上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

橋下氏記事掲載で週刊朝日編集長を更迭 朝日新聞出版

朝日新聞出版は26日、河畠大四・週刊朝日編集長を更迭し、同日付で社長付とする人事を決めた。当面は、尾木和晴・書籍統括を週刊朝日編集長代行兼務とする。
同社発行の「週刊朝日」10月26日号に掲載された橋下徹・大阪市長をめぐる記事について、同社は朝日新聞社の第三者機関「報道と人権委員会」に見解を求めており、河畠編集長の更迭は、「同委員会による審議に全面的に協力するための措置」としている。関係者を含めた正式な処分は、「報道と人権委員会」の見解を踏まえて決定するという。
[朝日新聞]2012年10月26日18時59分
http://www.asahi.com/national/update/1026/TKY201210260383.html

戦前は戦争が必要だという記事を書いて、日本を第二次世界大戦へと後押しに必死だった朝日新聞。
今は慰安婦を捏造し、人権擁護委員に朝鮮総連など外国人が加わるのは自然であり、差別をなくさねばならないと主張し、その一方で朝日新聞社員(49)が2ちゃんねるで荒らし行為を行い「失語症躁鬱ニート部落民は首つって氏ねよ」と差別表現を繰り返す。
この新聞社は日本をどうしたいのだろうか?

◆朝日新聞社員、「失語症躁鬱ニート部落民は首つって氏ねよ」と差別表現
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1238829600/

週刊朝日編集長を更迭になったのは、裏で解放同盟あたりが騒ぎ立てているのかもしれない。
一見、収まったかに見えたこの騒ぎは臨時国会に出てくるだろうと思われる「人権侵害法案」を意識してのものか、また更迭騒ぎへと騒ぎが大きくなっている。
しかし、特にクビになったわけでもなく、ほとぼりが冷めればすぐ戻ってくるだろうし、何か意味があるのだろうか?
今回もまた朝日は解放同盟(橋下市長)とこのように騒ぎを大きくしてマッチポンプしているだけだろう。
あまりにもタイミングが良すぎる。

◆首相から、法務省の外局に人権救済機関「人権委員会」を設置する法案について臨時国会提出を目指すよう指示を受けたことを明らかにした。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012102400539

臨時国会での人権擁護法案の成立に命懸け (部落解放同盟 10/15)
http://www.bll.gr.jp/news2012/news20121015.html

河畠大四・週刊朝日編集長は更迭ではなく、この件がうまくいけば昇進するだろう。

危ない!人権救済法案の行方[桜H24/10/20]
1/3
http://www.nicovideo.jp/watch/1350615453

2/3
http://www.nicovideo.jp/watch/1350617517

3/3
http://www.nicovideo.jp/watch/1350616064




スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。