上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

石原氏 平沼氏と新党結成確認 「日本維新の会」との連携

辞職したうえで、新党の結成を表明した東京都の石原知事は、「たちあがれ日本」の平沼代表らと東京都内で会談し、来週にも「たちあがれ日本」を解党したうえで、新党の結成に向けた手続きに入ることで合意しました。
会談は東京都内の「たちあがれ日本」の党本部で行われ、石原知事と「たちあがれ日本」の平沼代表など党所属の国会議員5人が出席しました。



会談では、大阪市の橋下市長が率いる「日本維新の会」と、今後、連携に向けた政策協議を進めていくことを確認しました。

橋下氏“力をあわせてやっていきたい”

「日本維新の会」を率いる大阪市の橋下市長は、25日夜、記者団に対し、「石原都知事らしい。最後のご奉公だと言っていたが、最後の大勝負に出るのだろう」と述べました。

また、橋下市長は、石原知事が「大阪の仲間と力をあわせてやっていきたい」と述べ、「日本維新の会」との連携に取り組んでいく考えを示したことについて、「政策の一致、価値観の一致がないと有権者にそっぽを向かれる。石原知事にも伝えている。
政策の一致が、維新の会のアイデンティティなのでこの点は譲れないということは石原知事には伝えている」と述べ、今後の連携は政策の一致が前提になるという考えを示しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121025/t10013018441000.html

今から考えたら自民党の総裁は安倍氏でよかったと思う。
石破派だったら選挙は強いだろうが、結果的に安倍氏が総裁になり日本の保守と言われる層が総裁の元で一致団結することができている。
気になるのは「たちあがれ日本」のメンバーだが、この人たちは石原氏や橋下氏に「保守」という対面を保つために利用される可能性が高い。


◆石原新党と維新の共通点はカジノ構想
「そこらじゅうにカジノあっていい」 シンガポールで石原知事
東京都の石原慎太郎知事は30日、アジアの主要都市が集う「アジア大都市ネットワーク21」の総会などに出席するため訪問中のシンガポールで、こう発言した。総会が開催された複合施設「マリーナ・ベイ・サンズ」にはホテルや会議場、商業施設などのほか、カジノも併設されている。
石原知事は日本でカジノができない現状について、「警察の判断」と指摘。その上で、「ショービジネスを盛んにするためにも、カジノはするべきだと思う。東京も大阪もいいが、大きな拠点ではなく、熱海や伊東といった温泉場にライセンスを持ったカジノがあっていい」と持論を展開。
「そこらじゅうにパチンコ店があるように、カジノがあってもいい。パチンコは淘汰されると思いますけれどもね」と述べた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120630/lcl12063021080005-n1.htm

◆大阪維新の会 大口後援者にマルハン、ソフトバンク、パソナ
http://www.news-postseven.com/archives/20120827_139334.html

◆「橋下市長、関心持って」 ラスベガスのカジノ大手が日本進出へ強い意欲
カジノホテル大手ラスベガス・サンズのシェルドンG・アデルソン会長兼CEOは20日、マカオで産経新聞などのインタビューに応じ、日本でカジノが解禁されれば、大阪や東京などの大都市にカジノを核とした統合リゾート施設(IR)を建設したい意向を明らかにした。
アデルソン会長は「日本にはパチンコや競輪など、すでにギャンブル性のある遊技があり、カジノがないのが不思議」とした上で、「カジノはパチンコなどと違い、観光客誘致や雇用、税収増ももたらす」などと指摘。「大阪の橋下徹市長にも関心を持ってもらっていて、日本にはぜひチャレンジしたい」などと意気込みをみせた。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/120920/wec12092023330012-n1.htm

橋下市長の後ろにはマルハンやソフトバンクという朝鮮勢力がついている。
先日、週刊朝日との連載についてごたごたがあり、差別記事だと騒いで「人権侵害」について週刊朝日とマッチポンプで騒ぎ立て、「人権侵害法案」の成立の後押しをした可能性が大きいと書いたが、あの剣幕で連載をやめさせたのは一部では「第二話」以降にびっくりするような暴露話が容易されていたという話が出ている。

彼は一時期「僕は同和ではあるが、本当は同和ではない」という発言をしたこともあり、ひょっとしたら橋下氏は朝鮮人である可能性が高い。
これがバレると「君が代・日の丸」を教育の場に定着させようとしたことなど、すべて「日本人」を騙すパフォーマンスであったことがバレてしまう。
それで必死になって「人権侵害法案」の話を出して真実を煙に巻こうとしたのだろう。

中国を見てもわかるように「愛国心」を利用して他国を叩いて信頼を得て、そして恐怖政治を敷く手法、橋下が目指しているものはそれだろう。
日本人から相続を取り上げ、ベイシックインカムで奴隷にする。パチンコを廃止して「よくやった」と支持を得て、カジノ利権を結局、同じマルハンなどの朝鮮人やユダヤの金貸しへ回して権力を手に入れる。

パチンコを否定し、保守であるはずの石原都知事がなぜ橋下なのか?
それはおなじくカジノ利権を手にしようとしているからである。
橋下は「君が代・日の丸」で騙し、石原都知事は「たちあがれ日本」で騙して「保守」という追い風を利用して国政に出ようとしているだけである。

彼らが同じ保守である自民党を否定するのはそのためであり、本当の保守ではなく、これらはみんなの党となんらかわりない。
本当にパチンコが悪だから廃止してカジノにするのならば国営にすべきである。

◆東京都、2016年五輪招致で支出した費用の経理書類紛失 8事業約18億円
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350777379/

黒い都知事 石原慎太郎 (宝島SUGOI文庫)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/10/26 18:12 ] 橋下徹・維新の会 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。