上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

竹島問題 「中国の罠」にはまった韓国 東南アジア諸国から「結束して対処を」の声相次ぐ

沖縄県・尖閣諸島と、島根県・竹島をめぐる情勢は、南シナ海の領有権を中国と争う東南アジア諸国にとり「対岸の火事」ではなく、国際司法裁判所(ICJ)への日本の提訴の動きなどを注視している。元外交官らは、韓国が
「中国の罠(わな)」にはまっており、東・南シナ海を問わず、中国と領有権を争う関係当事国が、結束し対処することが必要だ、と指摘している。

「韓国は日本との争いを過熱させていることで、中国の罠にはまっている。韓国は中国と、黄海の入り口にある離於島(中国名・蘇岩礁)をめぐり係争していることを想起すべきだ」。こう語るのは、ベトナムの元駐広州(中国)総領事のズオン・ザイン・ジ氏だ。
つまり「中国は今は、韓国との係争を見ぬふりをし、中国とともに韓国を日本との争いに集中させている」という。だが「中国は日本との問題が小康状態になれば、矛先を韓国へ向けるだろう。そのことに韓国も早晩、気づき、日本との関係維持に動く」とみる。

個別の領有権問題は関係当事国以外、介入しがたい。同氏はしかし、「日本とベトナムは中国を相手に似た状況に直面しており、情報の交換、共有など協力すべきだ」と提起する。
フィリピン政府筋も「南シナ海の関係当事国と日本などが結束、協力し中国に対処すれば、中国の海洋覇権拡大を阻止する『鉄拳』になり得る」としている。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120817/kor12081719420008-n1.htm

日本と韓国の仲がこじれれば得をするのは中国なのは確かである。
竹島に李明博(イ・ミョンバク)大統領が上陸すると、それに合わせて中国はロシアや韓国に「力を合わせて日本に対抗しよう」とよびかける動きを行っており、中国は尖閣諸島へ上陸を開始し、ロシアもまた北方領土へ揚陸艦を派遣している。
こういった日本の周辺諸国の行動の元々の原因は鳩山元総理の普天間基地問題でアメリカとの関係をこじらせたことに起因している。
世界の国々は基地問題によって日本とアメリカの中はこじれている、と見ているようである。
日本は軍隊を持たずアメリカという大国との間にある日米安保によって平和が保たれている状態。それだけ基地問題は慎重に扱わなければならない問題であったのだが、鳩山の人を小馬鹿にした「トラストミー」という発言と裏腹な対応に世界中が呆れているのである。

◆中国は領土問題でロシアと韓国の立場を支持し、共同で日本に対処すべき・・・環球時報
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20120811-999335.html

◆ロシア、北方領土に揚陸艦を派遣
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012081500009

ただの一度も本当の独立すらできずに日本からの支援で成り立っている韓国は、今後日本に対して擦り寄ってくるだろうし、日本もまた、韓国からの帰化人が2/3を占める民主党が政権を取っている事から、韓国が中国の罠にはまっていたとしても、それは日本にとっては韓国というお荷物が減ってくれて有難い話なのだが、民主党が譲歩して元の鞘に収まるかもしれない。

韓国という国は以前のように中国の付属品となるか、日本と組むかしか道は残されていないのだが、問題はいまさら日本と組もうとしても、韓国が行ってきた「凄まじいまでの反日教育」が自らの首を絞め国民から大反発を買うだろうし、ただでさえ馬鹿な韓国民は将来の自分たちの行く末よりも「日本憎し」という感情が先立つと考えられる。
もう一つは天皇を侮辱する発言も影響はあるが、大きな問題となるのは李明博が竹島に上陸したことは、ある意味「曖昧で均衡を保っていた領土問題」を話し合いでは「解決不可能」な「深刻な問題」へと決定付けたことであり、日本と韓国の関係修復を実質不可能にしたと考えていいかもしれない。

