上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

外国メディアに暴かれる孫正義の正体 「残飯集め」「密造酒売り」

欧米の一流メディアが、「ソフトバンク」の孫正義社長(55)の“出自”を次々に報じている。
橋下徹大阪市長の“出自”を暴いた「週刊朝日」は連載休止に追い込まれたが、欧米メディアの“孫正義道”も、かなりドギツイ内容だ。
ソフトバンクが米国3位の携帯電話会社「スプリント・ネクステル」の買収を発表したことで、どんな人物か、関心を強めているらしい。

報じているのは、米紙のウォールストリート・ジャーナルや、英紙のフィナンシャル・タイムズ。
例えば、16日のウォールストリート・ジャーナルは「孫正義は日本のドン・キホーテ」と題した記事で、人物像をこう報じていた。
〈日本西部(九州)の貧しい韓国系の家庭に生まれた孫氏〉
〈孫氏はまた、佐賀県の鉄道に近い不法に占有した土地に建てられた掘っ立て小屋で育ったことを明らかにしている。祖母が幼い孫氏をリヤカーに乗せてあやしていたこと、そのリヤカーは豚の餌にする近所の食堂の残飯を集めるのにも使われたものだったことも語っている〉

フィナンシャル・タイムズの週末版(20~21日)は、「夢を持つ携帯のギャンブラー」と題して大きく紙面を割いた。内容はやはり、出自の暴露だ。
〈父親は豚を育て、密造酒を売った
〈祖母は豚を育てるえさを近隣住民のゴミ箱から集め、(孫氏はその)リヤカーのスクラップの上に座っていた〉

欧米紙はなぜ、孫氏の出自を大きく取り上げたのか。米国を中心に取材活動をしているジャーナリストの堀田佳男氏はこう言った。
「海外メディアの記者と意見交換して感じるのは、彼らは孫氏に好意的だということ。日本の財界人でこれだけ大きく報じられるのは珍しいことです。同時に、海外で積極的に事業展開しようとする孫氏をなぜ日本メディアは評価しないのか、との疑問も抱いています。彼らは、その答えが孫氏の出自にあるのではないかと捉えている。孫氏の過去を書くことで、その背景を探りたいと考えているのでしょう」
果たして孫正義は、どう読んだか――。
http://news.livedoor.com/article/detail/7086751/

戦後の焼け野原になった日本に乗り込んできて、物不足の日本の足元を見るように密造酒を売る。
多くの今いる在日朝鮮人は、食べ物が配給されていた日本にやってきて、農家を襲い食糧倉庫を襲い、それらを闇市で売りさばいて財をなした者ばかりである。
当時、食べるものがなく飢えにあえいでいた日本人であるが、在日朝鮮人が食料庫を襲うようなことをしなければ、食料は十分にあったと後で判明している。

そして駅前の一等地を孫正義の一族がやったように、日本人から不正に奪い取ってパチンコ経営を始めている。
今、日本人の一部はそのパチンコにのめり込み、馬鹿みたいに稼いだ金を負けるとわかっているパチンコに注ぎ込んでサラ金で金を借り、借金苦で自殺する人がいるという状況である。

◆米経済誌フォーブス世界長者番付2005、資産部門in日本
2.福田吉孝5600億円【アイフル】(サラ金)
3.武井保雄5500億円【武富士】(サラ金)
5.木下恭輔4700億円【アコム】(サラ金
6.毒島邦夫4700億円【サンキョウ】(パチンコ)
17.神内良一2200億円【プロミス】(サラ金)
19.岡田和生1700億円【アルゼ】(パチンコ)
25.韓昌祐1100億円【マルハン】(パチンコ)

こういった孫正義の日本に来てからの日本に巣食うやり方は「在日朝鮮人」らのやった方法と同じで、足元をみるやり方である。
今もまだ現在進行形で、日本で大きな震災があった後、マスコミに金を配り、朝鮮人の帰化人が2/3を占める民主党と組んで「チェルノブイリ並に放射能が日本中にあふれている」と日本国民を煽り、孫正義自らもツイッターで恐怖を煽りたて、今度は日本のインフラを手にして電気料金を搾取しようと企てている。

