上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

内乱に発展か 反日デモで薄煕来支持勢力の私服警察・私服軍人が組織を作り煽動

反日デモにちらつく「仕掛人」の存在だ。西安市のデモで日本車を破壊するグループの中心メンバーは警官であることがネットユーザーに特定されており、さらに山東省威海市でも公安局長がデモのリーダー役を担っていたとの情報がネット上に流出している。また、私服軍人集団の参加もユーザーによって暴かれている。
フランス国営放送(RFI)は上海と広州のデモ参加者の目撃証言として、両都市とも若者グループの組織的参加とみられる行為があったと伝えている。
(中略)
今回の反日デモが暴力行為に発展したのは、中央政法(司法・公安)委員会や中央宣伝部を中心とする薄煕来支持勢力が裏で仕掛けたことが原因。
http://www.epochtimes.jp/jp/2012/09/html/d42160.html

中国の報道はひとつのメディアだけで判断することはできない。いろんなメディアがバラバラの内容で報道することが多いが、今回の反日デモには明らかに「私服警官」「人民解放軍」が関わって煽動しているのは確かなようだ。
重慶の薄煕来と江沢民派閥が関わっている可能性は高い。

◆反日デモで私服警察が組織し暴徒化煽る様子がネット民に見破られる
http://www.epochtimes.jp/jp/2012/09/html/d89533.html

重慶の薄煕来は同じ江沢民派でありながら習近平や賀国強によって、敵である胡錦涛派に売るようなまねをされて失脚したが、彼についている人民解放軍や警察シンパは多い。
習近平暗殺未遂事件も彼のシンパが企てたという報道があるが、一方では何もかもわざと薄煕来のせいにしている可能性もなくはない。
共産党政権が転覆したら人民軍独裁政権が誕生するのだろうか?

そもそも人民解放軍は共産党政府に忠実ではなく、各地域にある軍閥組織に政府が「人民解放軍」の名前を与えている場合が多く、今年の3月にクーデターらしきものが天安門であったときも薄煕来の軍閥が動いたと言われている。

◆3月の北京クーデターの一部始終を暴露=香港誌
重慶市元トップ薄煕来氏の解任に絡み、3月にミニブログを中心に「北京で銃声が聞こえた」、「北京でクーデターが起きた」とのうわさが広まった。当時、当局は「デマの流布」で6人を逮捕し、クーデター説を一蹴した。しかしこの度の香港紙の記事で、当時、確かにクーデター寸前まで軍と政法(司法、公安)委員会との間は緊迫していたことが暴露された。
http://www.epochtimes.jp/jp/2012/07/html/d45258.html

このような環境の中で共産党が倒れ、軍事政権誕生なんていうことになるとますます日本は窮地に追い込まれるだろう。国防軍、核武装をうだうだと議論している余地はなくなってくる。


◆地獄から這い上がる薄熙来、中国の都市化を先取りしていた政治家
現在、失脚している薄熙来であるが、彼の人脈、集まる人望は絶大なようである。
彼は上海閥・太子党に属し重慶で粛清政治を行い、法輪功学習者を弾圧して殺害し臓器売買で莫大な富を掴むもやりすぎて失脚させられたが、このまま終わるとは考えにくい。
http://www.21ccs.jp/china_watching/BeijingNowB_EBARA/Beijing_nowB_31.html

この上海閥は日本にとっ最大の敵になり、反日色の強い組織である。あまり信じられないことであるが、現政権の胡錦濤主席、温家宝首相は中国では親日派となっている。
上海閥は中国が転覆するとしたらそれは「カルト宗教だ」と法輪功学習者にカルトのレッテルを張り、生きたまま臓器を取り出して売買。国内から法輪功学習者をなくそうと粛清を続けている。
http://www.epochtimes.jp/jp/2006/03/html/d89815.html

◆反日デモが変貌、打倒共産党の声も
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18903862


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/09/18 17:20 ] 中国に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。