上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

石原都知事、辞任して新党結成 たちあがれ日本は解党して合流

◆石原都知事、辞任へ 新党結成、衆院選立候補を検討
東京都の石原慎太郎知事(80)は、新党を結成し、近く都知事を辞任する意向を固めた。25日午後、都庁での会見で表明する見通し。自ら党首に就任し、次期衆院選への立候補を検討する。都知事選は、知事の退職の申し出から50日以内に行われる。
http://www.asahi.com/politics/update2/1025/TKY201210250235.html

◆たちあがれ日本、30日に解党と「石原新党」合流決定へ
たちあがれ日本は25日、石原慎太郎東京都知事が新党結成の意向を固めたことを受けて、30日に国会内で開く拡大支部長会議でたちあがれの解党と「石原新党」への合流を機関決定する方針を決めた。同党幹部が明らかにした。幹部は、新党の正式結成は拡大支部長会議の後になるとの見通しも示した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121025/stt12102511450002-n1.htm

平沼議員は総理候補とも言われていた時期があった人。
もちろん、今でもその器は兼ね備えている方ではある。石原都知事はすっぱりと辞任し新党へ全力を向ける構え、そしてたちあがれ日本はそちらへ合流することになった。

自民党     安倍総裁
石原新党    石原慎太郎・平沼赳夫
日本維新の会  橋下徹 

橋下氏の「日本維新の会」を保守政党だと思っている方が多いようだが、それは初期のころに学校に「君が代・日の丸」を定着させようとしていたので、今でも橋下氏に淡い幻想を抱いて「日本を守ってくれる保守」だと勘違いしているだけである。
彼はまず言うことが二転三転しており、領土問題である「竹島」は韓国と共同管理すればいい、そして日本の領土を脅かそうとしている「尖閣」における中国に対しては共同開発すればよい、などとその場しのぎの発言、必要に応じて韓国や中国の顔色を伺う発言をしており、一貫性がない人物である。
維新の公約の中に、原発「ゼロ」を掲げながら「輸出」を伸ばすなどという相反する公約を作成し、政策に矛盾抱えることになっているが、所詮その程度しかわかっていない人物である。

しかし口がたつために「必要以上」に自分を大きくみせることがうまい。そして騙される人たちの大半が「橋下さんは何か大きなことをしてくれそう」「この人に期待してみたい」「一度この人にやらせてみたい」などと、橋下氏の本質や維新八作という矛盾だらけのマニフェストに目を通すこともなく、やみくもに期待しているだけである。
この現象は2009年の衆議院選挙における民主党への根拠のない期待と同じものである。
TVタックルなどが維新や維新のスポンサーから金が流れているせいで必要以上に持ち上げるので、「よくわからないけど橋下さんは凄いんだな」と騙される人が出てきているだけである。


◆問題は都知事の後釜

2011年4月の都知事選

石原慎太郎 78 無所属 現 2,615,120票 43.40% 都議会自民、公明 推薦
東国原英夫 53 無所属 新 1,690,669票 28.06% なし
渡邉美樹 51 無所属 新 1,013,132票 16.81% 都議会民主 推薦
小池晃 50 無所属 新 623,913票 10.35% 共産 推薦
ドクター・中松 82 無所属 新 48,672票 0.81% なし

サイコパス・渡邉美樹氏でさえ、1,013,132票獲得。
よく民主は終わった、次の選挙ではボロ負けすると、自分の脳内と世間の違いがわからない「ネトウヨ」といわれても仕方のない人たちが多いが、いくら日本の保守から民主が憎悪されようが、多くの支持者がいることは間違いない。2011年4月でさえ、まだこんなに票が入るのである。
猪瀬氏がでてくるのかどうかわからないが、石原都知事の2,615,120票がどこへ流れのか。

しかし、この結果をみていると都知事を除くとその中で一番票集めたのが「たけし軍団のそのまんま東」など東京は本当に終わっていると感じてしまう。
私たちが知っている「蓮舫」はとんでもない馬鹿で仕事のできない議員であるが、登場の仕方ではまた東京の有権者から多くの票を獲得する可能性もある。

◆民主党推薦 ワタミ会長の渡邉美樹氏「社員に飛び降りろ」
たとえばビルの8階とか9階で会議をしているとき、「いますぐ、ここから飛び降りろ!」と平気で言います。本当に飛び降りたやつがいなくてよかったなと思いますけれど(笑)、これはその場で、心のままに叱るからです。
http://president.jp/articles/-/3004?page=2

