに」と嘯いているのだろうが、本当に数で勝てない事実を知らずに「自民党に裏切られた」「自民は解散させなかった」と言っている人、無知な人がいるのもまた事実である。

それだけではなく野党6党や中川秀直と一緒に茶番を演じた小泉進次郎を「さすがだ!」と言う人まで現れて、本当に日本人は馬鹿ばっかりになっている。
自公が賛成して不信任に賛成する数が反対を上回って解散に追い込める可能性があるのに、自公が賛成しなかったというのならば、明らかに自公の裏切りだろうが、しかし、最初から数で負けて否決されることがわかっている不信任案に賛成するパフォーマンスをしてもただの茶番である。

ここまで馬鹿な人が多くなったのかと唖然としたが、普段からマスコミは信用ならないと言いながら、今回もまたマスコミの「自民の裏切り」という印象操作をそのまま信じて、内閣不信任案の意味すらわからず「裏切られた」と言う多くの人を見ていると、次の選挙でもまた同じ選挙詐欺に合うだろう。

なぜ民主党を解散させることができないのか?
それは先の衆議院選挙で300議席近くも民主党議員を当選させてしまった国民がいたからである。
それだけ多く議席を与えたので内閣不信任案を出しても可決されずに「反対する民主党の数の多さ」で否決されるのである。
要は野党をすべてあわせた数よりもはるかに民主党議員の方が多いのが原因。
消費増税反対反対といって数で負けているので解散させることはできないことを知りつつ、野党6党が共同で不信任案を提出して、否決されるだけというパフォーマンスほど馬鹿げたものはない。

もともと野党6党が提出した野田内閣に対する不信任決議案で、共産・社民がはいっている時点でおかしいと思わないといけない。
本当に不信任可決されるほど野党の数が多ければ、この党は提出しなかっただろう。最初から自公が加わっても過半数いかなくて否決されることがわかっているから対選挙に向けてのイメージアップの茶番なのである。

それすら知らずに「自民が賛成しなかったから解散にならなかった」と勘違いしている人たち。
こうやっていちいち不満を口にし、政党のあら捜し、マスコミの嘘を即座に信じて毎回腹を立てる人たち、この手の人たちはたぶん実際に選挙になったら投票に行かない程度の人たちの可能性が高い。
ネットやツイッターで愛国を叫び、マスコミは嘘ばかり言うからテレビを見ないと発言しながらマスコミの嘘にだまされ、やたらと韓国・ちょうせん人を非難しているが、ではどのくらい政治に関心があるのか、たぶん、不平不満を言いたいだけでツイッターをしており、実際選挙になったらどうでもいいやと投票に行かない程度の自称愛国者だろう。

ネットで愛国を叫ぶこともなく、普通にテレビを見て、ちょうせん人が嫌いだという発言もなく、ツイッターでも政治に関するつぶやきもしない人のほうが、日本のことを真剣に考えている可能性があり、間違った解釈もせずばかばかしい茶番を見抜いているのではないか。

では圧倒的に数で上回っている民主党政権を解散させるのはどうしたらいいのか?
それは民主党からもっと多くの議員が離党して与党の数が減るという現象が起こること、または野田総理に解散させるようにもって行く方法しかないだろう。

今の谷垣総裁を見ていると、かつての麻生太郎氏を思い出す。
国民のため、日本のためにがんばっていても「ホテルのバーで1500円の水割りを飲んでいるセレブに政治はできない」と総理が自らのポケットから出したお金で飲んだ水割りのことまで、さもしい発想でマスコミから叩かれ、テレビと一緒になって罵った人も多いはずである。
「麻生元総理にごめんなさいを言わないといけない」と後になって言い出す厚顔無恥な人たち。
そういう人は同じ過ちを繰り返し、愛国者と言いながら、結局左翼と同じことを口にしている自覚すらない。

【送料無料】自由と繁栄の弧 [ 麻生太郎 ]

【送料無料】自由と繁栄の弧 [ 麻生太郎 ]
価格:680円(税込、送料別)


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/08/11 13:10 ] 野田内閣 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。