上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本人を騙す政党 次期民主党マニフェスト案 「児童手当てを5割増しにします」 

次の総選挙に向けた民主党マニフェストの素案の骨格がテレビ東京の取材で判明しました。関係者によると、素案では子ども手当に代わる新たな児童手当の給付額を5割増とすることや、大阪維新の会の動きを考慮して、道州制の推進などを掲げました。
ただ、野田総理大臣が政治生命をかけるとした消費税の増税については、直接的に言及しませんでした。
さらに、TPP=環太平洋経済連携協定についても、「適切に取り組む」といった表現にとどめています。
一方で政権交代の実績として2009年度以降の3年間で、9.7兆円の政策財源を捻出したとアピールしています。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/news/post_26441/

前回の衆議院選挙でも「票」欲しさのばら撒きで実現不可能なマニフェストを掲げて国民を騙し、マスコミと結託して不正にメディアを使って自民党を叩いた民主党。
結局、おいしい話を並べただけでほとんどのマニフェストが実現できずに終わり、多くの人たちが騙される結果となった。
また次も騙される人たちが出てくるのだろうか?

民主党の嘘
◆4間でマニフェストを実行する → 嘘 ほとんどのマニフェストを実行できないまま。そしてマニフェストにない在日韓国人への選挙権を付与、日本国籍を与える重国籍法などを検討中。

◆子供手当てを出します → 嘘 廃止へ。廃止前は日本人の子供だけでなく、外国人の子供にも手当てが支給されるという不手際も発覚。

◆埋蔵金を発掘します → 嘘 埋蔵金があるので民主党が政権をとれば景気が回復すると川内民主党議員はTVタックルなどで豪語。専門家から否定されると「賭けましょうよ!」などと激高する場面も。
http://blog-imgs-31-origin.fc2.com/c/a/h/cahotjapan/melto124.jpg

melto494.jpg

その後のTVタックル
三宅
「川内さんね。あんた野党時代に、特別会計の埋蔵金で16兆円を捻出して、増税なしで再建できると言ったな」
民主川内
「私じゃない。民主党全員で言ったんだ」
http://shinjihi.tumblr.com/post/20528925667/tv

melto424.jpg

◆自民党は無駄が多いと公共事業9.1兆円のムダを削減を豪語 → 嘘 実際に自民党には無駄がなく、削減は0.6兆円だけしかできていない。

◆天下りは許さない → 嘘 1年間で天下り4240人

◆企業・団体献金禁止 → 嘘 3年間は容認

◆公務員の人件費2割削減 → 嘘 地方公務員のほとんどが民主党に入れているのは「民主党に入れれば人件費削減されない」という通達が出ているからであると言われている。一方で日本人しかなれない国家公務員の人件費は削減している。
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1880.html 

国家公務員→日本人しかなれない
地方公務員→在日外国人でもなりうる

国家公務員→日本国の中枢に関わる高度な仕事 (自衛隊など)
地方公務員→一日中パソコンの前でのんびり

国家公務員→全国に45万人
地方公務員→全国に360万人

国家公務員→平均年収590万円
地方公務員→平均年収770万円

国家公務員→残業の嵐
地方公務員→定時帰宅

また地方公務員には教員(日教組)があるために、票が欲しい民主党は絶対に人件費削減をしないのである。

◆増税はしません → 嘘 扶養控除、配偶者控除の廃止、タバコ税と酒税を増税、相続税と内部留保課税、所得税の増税も検討、環境税導入も検討。
消費増税に関しては「民主党が政権をとれば4年間議論すらしません」と大嘘を。

◆暫定税率を廃止します → 嘘 維持 

◆赤字国債を抑制します → 嘘 過去最大の赤字国債 

◆クリーンな政治をします → 嘘 違法献金と脱税 現職議員逮捕、議員辞職も離党もせず

◆沖縄基地は最低でも県外に移設→ 嘘 県外移設断念

◆内需拡大して景気回復をします → 嘘 経済についてチンプンカンプンな人たちばかりで何もできていない。 

◆コンクリートから人へ→ 嘘 道路整備事業費が608億円増。また中国人・韓国人の雇用促進に力を入れコンクリートからちょうせん人・シナ人へとなっている。 

◆高速道路は無料化します→ 嘘 まったくの大嘘。票が欲しいだけでいいことばかりを言い連ね、そしてだまされる日本人が続出。 

◆ガソリン税廃止 → 嘘 ガソリン値下げ隊までわざわざ作ってパフォーマンス、どうなったのかを聞かれて「そうでしたっけ?フフフ」と誤魔化す。

◆消えた年金記録を徹底調査→ 嘘 「年金記録を回復する必要性は薄れた」(長妻)