過去の歴史を見ても中国・朝鮮半島・日本は同じようないざこざが何度もあり、日本に近寄る時期もあるが、結局朝鮮半島は中国の奴隷的な付属品となることを繰り返してきている。
日本も歴史に学んで朝鮮半島とは関わらない方が得策なのである。

◆ネトウヨ呼ばわりされたネット利用者
韓国との関係を早い段階から危険視し、国交をやめるべきだと主張すればするほど「差別主義者だ!」とみられていたネトウヨと言われている人たち。
李明博のおかげでこのネトウヨの判断が正しかったことが明らかになりつつある。
そもそもこうした保守と呼ばれる人間のことを「ネトウヨ」と蔑視する発言をしていたのは、在日ちょうせん人がほとんどなのだが、一部自らが勉強不足だということすら気がつかずに「慰安婦のおばあさんがかわいそう」「日本は侵略戦争をした悪い国」などと口にする表面だけしか見えない無知な日本人も在日に騙されて、ネットで保守を言う人たちを蔑視していた傾向があった。
しかし彼らの主張はある意味正しかったわけである。

また韓国人が慰安婦とはまったく関係ないアメリカに「慰安婦の碑」を立てて「未来永劫日本に恥をかかせてやる」という悪意に対して、日本ではツイッターを利用してホワイトハウスへの嘆願書を提出するための署名運動が行われた。
それを韓国はとても不愉快に感じていたようで関係が冷え込むきっかけとなっている。
その後、在韓大使館の前に立てられた慰安婦の像の隣に「竹島は日本の領土」という杭を立てた日本人の活動家が現れて、これもまた韓国は不快に感じている。

どんどんムキになっていく韓国はその場の空気を読むことすらできずに平和の象徴である五輪の場で「領土問題」をアピールし、合わせて李明博も上陸をするという愚行を働いている。

小さな行動かもしれないが、日本が今まで見て見ぬふりする体質を変えて、異論を感じれば署名運動をしたり、竹島は日本の領土だとアピールする、そうした行動が日本を憎んでいながら日本に依存している韓国を遠ざけることにつながり、日本を憎む韓国を助けるために日本人に貧困生活を強いる流れを止めることができる可能性が出てきている。
実際日本は韓国に70兆円ものお金を貸しており、ピンとこないかもしれないがこの金額は日本の国家予算(税収)2年分にあたる金額であり、実は日本が韓国への支援をやめれば日本人の生活は今よりも楽になるのである。
もちろん韓国は過去を見ても借りたお金を返してきたことはなく、この70兆円も返済はされないだろう。

◆韓国が日本から過去最大の借金に成功
韓国企業による円建て外債(サムライ債)の発行額が4~6月期に1300億円に達し、四半期ベースで過去最高を記録した。ブルームバーグが15日に伝えた。
4~6月期末までは2週間程度が残っているが、産業銀行と韓国輸出入銀行の発行額がすでにこれまでの最高額だった2007年10~12月期の1200億円を上回った。
産業銀行は14日に300億円を、韓国輸出入銀行は5月17日にアジアでは過去最大となる1000億円を発行している。
ソース 聯合ニュース 2012/06/15 16:44 KST
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/06/15/0200000000AJP20120615001700882.HTML

◆韓国、とうとう原油が買えずに日本から買ってもらう
韓国輸出入銀行が、三菱東京UFJ銀行などから2億5000万ドル(約198億円)の融資を受けていたことが18日、分かった。 三菱東京UFJ銀行から2億ドル、五つの地方銀行を含めた12の金融機関から50億円を借り入れた。借り入れ期間は2~3年だ。
同行の東京事務所関係者は、今月15日に日本の金融機関と借り入れ契約を結んだとし、 「資金が不足していたのではなく、金利の安い日本の金融圏の資金を活用するためバンクローンを活用した」と説明した。
2012/06/18 17:06 KST
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/06/18/0200000000AJP20120618002400882.HTML


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/08/19 18:33 ] 韓国に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。