上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本人包囲網 大津いじめ事件の黒幕 滋賀県の嘉田由紀子知事「日本未来の党」結成

滋賀県の嘉田由紀子知事が、「卒原発」を掲げて「日本未来の党(未来)」結党を宣言し、小沢一郎代表率いる「国民の生活が第一(生活)」はすぐ合流を決断した。他の中小政党も加わり、100人規模の候補者擁立を目指すというが、経済や外交安保、社会保障などの政策は未知数のままだ。嘉田氏の独特な雰囲気で有権者の支持を集めるのか、選挙目当ての「救命ボート」や「小沢隠し」といった批判を浴びるのか。

「もう少し時間をいただきたい…」
嘉田氏は27日午後の結党会見で、「卒原発」以外の政策を記者団から詰められると、こう防戦に追われた。公務を理由に会見は約40分で打ち切られ、慌ただしく会見場を後にした。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121128/plt1211281153005-n1.htm

日本未来の党の面々を見れば一目瞭然だが、「反原発」利権に群がるメンツが勢ぞろいしている。
賛同者に、稲盛和夫、坂本龍一、菅原文太、茂木健一郎、鳥越俊太郎。

◆京セラ名誉会長の稲盛和夫
小沢と癒着している人物。
地元京都選出の前原議員の有力後援者であり支持者。
妻の朝子夫人は韓国の教科書に載っている、韓国人で知らない者はいない「韓国農業の父」と崇められる兎長春の4女である。

民主党応援団の今田氏、小沢一郎、稲盛和夫の関係
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0808/080828-12.html

搾取されても気がつかない日本人 脱原発で京セラの太陽光発電が儲かる仕組み
http://www.kyocera.co.jp/solar/

孫正義と手を組む京セラ 日本未来の党の政治資金の可能性 
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20120702_544151.html


◆坂本龍一
孫正義のエネルギー団体役員(利権屋)、二人は自然エネルギー財団の会長と評議員の関係であり、坂本は利権を手にしたいがため反原発を煽り立てているのである。

http://jref.or.jp/introduction/member.html
http://nanohana.me/home/wp-content/uploads/2012/06/sakamoto.jpg
http://dl10.getuploader.com/g/10%7Cnetami/627/GLAYLive+SakamotoDemo.jpg


◆茂木健一郎
茂木健一郎「日本人がノーベル賞を 取ったらバカみたいに騒ぐ人たち・・・自分たちは何も考えていない くせに」
僕は科学者ですから、ノーベル賞を取った業績 の多くを愛していますが、 一方でノーベル賞といっても、大したことのな いものもあるわけです。 だから、日本人がノーベル賞を取ったとバカみ たいに騒ぐのは、ずっと不快でしてね。 自分たちは何も考えていなくて、どうしてス ウェーデンのストックホルムの人たちが ノーベル賞だと決めたら、そんなにありがたが るのか、と。
http://diamond.jp/articles/-/25641?page=2


民主党=第一民主党、日本維新の会=第二民主党、日本未来の党=第三民主党、こうやって元民主党議員の受け皿が着々と出来上がり、あの売国民主党が形を変えて「反原発」などという小奇麗な実現不可能な政策を掲げ、日本人は朝鮮勢力によって利権を貪られ、世界でも類を見ない電気料金高騰の憂き目に会う可能性も出てきた。

ドイツは反原発ができたというが、ドイツは世界でも石炭が多く産出される国であり、火力の多くは石炭でまかなっている。日本もドイツ程度で済むなどと考えていたら大きな間違いである。

◆ドイツの電気事業
http://www.jepic.or.jp/data/ele/ele_04.html

◆サウジアラビアが原発16基を建設
http://globe.asahi.com/feature/100802/02_1.html
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1323532587/


左翼による自民党包囲網

◆福島瑞穂「未来の党の連携したい。合流はしません」
(日本未来の党とは)脱原発をともに目指す立場ですので、連携してやっていきたいと思っております。民自公、維新の会は、どう考えても原発推進です。ですから、脱原発のグループが、本当に力を合わせて、国会の中で脱原発議員を一人でも多く誕生させるべく、社民党も努力をしたい。脱原発で連携をしておきますが、それはそういう形で連携をしていくと。でも、合流はありません。合流はないと考えています。
http://www.asahi.com/politics/update/1128/TKY201211270966.html

◆未来の党、所属する議員は70人を超 民主自民両党に次ぐ政党に
滋賀県の嘉田由紀子知事(62)は27日、大津市内で記者会見し、脱原発を旗印にした新党「日本未来の党」を結成する意向を表明した。国民の生活が第一と、減税日本・反TPP・脱原発を実現する党(略称・脱原発)は合流を決めた。みどりの風は前衆院議員3人が全員合流する。乱立していた第三極は、日本維新の会と日本未来の党に二分される構図が固まった。
代表には嘉田氏が就任するが、知事は続け、衆院選には出馬しない。代表代行に橋下徹大阪市長(日本維新の会代表代行)のエネルギー政策のブレーンを務めた飯田哲也大阪市特別顧問が就く。所属する前衆院議員と参院議員は70人を超え、民主、自民両党に次ぐ。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2703X_X21C12A1MM8000/

小沢氏は乱立する小政党をまとめていくようである。
「日本維新の会」との連携はないと発言しているが、石原慎太郎氏が党首になったことで、「維新八朔」のいくつかが見直され小沢氏の政策とは相反するものになっている。
小沢氏と橋下氏ははいずれ合流すると思っていたが、石原慎太郎氏が間に入ったことで合流はなくなったと思いたい。

福島 嘘と真実―東日本放射線衛生調査からの報告 (高田純の放射線防護学入門シリーズ)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2012/11/28 18:41 ] 選挙関係 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。