◆医療機関を充実します→ 嘘 外国医師の診療を可能にする制度改正を検討。

日本人を殺すと言った和歌山在住の在日医師
日本人の患者を血祭りに上げませんか?とネットで呼びかけた在日ちょうせん人の医師。
http://ameblo.jp/usausa2000/entry-10713205958.html

◆農家の戸別保障→ 嘘 政府米買入れ廃止で米価暴落、農家悲鳴

◆最低時給1000円→ 嘘 大幅先送り

◆消費税は4年間議論すらしない→ 嘘 「消費税は22%にすべきだ」

◆年金を事務費に流用しない→ 嘘 2010年度に2000億円流用


朝日新聞と民主党がどれだけ国民を騙したか?
週刊朝日2009年9月18日号 国民の暮らしがこんなに変る 民主党政権1年後のニッポン大予測

▼政権交代の経済効果は2兆円超で日経平均株価1万3千円突破
▼大企業の下請け「いじめ」が激減し、所得は底上げ
▼公共事業のムダ撲滅で仕事のないゼネコンは海外へ脱出
▼選挙権年齢の引き下げとインターネット選挙でゲーマー議員が誕生
▼「国民総背番号制」で年金未払いや脱税は激減
▼不妊治療に保険適用、子ども手当で「平成団塊ベビー」が日本を救う!?ほか

melto516.jpg

◆民主・岡田幹事長が衝撃の裏切り発言「政権公約を100%できるはずがない」と発言
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-271.html

◆民主党・細野豪志氏 「マニフェスト破りは違法ではない」
サンデープロジェクトに出演した細野豪志は、「法律に書かれていない民主党のマニフェストは自ら破っても、違法ではない!」と発言。

田原総一郎
「マニフェストで公共事業をやっている団体から一切献金を受けないと、民主党は決めていますねえ?」

細野豪志
「法律をとおすことによってそういう制度を作りたい、というふうに我々は思っています。それは紛れもない事実です。法律(法案)出しているわけですから。その問題と実際に・・・」

田原総一郎
「マニフェストに書いてある!」

細野豪志
「ええ、法律をとおしてやる、ということですね。それについては書いてある」

田原総一郎
「あっ、じゃあ、「法律をとおしてないから(企業献金を)受け取ってもいい」と言っているわけね?」

細野豪志
「少なくとも、そういうものチェックする仕組みを党内で作ってなかったということは事実です。違法ではないんですね。」


◆民主党のばら撒き政策は「票」が欲しいだけ
ほとんどのマニフェストが嘘だったことが一目瞭然、しかも堂々と「マニフェスト破りは違法ではない」「そもそも実現できるはずがない」などと発言する民主党議員。
国民との約束はなんだったのだろうか?最初から守る気がなかったことを知らずに、民主党を信じてしまった人たち。
またおいしいマニフェストの話がでれば信じる人も少なからずいるだろう。

お金をばら撒くというのは、自分が一時的に得をするかもしれないが、確実に未来の子供たちへ、そのツケが回り、借金を残すことになる。
要はばら撒きというのは日本を良くするための解決策ではなく「票」が欲しくて「飴」をぶら下げて政権を取るための手段、根本的にはまったく意味がないもの、政策とすら呼べないものである。

消費増税一つをとっても民主党の「最低保障年金の全額消費税化」は聞こえはいいかもしれないが、増税の活用がその場しのぎであり、結局、日本の景気が後退すれば「最低保障年金の全額消費税化」は不可能になってくる。
今の日本は韓国人の帰化人が2/3を閉める民主党議員、政治や経済についてまったくの素人集団が、ああでもないこうでもないと日本の経済や政治をおもちゃにしている状態。


◆自民党の国土強靭化基本法案は「有効需要と雇用の創出を図るもの」
こういた政策を打ち出せるのは日本には自民党しかいないのである。
マスコミの偏向報道で世襲が悪いと思い込まされて、自民党はだめだと洗脳されてしまっている人も多いが、自民党議員は民主党のようなまったくの素人と違い、若いころから政治家を目指して「先輩の政治家」について回って政治や経済を勉強し、例えば防衛大臣になるにしても、民主党のように右も左もわからない人が突然大臣になるのではなく、先輩政治家から学び、政治家に勉強会などで実績を積み上げて「副防衛大臣」、「防衛大臣」と段階を踏んでその地位についている人がほとんどである。

何かを作るにはそういう実績や積み重ねがないとできるものではないだろう。
「国土強靭化基本法案」は不況の根本になっている原因を解決し、日本の有効需要と雇用の創出を生み出すために考えられた法案である。

