上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

広東の企業幹部が「尖閣諸島は日本領土」、中国版ツイッターで発言、賛同広がる

中国広東省の民間企業幹部が24日、中国版ツイッター「微博」で「1949年から71年まで中国政府は釣魚島(尖閣諸島)を日本の領土と認めていた」と異例の発言をした。
日本領有を示す53年1月の中国共産党機関紙、人民日報の記事や、複数の公式地図など根拠を挙げている。
微博では中国国内からの感情的な反論に加え、「知識のない大衆が中国共産党に踊らされたことが分かった」などと賛同する見方も広がっている。
林氏の資料によると、人民日報は53年1月8日付の紙面に掲載した記事で「琉球群島(沖縄)は台湾の東北に点在し、尖閣諸島や先島諸島、沖縄諸島など7組の島嶼からなる」と表記していた。
中国当局が監修した53年、58年、60年、67年に発行した地図の画像も示したが、その多くが「尖閣群島」「魚釣島」などと表記。日中境界線も明らかに日本領土を示している。

林氏は冷静に証拠を積み重ねた上で「中国政府はこれでも釣魚島はわれわれの領土だといえるのか」と疑問を投げかけた。中国国内からの反応には、「資料をみて(尖閣諸島が)日本領だったことが明白に分かった」「(当局に)タダで使われて反日デモを行う連中には困る」などと、林氏支持の発言が出ている。
一方、25、26の両日も、尖閣諸島の問題を巡る反日デモが、四川省南充や浙江省諸曁、広東省東莞、海南省海口など、地方都市で呼びかけられており、混乱は今後も続きそうだ。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120825/chn12082501150000-n1.htm

日本でも同じようにマスコミに煽られた「知識のない大衆が竹島を中国に取られる!」などとツイッターで騒いでいるのと五十歩百歩である。

◆北方領土
「外交交渉」問題。現在、日露政府間でその返還交渉が続行中。

◆竹島
韓国による日本領土の一方的侵略。日本はやがて武力奪還の可能性を視野に入れている。

◆尖閣諸島
日本にとって何も問題なし。(中国が勝手に騒いでるだけ)

それをマスコミが中国の脅威をことさら煽りたて「尖閣問題」を今よりも進展させた領土問題へと進行させる目的で大袈裟な報道を繰り返しているだけなのである。
この記事を見るともしかしたら中国人の方が日本人よりも先に気がついたのかもしれない。
はっきりと茶番の要素が大きく、竹島や北方領土のように実行支配すらされていない、日本の領土の尖閣にちょこちょこと中国人らがきているだけである。

何度それを繰り返しても中国の領土に成り代わることはないが、それとオスプレイ導入は別問題で中国が攻めてこないからオスプレイはいらない、というわけではないだろう。防衛は必要である。

政治に興味を持ち始めた人の中で「中国が怖いから打倒民主党」「自民党に政権を戻せ」と言っている人がいるが、心の不安の解消を政党に求めても筋違いだろう。
その方たちに言いたいのは普段から「マスゴミは信用できない」と言いつつ、マスコミの煽り報道は即座に信じてしまい、右往左往させられて「不安だ不安だ」と心の安定を失うのではなく、冷静に報道を見ることの方が大切である。

◆戦争開始の手順
中国が日本に対してドンパチやり始めるという人がいるが、今の世の中そんなに簡単にその場の感情で戦争はできない。
まずは中国が日本を攻撃したいのならば国連安保理の決議が必要。
日本領土である尖閣にいちゃもんをつけているのは中国である。それをどのように正当化するのだろうか、ほぼ無理だろう。
決議されなかったらWW2の時代の「旧敵国条項(日本やドイツなどを敵とした)」を盾に日本との開戦に望む必要があるが、その場合、日本の方から先に攻撃した事実が必要である。
日本は武力ではなく話し合いで解決を望むと国際的に公言している国で戦争を放棄している。その日本が先に中国に攻撃をしかけて戦争へと発展させる必要があるわけで現実的ではないだろう。
その敵国条項でさえ、常任理事国らの国によって廃止しようという話もでてきている。

もちろん憲法を改正して国防を固めること、国防軍の必要性はあるが、それと今回の中国との尖閣問題は別問題として考えるべきで、民主党とマスコミが煽るほど中国が国際社会を無視して、日本にいきなり戦争を仕掛けるようなことをするはずがない。

中国が怖い怖いという人ほど日本もチベットのようになる!とチベットを持ち出す。チベットは自治区であり歴史的に中国から独立した経緯がない。なので中国がチベットを攻撃しても他の国が文句を言えば「内政干渉」となるので言えないのである。新疆ウイグル自治区もそうである。だからと言って中国が何をしてもいいというわけではないが、日本人でありながらなぜ経済大国日本を「チベット」や「新疆ウイグル自治区」と一緒するのか?

可能性を考えると、このまま民主党政権が居座り続け、日本にもっと多くの中国人が移民としてやってきて、そのうち大和民族と漢民族で衝突が起きた場合、民主党の手引きで中国が自国民救済の名目で日本に人民解放軍が上陸、そのまま駐屯というシナリオも考えられるけれども、少ない可能性を言い出してもキリがない。

怖い怖いと不安に感じる人たち。申し訳ないがほとんどが勉強不足で、恐怖を煽るものについては盲目的に信用する。
放射能が怖い、オスプレイは必ず落ちる、巨大地震がすぐ起きる、そうした人たちは間違いなく今後日本の足を引っ張り続けるだろう。
そしてそれらのパニックになった人たちを煽るマスコミ・マイクを握って放射能を煽る福島瑞穂らの左翼たちの罪は深い。
マスコミは海外の反日デモは執拗に報道し恐怖を煽るが、日本人が勇気を持ち、団結するような国内のデモについては一切の報道をしないのである。



にほんブログ村 政治ブログへ


[ 2012/08/26 14:11 ] 領土問題関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。