上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

衆議院選 消去法で自民党が勝ったのではない

礒崎陽輔 ‏@isozaki_yousuke
おはようございます。マスコミは、民主党も、第三極も駄目だったから、消去法で自民党が勝っただけだと、一所懸命喧伝しています。何を言ってもいいですが、自民党には、3年半近くも地元で臥薪嘗胆していた元職議員や2回目の挑戦となる新人候補がたくさんいたことは、忘れてはなりません。
https://twitter.com/isozaki_yousuke/status/280844156660748288

礒崎陽輔 ‏@isozaki_yousuke
総選挙結果について、いろいろと御意見を頂きありがとうございました。私の申し上げたいのは、全体の議席数の話だけではなく、もちろん風も吹きましたが、個々の選挙区においては、候補者や支援者の大変な努力と相手方との壮絶な戦いがあり、その積み重ねが全体の結果となったということです。
https://twitter.com/isozaki_yousuke/status/280844156660748288

礒崎議員のおっしゃる通りだと思う。
個々の選挙区では「戦略」が練られており、自民党の並々ならぬ選挙への意気込みが感じられる。

海江田氏を破った新人の山田美樹氏
日付が回った17日午前1時45分ごろ、300選挙区の最後に滑り込む形でもたらされた東京1区での「当選確実」の知らせ。東京都新宿区の選挙事務所で開票速報を見守っていた自民党新人の山田美樹氏(38)は、緊張した表情から一転して涙ながらに感謝の言葉を述べた。

相手は元経済産業相で民主党前職の海江田万里氏(63)。東京1区では与謝野馨元官房長官(74)と長らくしのぎを削ってきた海江田氏の知名度は抜群に高い。それだけに山田氏は「路地という路地まで歩き、行っていないところはないくらい」(陣営関係者)、くまなく選挙区を回り、有権者に“顔”を売り込んできた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121217/elc12121703360074-n1.htm


東京一区は与謝野馨氏の選挙区であるが、復党したいという与謝野氏を自民党は拒絶し、新人の山田美樹氏の擁立にすべてを託す。
山田美樹氏は自民党の一般公募を経て東京一区の支部長となった人である。
そのまま与謝野氏が出馬していればもっと楽に戦うことができたはずであるが、それを敢えて新人を擁立し、選挙戦の最終日にはあの秋葉原に安倍総裁、麻生太郎氏がたくさんの美しい日の丸の舞う中、山田氏の応援に駆けつけた。

麻生氏は「政権奪還は手段でしかない。まっ先にやらなければならないのは景気である。」と力強く述べ、安倍自民党総裁は、「景気回復へ向けて思い切った財政政策の実施、日教組による歪んだ教育の是正、尖閣諸島、北朝鮮問題に対する処置として、防衛力強化」を訴えた。
なりやまぬ麻生コール、晋三コールはヘリコプターの騒音による嫌がらせさえをも跳ね除けた。

以前の日記も書いているが、今回の選挙の争点は「景気回復と国防」であり、マスコミが「原発」だと刷り込むが、何度放送で言ってもそれは日本人の心には響いてなかった。

円高に苦しむ中小企業の倒産、大手企業の人員削減によって失われていく雇用。韓国のウオン安を手助けするかのように民主党は円高を放置。
早く景気をなんとかして欲しい、その願いが自民党支持へとつながり勝利となったと思っている、消して消去法ではない。

新人の山田美樹氏の当選が決まったのはすでに17日午前1時45分過ぎ。無名の新人でありながら知名度の高い海江田万里を蹴落とし、涙で顔をくしゃくしゃにさせて万歳三唱をする山田美樹氏、新しい自民党の象徴とも言える笑顔だった。


政治に無関心な日本人
多くの日本人が政治に関心がないのは、マスコミによって「政治家はロクでもない」「ほとんどの政治家は嘘つきだ」という刷り込みを日本人にしてきたことが原因の一つで、良いことをした功績についてメディアが語ることはほとんどない。
「どこが政権を取っても日本は変わらない」と思っている人が多く、やはりマスメディアの力は絶大で信じやすい日本人は自分で調べることよりも、テレビの報道することを鵜呑みにしてしまうケースに陥る。
しかし、民主党という悪政が3年間続いたことによって少しづつ政治が自分たちの平和な生活に直結してくることが気がつき始めている。

戦後の教育によってもたらされた「日本はどうせ・日本なんか・政治なんか・政治家なんか」と自虐的に斜めにみる時代はもう過去のものになりつつあり、これからは自分の生まれた国である日本を大切にしなければ、自分たちの平和や生活が他国から脅かされていく時代となったことに気がついて欲しい。

とてつもない日本 (新潮新書)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2012/12/20 17:07 ] 選挙関係 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。