上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

売国内閣誕生 野田第3次改造内閣

政府は、2日の閣議で、野田第3次改造内閣の発足に伴って、民主党から25人の副大臣の人事を決定しました。

副大臣に決まったのは、復興副大臣に、黄川田徹氏、参議院議員の今野東氏。
内閣府副大臣に、参議院議員の白眞勲氏、参議院議員の藤本祐司氏、参議院議員の前川清成氏。
総務副大臣に、大島敦氏(留任)、参議院議員の藤末健三氏。
法務副大臣に、山花郁夫氏。
外務副大臣に、吉良州司氏、参議院議員の榛葉賀津也氏。
財務副大臣に、武正公一氏、参議院議員の大久保勉氏。
文部科学副大臣に、松本大輔氏、笠浩史氏。
厚生労働副大臣に、西村智奈美氏(留任)、参議院議員の櫻井充氏。
農林水産副大臣に、佐々木隆博氏(留任)、吉田公一氏。
経済産業副大臣に、近藤洋介氏、松宮勲氏。
国土交通副大臣に、長安豊氏、伴野豊氏。
環境副大臣に、生方幸夫氏、園田康博氏。
環境副大臣は、原子力規制委員会の設置に伴い、1人から2人に増えました。
防衛副大臣に、長島昭久氏。
以上の25人となっています。
このうち、3人が留任し、22人が新たに起用されました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121002/k10015456801000.html

どうせ長くて後1年ということで、みんなに大臣の経験をさせてあげようとする野田総理の思惑が見て取れる内閣である。これ以上の「お友達朝鮮内閣」は今までなかっただろう。

注目すべきは朝鮮日報元日本支社長だった韓国帰化人である白眞勲だろう。数多くいる選挙に合わせて帰化した民主党議員の一人である。
この白眞勲はまさか選挙で当選することはないだろうと言われていたが、立正佼成会の組織票で当選。
ただの韓国人ではなく朝鮮日報で反日捏造記事書きまくっていた人物である。
韓国のために日本で政治をすると民潭や祖国に忠誠を近い帰化した朝鮮人が与党議員、民主党という政党がどんな政党なのかよくわかる一例。

◆あちこちで悪口をいうのが身上
この人物はサハリンに行っては日本人の悪口を言い、ソウルに行っては「ソウルを見ると街は完全でも、一歩裏路地に入れば乞食が右往左往して汚らしい。人々も荒っぽい。」と心のふるさとをこき下ろす。日本に帰化して日本の議員でありながら日本の悪口をいうのは言語道断である。

◆石原都知事・与謝野氏が民主党の鈴木文科副大臣ら白真勲陣営に激怒
都内で行われたたちあがれ日本の参院選第一声の際、“応援団長”として演説をしていた石原慎太郎・東京都知事が激怒する場面があった。
演説中に近くで民主党比例代表候補の白真勲氏に対する「白真勲コール」を聞かされたためだ。新宿駅西口の小田急百貨店前で24日午前11時すぎ、たちあがれが演説を開始した。ところが、与謝野馨共同代表の演説中に、100メートルも離れていない京王百貨店前に白真勲氏の宣伝カーが止まり、鈴木寛文部科学副大臣らが演説を始めた。与謝野氏は演説を終えると、すぐさま白氏の宣伝カーに直行、「公党間の約束で決めた場所に勝手に入ってくるな」と白陣営に抗議した。
鈴木氏らは一時演説を中断させたが「公道でやるのだから自由だ」と拒否し、結局演説を強行した。与謝野氏はその後、怒りを抑えきれないまま、記者団らに「政治生活でこんな選挙妨をされたのは初めてだ。これこそ民主党の姿だ」。小田急百貨店前では共産党、たちあがれ、公明党の順で街頭演説をすることになっていた。
http://megalodon.jp/2010-0624-1447-20/sankei.jp.msn.com/politics/election/100624/elc1006241438032-n1.htm

民主党議員が与謝野氏の胸ぐらを掴む行為、行き過ぎる白眞勲の選挙演説妨害と嫌がらせ。
与謝野氏や石原都知事が選挙演説をしているところへわざわざ乗り込み、そのすぐ傍で宣伝カーでの「白眞勲コール」。やり方がいかにもちょうせん人らしい。

◆選挙妨害する民主党 白眞勲 (백진훈)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=HSj83y8DkWY

◆【たちあがれ日本VS民主 白真勲@新宿西口】
http://www.youtube.com/watch?v=APlyq__le7I

melto61.jpg
日本のお地蔵さんを馬鹿にして選挙ポスターを貼る白眞勲陣営


◆外国人参政権の実現に暗躍する白眞勲 韓国民潭との繋がり
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/903.html

◆韓国系の白真勲氏が民団の公式支持を受け、参院選で再選 ~「在日同胞の地方参政権にも積極的」と伝える韓国メディア
http://unkar.org/r/news4plus/1279066013/


◆白真勲が帰化した(2003年1月)後に述べたこと
「我々韓国人は『東海』を『日本海』とは呼べない」(2003年、朝鮮日報)

「我々韓国国民にとって、(石原人気は)不思議な現象にしか見えない」(2003.11.2 TBS サンデージャポン)

「在日に勇気と希望、元気を与えたい。在日も韓国系日本人も結集し、みんなの力で地方参政権を獲得しよう」(民団新聞 2004.7.14.)

「日本で外国人参政権が実現しない理由は日本の一部にある偏狭なナショナリズム」(民団国会議員アンケート)

「韓国は心の中にいつもある国」(2007 聯合ニュースより)

◆白眞勲 自分の娘を芸能界デビューさせる
宮崎麗香(みやざきれいか)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E9%BA%97%E9%A6%99

今回、白眞勲を引っ張り出し、野田氏がこういった人事をしたのは「人権擁護関連の法案」と「外国人参政権」導入を臨時国会で成立の方向へ進ませる可能性が高い。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/10/02 19:31 ] 野田内閣 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。