彼ら在日朝鮮人は、民主党議員に日本人と偽って違法献金を繰り返し、民主党議員は日本人ではないとわかっていながら金を受け取り、せっせせっせと在日に有利な法案や制度を作っている状況である。

◆「国籍による差別だ、との批判でてたため」生活保護の在日外国人の国民年金保険料が全額免除に
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1020&f=politics_1020_003.shtml

要約すると、20日、民主党の厚生労働大臣命令で生活保護を受給している、在日朝鮮の国民年金保険料について、本人が申請すれば自動的に全額免除とする方針を決めた。在日は全額免除で満額の国民年金が支給されることに。この厚生労働省の決定に従い、日本年金機構は年金を払ってない在日朝鮮人は、申請さえすれば日本人が積立てた年金が、在日に満額支給されることになる。支給する理由は"国籍による差別だ" と在日朝鮮人から批判がでたためと民主党政権。

日本人は年金をかけていないともらえない、しかし彼らは「年金かけていないからといってもらえないのは外国人差別だ」といって、民主党は在日だけに満額の支給を決定。

また孫正義だけでなく、日本にあるパチンコ最大大手のマルハンのオーナーも同じ方法で日本に不正入国をし今日に至るが、共通点はそれだけではなく、日本維新の会の「橋下市長」の大口後援者である。

◆大阪維新の会 大口後援者にマルハン、ソフトバンク、パソナ
http://www.news-postseven.com/archives/20120827_139334.html

この橋下市長が先日、週刊朝日の連載である、『ハシシタ 奴の本性』の第一回が掲載されたら、ものすごい勢いでこれを糾弾し「人権侵害だ」と騒いだが、内容はすでに明らかになっているものばかりで橋下氏本人が口にした「被差別部落出身」だとか、そんな内容であった。
それをものすごい剣幕で抗議したのは、一つには「人権侵害法案」を成立させるためのマッチポンプを朝日とやった、もう一つの理由は第二回目以降にはとんでもない暴露、私の予想では「橋下氏の本当出自」、孫正義やマルハンのオーナーと同じく朝鮮半島からやってきたことが書かれているのではないか、と思われる。
この連載を書いた佐野氏は「あんぽん」という孫正義の出自に関する本を書いている人物である。

◆佐野眞一氏(「週刊朝日」橋下連載筆者)に、出版社からオファー殺到 「ぜひ続きをウチで…」
http://www.j-cast.com/tv/2012/10/25151441.html

橋下、孫正義、マルハン、ワタミ、竹中平蔵、石原都知事、みんなの党、など、これらは似非保守であり、いわば街宣右翼と同じ構造である。
民主党が朝鮮政党だとバレてしまったので、今度は保守を前面に出して壮大に国民を騙し「憲法改正」「自衛隊を国軍へ」「パチンコ廃止」を謳っているが、これらは国民を騙すための手段に過ぎない。

朝鮮民主党を毛嫌いする傾向を利用して、自民へ票が流れることを察知した彼らは「自民党」人気にあやかり、保守の票を手にしようと巧妙に画策しているだけである。
そもそもみんなの党ができた経緯は、「このままでは自民党が選挙で負ける、自民にいたらやばい」と慌てて自民を抜けた渡辺氏らが作った党である。
結果として自民も嫌だけど民主も嫌だとという層を狙うことに成功しているが、最初からこの党の背後には「竹中平蔵」がいることは言われていた。

テレビがなぜ、橋下を持ち上げるのか?
それは現在、パチンコで恩恵を受けている関係者や組織が、今度はもっと莫大に富を得ることができる可能性を秘めたカジノへと、取って代わろうとしており、それを実現してくれる橋下氏を応援するのは当たり前である。

「仮面の騎士」橋下徹 独裁支配の野望と罠

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2012/10/28 17:16 ] 孫正義・ソフトバンク | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。