◆国土強靭化基本法案
実質3%、名目4%の成長を巡航速度とするため、今後5年間で集中改革を行うとし、円高・デフレから脱却するために政府・日銀で2%程度の 物価目標を協定として締結。日銀による外債購入など、日銀法改正を視野に大胆な金融緩和措置を講じることなどを盛り込んでいる。
さらに、日米欧中を中心として国際マクロ政策協調(平成のルーブル合意)の合意形成に取り組むとした。
日本経済再生プランではまた、財政健全化に向け5年を一期とする財政健全化中期計画を策定、国土強じん化計画の実施による有効需要と雇用の創出を図るとしている。
さらに、今後5年を集中改革期間とし、「日本経済再生・競争力強化基本法」を制定。「総合科学技術会議」を「産業競争力会議」に再構築し、省庁縦割り を打破するため、科学技術に関する司令塔機能をすべて内閣府に移管する。将来の市場拡大が期待される重点分野について国家戦略を策定するとともに、
長引く需給ギャップ解消のため、供給サイドの統合・再編を進めるべく、再編の場合の投資減税などを行う。
http://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2012/08/81368.php

◆自民党発表 国土強靭化基本法案
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/117114.html

今までマスコミと民主党がやってきたことを考えれば、本当に日本が立ち直ること、中国や朝鮮半島が脅威に感じることについてはマスコミはマイナスの報道をすることはもうすでに証明済みである。
民主党の政権交代を上に書いたような馬鹿げた応援をした朝日新聞が、日本の再生を邪魔しないわけはない。

「マスコミは偏向報道ばかりする」と日ごろマスコミの批判をしている人間の中には、自民党を偏向報道をすぐ鵜呑みにして「自民党はだめだ」とマスコミを信じて思い込む人が大勢いるのも確かだ。

「票」欲しさからばら撒き政策を馬鹿のようにやる民主党と、日本を再生するための法案を打ち出す自民党、どちらが日本のためになるかは一目瞭然。

選挙権を持った人間を意識する政策をその場しのぎでする政党よりも、次世代・未来を見つめて日本の再生を目指す政党こそ日本の政党である。
有権者は賢くなるべきで、本当に日本はこのままだと終わってしまうかもしれない。

◆自民党と民主党の比較 どこの政党が政権を取っても同じだと洗脳されている日本人
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1934.html

2009年の麻生総理の予言
◆一度やって失敗したら、政権を変えてやり直せば良い」と皆さん思うでしょう。
しかし、財源を使い果たして失敗した後に政権が変わっても、財源を使い果たしてもうないのですから、元には戻せません。無い袖はふれないのですから。
民主党の前身である細川政権のことを言う人がいるかもしれませんが、細川政権は間違った改革、悪の改革をする前に、政権が内部でまとまらずに勝手に自ら倒れました。
つまり、財源を使い果たす前だったのです。だから、自民党政権に戻って、まだなんとかすることができたのです。
しかし、今回もし政権が変わってしまえぱ、財源を使い果たしてしまいます。民主党は細川政権で一度、 自ら勝手に政権が倒れているので、今度は倒れる前に一気に悪の改革を進めてしまうでしょう。
ですから、一度やって失敗したら政権を変えれば良いは、もう通用しないのです。

◆これから先の事は考え過ぎかもしれませんが…。
国が疲弊すれば、当然、企業も疲弊します。「いくらなんでも、民主党はそんなことはしないだろ」と皆さん思うでしょう。
しかし、民主党にはある目的があるのかもしれません。それは「中国韓国とのアジア共通通貨の実現と、アジア経済圏」の実現です。
そのためには、日本国と企業には疲弊し弱ってもらわないと困るのかもしれません。そのための手段が、「最低保障年金の全額消費税化」なのかもしれません。
日本国はこうして内部から腐っていくのでしょうか。
アジア経済圏になれば、日本に工場などを置いておく必要が無くなります。中国や韓国に工場が作られ、当然、現地の人が採用されます、 そうなればその分、日本の工場、つまり皆さんの子供や孫の雇用が失われるのです。
つまり、民主党が守ろうとしているのは、結果的かもしれませんが、日本人の雇用ではなく、中国人韓国人の雇用なのです。
「最低保障年金の全額消費税化」の裏には、こうした隠れた恐ろしい目的があるのかもしれません。
民主党は「日本に革命を起こす」と盛んに言っています。改革ではなく、革命です。
確かに、日本をわざと疲弊させ、中国韓国と経済圏を統一させ、日本人ではなく中国人韓国人の雇用を守るのは、革命かもしれません。


にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ


[ 2012/09/05 17:51 ] 民主党政権の闇 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。