上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

削られる日本 ロシア北方領土揚陸艦派遣

◆ロシア、北方領土に揚陸艦を派遣
ロシア太平洋艦隊報道官は14日、旧ソ連軍による1945年8~9月の対日参戦を記念し、同艦隊所属の大型揚陸艦「アドミラル・ネベリスコイ」を8月25日から9月17日まで北方領土などに派遣することを明らかにした。インタファクス通信が伝えた。
同報道官によると、派遣は対日参戦時に南樺太(サハリン)や千島列島で死没した旧ソ連軍人の追悼などが目的。
国後、択捉2島のほか、北千島のパラムシル島も訪問するという。(2012/08/15-00:28)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012081500009

◆尖閣上陸で香港船14人逮捕…政府、強制退去へ
15日午後5時半頃、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の魚釣島西側の岩礁に、中国の領有権を主張する香港の民間反日団体「保釣行動委員会」の抗議船「啓豊2号」が接岸、乗っていた男14人中7人が上陸した。
沖縄県警は同5時54分、うち5人を入管難民法違反(不法上陸)容疑で現行犯逮捕。
さらに海上保安庁の巡視船が、戻った2人を乗せた抗議船を挟み込んで捕捉、同8時1分、乗船していた9人を同庁が同法違反(不法入国)容疑で現行犯逮捕した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120815-OYT1T00870.htm

李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島上陸をきっかけに、中国・ロシアも尖閣、北方領土上陸の行動を開始している。
なぜこのような状態に日本は追い込まれているのか、それは民主党という外国からの帰化人が政権をとった状態だからだろう。自民党も竹島問題を放置していたという意見もあるだろうが、北方領土・竹島は外国がすでに実効支配しており、即座に解決は難しいのが現実である。
しかしながら、国防という面から見れば民主党政権になってからは今の日本は弱体化し、意図的に韓国や中国のやりたい放題にさせているのは明らかである。
麻生政権時ではロシアの船が北方領土に近づいてきた時は必ず自衛隊を派遣していたが、民主党になってこうした国防は意図的にないがしろにされている。

簡単に言えば、その民主党政権に300議席近くも与えてしまった日本国民が今の状況を間接的に作り出しているのである。

それだけ「一度民主党にやらせてみるか」という安易な気持ちで政権与党の交替をさせることがどれだけ国を窮地に追い込むことになるのか、選挙など面倒くさいと正しい政党に投票しない行為がどれだけ自分たちの生活に直結してしまうのか、そして取り返しのつかない事態へ追いやられてしまうのか、よくわかる現象である。

今の日本の状況は日本人が作り出しているのである。

なんでも人のせいしてわめき散らかす日本人。
よく左翼が、在日が、日本を悪くしているというが、それも原因の一つであると思うが、深くものを考えることができない、何度も何度も政治家のパフォーマンスとマスコミの印象操作に騙される日本人が日本をダメにしている可能性の方が高いのである。

マスコミの自民党は民主党と裏で組んでいたから内閣不信任案に同意しなかった、小泉進次郎らの行動は「煮え切らない自民党執行部に反抗して男らしい行動を取った」と言ってあっさり茶番に騙される日本人。

先の内閣不信任案は反対246票(民主党)、賛成86票(野党6党と一部自民)の反対多数で否決されたために衆議院解散へとならなかったが、これに仮に自公が賛成したとしても120(自民)+20(公明)が入って226票、結果、反対246票、賛成226票となりどちらにしろ否決されるだけだったことがわからない日本国民。

パフォーマンスして不信任案に賛成することはいくらでもできる。そして否決されるだけで終わるパフォーマンスをして一体何になるだろう。

谷垣総裁らはくだらないパフォーマンスをすることはないだろう。
「民主党を解散させます!」と言い、内閣不信任案に賛成しても数で勝てないことがわかっているのに、したり顔をして賛成票を投じる行為そのものが馬鹿馬鹿しいからだろう。
そういった演技だけで人気を取る行為をするよりも、野田を追い込んで「解散させる」と約束させることが本当の解散につながる可能性が高いのであり、その約束を守るのか守らないのかは野田そのものの人間性にかかっているのである。

