上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロシア 「日中開戦すれば、中国は1~2週間で全面敗北する」

2012年9月19日、日本と中国が尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐって大規模な軍事衝突となった場合、中国空軍は米国の全面介入により大損害を被ることになると、ロシアのニュースサイト「ブズグリャド」が複数の専門家の意見として報じている。20日付で新華社通信(電子版)が伝えた。以下はその概要。
日中の海軍力について、中国はある程度の脅威を日本に与えられる潜水艦を所有してはいるものの、海上自衛隊は一貫して対潜能力の向上に力を入れており、米軍事専門家が「米国より優れている」と評価するほど。中国の海軍力は数・質・経験・戦術のいずれをとっても、日本にはかなわない。

日中が開戦すれば、中国空軍は尖閣諸島(釣魚島)を奪い取るために戦闘機400~500機、ディーゼル・エレクトリック潜水艦を少なくとも20隻、原子力潜水艦を1~3隻送り込むことになると予想される。

だが、別の専門家は「日本は兵器の質も個人の戦闘能力も中国より高い」と指摘する。これらの意見を総合すると、日中の戦闘能力に大差はないともいえるが、日本にはなんといっても盟友・米国という力強い存在が控えている。米軍が参戦すれば、中国は1~2週間で重大な損害を被ることになるだろう。中国対日米という図式になれば、中国に勝ち目はない。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=64856&type=

そもそも中国は日本に対して突然爆撃を開始するといった軍事攻撃をすることはないと以前のブログにも書いた。
戦争を始めるとするならば国際社会のルールがあり、覇権主義の中国と言えども、国連安保理の乗船理事国でありながら、すべてを無視して日本に対して戦争を仕掛けてくるほど馬鹿ではないが、マスコミや日本人になりすました者によって「戦争が始まる」と煽り立てられているだけである。

そうして中国に対して脅威を感じるように印象操作し、プロ市民にお金を渡して漁船を尖閣へ仕向ける、国内で反日デモや略奪をする、その行為によって日本が恐れをなして、または平和のためにという名目で「もう尖閣は中国にあげてもいいのでは」という風潮を作り出そうと必死に脅しているだけである。

韓国もまた似たようなもので騒ぐだけ騒ぎ、国内の在日らに乗っ取られたマスコミが日本人の不安を煽って、ただゴミのような国である「韓国」に対して脅威を少しでも抱かせようと印象操作している。
アメリカ自身も日韓関係のいざこざに関してはたいした興味もないだろう。

日本と韓国の戦力差
◆対潜哨戒機P3C 航空爆雷装備済み

世界1位 米国(200機) 
世界2位 日本(105機) ダントツで世界2位


韓国(8機) これでもアジアでは上位


◆空軍
日本 F15J 202機
重量が軽く、旋回性能が良い。搭載ミサイルの質が良い。各機同士、各拠点でデータリンクが取れる。


韓国 F15K  60機
重量が重く、旋回性能が悪い。搭載ミサイルの質が悪い。データリンクは本国の中央防空統制所とイージス艦しか取れない。


◆海上自衛隊
ヘリ空母 日向
http://www.youtube.com/watch?v=IJXhm421tqI

Japanese Navy 2012
http://www.youtube.com/watch?v=8XO1hpQPoqI

海上自衛隊は、米国に次ぐ世界第二の海軍力を誇る。
自民党時代にしっかりとやってきた国防がここまで日本の軍事力を作り上げているが、日本の自衛隊、日米関係に必死に摩擦を入れて日本の弱体化を図っているのが民主党、社民党などの左翼である。
民主党の2/3は韓国からの帰化人であり、社民党も似たようなもの。

彼らは中核派などの過激派と裏で手を握り、日本にはオスプレイはいらない、平和のために武装をやめようと奇麗事を言い続けて日本の弱体化を目論んでいる。
また、こうした左翼にしっかり不安を煽られて一部の日本人が騙され日本の足を引っ張っている。
一度騙されて不安を煽られた人たちはオスプレイ反対にとどまらず、次から次へと日本の新しい試みにケチをつけていくだろう。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ



[ 2012/09/22 18:48 ] 中国に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。