上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

安倍氏が自民新総裁に 決選投票で石破氏を逆転 民主党、安倍さんでよかった

決選投票となった自民党総裁選は26日午後、国会議員による第2回投票が行われ、第1回投票で2位だった安倍晋三元首相が1位だった石破茂前政調会長を逆転、第25代の新総裁に選出された。
総裁選史上、決選投票で逆転劇が起きたのは、岸信介、石橋湛山、石井光次郎の3氏が出馬した1956年12月以来。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120926-00000783-yom-pol

melto535.jpg
ほっとした表情の谷垣前総裁。誰に投票したのかは秘密だそうだ。


◆マスコミの石破氏押しは自民派分裂の狙い
石破氏が総裁になればなったで叩いたであろうマスコミ。それをいかにも自分たちは石破氏の味方といわんばかりの報道をし「安倍落とし」そして結果的に石破氏が総裁になれば保守分裂という目論見まで見え隠れした石破氏上げの報道、この中ではマシみたいな方向へ誘導。
マスコミはわざと石破氏を持ち上げて、その結果、石破氏は安倍支持派の反発を買い、石破氏総裁当選すれば「自民党総裁が石破はとんでもない」という風潮を作りたかっただけである。
もし、石破氏が当選していたならば、多くのネトウヨと言われても仕方のない層が自民叩きを一斉に始めていただろう。

◆民主党 自民党新総裁に安倍氏 歓迎する声が相次ぐ
石破氏については、地方票で見えたように、国民の人気が比較的高いというところで、民主党議員は「石破さんだったら、キモカワキャラで人気が出るんじゃないか」、「石破さんになったらまずい」というふうに述べていたが、今回、安倍氏になったことで、安倍氏は前回、首相を辞めた際の政権運営のまずさや、首相を辞任した時のイメージが国民に残っていることもあり、民主党議員は「しばらくやっていれば、ぼろが出るのではないか」、「安倍さんを総理にするなら、自民党は何も変わっていないということになる」というふうにとらえており、総選挙に向けて、くみしやすしというふうにみている。
しかし、国会運営をめぐっては、安倍氏は強硬に解散・総選挙を迫ってくるだろうとみており、こちらでは国会対策上、苦心するのではないかという声が多く出ている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00232296.html

確かに選挙に強いのは石破氏である。
前の日記にも書いたが石破氏が総裁なら総裁で選挙を有利に戦うことができるが、安倍氏となればマスコミのバッシングが半端ないだろうから、やや選挙が厳しくなってくる。

要は安倍氏が総裁になったからには「マスコミの不正な報道」をなんとかして阻止し、日本では大多数を占める保守でもなんでもない層が、安倍氏叩きを鵜呑みにしてしまわないようになんとかネット活動によってマスコミの不正を許さない風潮を作らないといけない。

自民はマスメディアが在日に乗っ取られて不正な報道を繰り返すので、ニコニコ動画などを使い本当の自民党の姿を描き出している。この流れをなんとか大きくしたい。
かつて麻生元首相は「ネット世代が育てば日本は変わる!」と発言していたがその通りになるかもしれない。

◆メディアを批判する勇敢な人々、出入り禁止になった人々。過去にメディアの麻生氏、安倍氏の不当なバッシング・中国を批判してテレビに出演できなくなった人たちがいる。マスコミの不正を許してはならない。
http://www.youtube.com/watch?v=JYyobDHk-JM

◆TBS名言集
投票前
「石破さんが過半数を取る可能性が高い」
開票後
「石原さんの票が石破さんに流れると思う」
決選投票中
「野田さんは『石破さんがいい』と言っていた」
決選投票後
「うわぁ~・・・」
当選演説後
「なんで谷垣さんが辞めなきゃいけなかったんでしょうか?」

【送料無料】マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか補訂版 [ 日隅一雄 ]

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/09/26 17:05 ] 自民党関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。