簡単にパフォーマンスというが本当の意味は「白々しい茶番を演じてもどうせ日本人は気がつかないだろうから、試しに騙してみるか」、と人を小馬鹿にした行動なのである。

過去にパフォーマンスをしてきた政治家を見れば一目瞭然で、小泉純一郎の郵政民営化、衆議院選挙時の民主党議員らが掲げた選挙で勝つためだけの「嘘のマニフェスト」。
パフォーマンスは李明博を見てもわかるように「ちょうせん人のお家芸」なのである。
何度も何度も騙されて後になって「騙しやがって」と悔しがるが、彼らはその後もまた騙され続けて人のせいにしているのある。

内閣不信任案を何十回提出しようが、可決されなることはない、なぜなら衆議院選挙で300議席近くも日本国民は民主党に議席を与えてしまい、全野党と民主党から離党した議員を足してもなお、民主党の過半数に行かないからである。

◆自民党は「消費増税」に賛成したという愚かな人たち
このようなことを言う人は2009年の衆議院選挙で民主党に投票した人達である可能性が高い。
なぜなら衆議院選挙で自民党は「消費増税をする」という公約を掲げ、民主党は「消費増税は4年間議論すらしない」と言って双方は選挙を戦って、自民党は選挙に負けたのである。
自民党の支持者ならば2009年の衆議院選挙で自民党は「消費増税をする」と言っていたことを知らないはずはないだろう。
それをふまえて自民党を支持し、投票している人間は増税が自民党の政策の一つだと理解した上で支持しているわけで、「どうして自民党は民主党の増税に賛成したのか」とは決して思わない。

自民党は増税に賛成した!というでたらめな理論をを声高に言う人は民主党の「消費増税は4年間議論すらしない」という嘘にだまされて民主党に投票し、その後民主党に騙されたと言い出して、また自民党を支持し、そして自民の政策であった増税について「なぜ反対しないのか」と理不尽なことを言っている左翼以下の日本人であるが、そういう彼らは自分たちが日本を窮地に追い込んでいることには蓋をし、在日や左翼を口汚く叩く行為をしているのである。

今の窮地に追い込まれている日本の状況はこうした頭の悪い勉強不足な日本人が作り出している。批判すればなんとかなる、と勘違いして己の愚行には目を向けない、馬鹿とは本来そうしたものである。

私は日本が好きな保守です、なので日本にいるちょうせん人をとっとと追い返せ、民主党はちょうせん人と中国人をどんどん日本国内に増やしていて不安になる、そのうち日本はチベットのようになる、中国は尖閣に攻めてくる、だからすぐにでも自民党は衆議院を解散させろ、東電が電気料金が上げるのはおかしい、しかし原発は怖いからすぐに止めろ、日本は死の大地になる、活断層の上に原発があるから危ない、放射能がどんどん降り積もっている、オスプレイは必ず墜落する。

要はマスコミと一緒になって麻生氏を叩きながら民主党に投票し、尖閣衝突事故がきっかけで中国が怖い、民主党は何をしているんだ、と自民支持に鞍替えして、自分の境遇の不満から自民党・たちあがれ日本を支持して保守を気取り、自民党になんとかしてもらおうとするして「支持者」だと口にする人。
本来の政党を支持する、政治理念を理解する、政党を応援する、から程遠い人達。
そういう人間はまた何かあればコロコロと気が変わり民主党を支持するだろう。

ちょうせん人は確かに犯罪者に毛が生えた程度の民族であるが、そういう馬鹿な日本人も海外から見れば重度の「狂人国民」だと見られて失笑されていることに気がつくべきである。

◆拝啓マッカーサー元帥様―占領下の日本人の手紙
終戦直後にマッカーサー宛てに「日本を統治してくれてありがとう」といった内容のお礼の手紙が一般人から50万通も届いた話は有名である。
戦争中はアメリカのことを鬼畜と呼んでいた日本人が戦争が終わると天皇や東条英機らのことを罵り、マッカーサーに「よくぞやっつけてくれた」と原爆実験までされたことなどなかったかのように感謝の手紙を書く大勢の人達。
この話を聞いて即座に「アメリカの犬が!」と感じた人は、同じような境遇になればまっさきにマッカーサーに感謝の手紙を書く人間になる可能性がある。

拝啓マッカーサー元帥様―占領下の日本人の手紙 (岩波現代文庫)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/08/16 14:40 ] 領土問題関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。