◆居酒屋「和民」の正社員、森美菜さん飛び降り自殺で「労災認定」
入社2カ月後に自殺した居酒屋「和民」の正社員、森美菜さん(当時26歳)の労災認定が報じられた今年2月21日、ワタミの渡邉美樹会長がツイッターで「彼女の精神的、肉体的負担を仲間皆で減らそうとしていました」「労務管理できていなかったとの認識は、ありません」などと発言し、炎上した。
美菜さんの両親が会社に提出させた資料などによると、15時間勤務でも休憩は30分しか予定されておらず、また、休日と睡眠時間を削らせるように組まれた研修など、勤務環境は精神障害の発症後にも、さらに過酷さを増していたことが分かった。
http://www.mynewsjapan.com/reports/1585

◆朝日新聞の記事より
審査官は、深夜勤務で時間外労働が月100時間を超え、休憩や休日も十分に取れなかったと指摘。不慣れな調理業務に就いていたことにも触れて、「業務による心理的負荷が主因となって精神障害を発病した」と認定し、業務と自殺の因果関係を認めた。

◆渡邉美樹の見苦しい言い訳、そして炎上
労災認定の件、大変残念です。四年前のこと 昨日のことのように覚えています。彼女の精神的、肉体的負担を仲間皆で減らそうとしていました。労務管理 できていなかったとの認識は、ありません。ただ、彼女の死に対しては、限りなく残念に思っています。会社の存在目的の第一は、社員の幸せだからです
https://twitter.com/#!/watanabe_miki/status/171926030666309632

◆足元を見るワタミ 被災地のワタミ系コールセンター  時給を最低賃金の645円
「会長の渡邉美樹が陸前高田市の参与に就いた関係から、雇用を創出しようと高田につくることになったのです。
時給を最低賃金の645円でスタートさせたのは、周辺の需給バランスが崩れると、他の企業が参入しにくくなるからです。時給は就労状況で上がっていくシステムになっています」
http://www.news-postseven.com/archives/20120308_93424.html

こんな言い訳をいけしゃーしゃーと言えるのが会長の渡邉美樹さんらしい。
被災者の足元を見て決めたことは誰の目にも明白である。被災民を食い物にするブラック企業。
最低賃金の645円にした会社というだけでなく、このような記事を書かせて自らを正当化しようというのがさらに腹黒い。


◆恐ろしい渡邉美樹会長
作家である村上龍との対談でおそろしい一面をみせた渡邉美樹会長。社員を過労死させるブラック企業のトップの素顔が垣間見えた対談である。こんな人間が東京都知事にならなくてよかった。民主党推薦というだけあって腹黒い人物である。

ワタミ社長「『無理』というのはですね、嘘吐きの言葉なんです。途中で止めてしまうから無理になるんですよ」

村上龍「?」

ワタミ「途中で止めるから無理になるんです。途中で止めなければ無理じゃ無くなります」

村上「いやいやいや、順序としては『無理だから→途中で止めてしまう』んですよね?」

ワタミ「いえ、途中で止めてしまうから無理になるんです」

村上「?」

ワタミ「止めさせないんです。鼻血を出そうがブッ倒れようが、とにかく一週間全力でやらせる」

村上「一週間」

ワタミ「そうすればその人はもう無理とは口が裂けても言えないでしょう」

村上「・・・んん??」

ワタミ「無理じゃなかったって事です。実際に一週間もやったのだから。『無理』という言葉は嘘だった」

村上「いや、一週間やったんじゃなくやらせたって事でしょ。鼻血が出ても倒れても」

ワタミ「しかし現実としてやったのですから無理じゃなかった。その後はもう『無理』なんて言葉は言わせません」

村上「それこそ僕には無理だなあ」

(『日経スペシャル カンブリア宮殿』の発言コピペ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E9%82%89%E7%BE%8E%E6%A8%B9

食中毒なのに『店内改装中』の張り紙といい、『超過勤務の賃金未払い、告発者の解雇』などワタミの従業員をゴミのように扱うワタミの悪行はキリがない。
この人のことを稀に「すばらしい人物」として崇拝している人がいるが正気ではない。
この人が都知事になれば東京は崩壊する。

◆創価学会の教え
「脱会者は自殺するまで追いつめろ」(福井県・田賀一成氏証言ー永島雪夫著『創価学会池田王国の崩壊』)
「青年よ、仏敵を打ち砕け。 学会迫害の悪人は厳罰でのたれ死ぬまで攻め抜け」'04年11月18日聖教新聞「寸鉄」

◆公明党の批判をしていた東村山市議飛び降り事件
◆偽メール事件 元民主党 永田議員飛び降り自殺
◆映画で創価学会を取り上げようとした伊丹監督は飛び降り自殺
◆公然と創価を批判している西村慎吾衆院議員の長男が飛び降り自殺
◆大津リンチ自殺事件の飛び降り練習
◆尼崎大量殺人、万座毛から自殺強要して突き落とし事件。

黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/10/25 17:05 ] 橋下徹・維新の会 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。