上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

韓国によるテロ 変異種のノロウイルスの蔓延と宮崎口蹄疫の蔓延は同じ手法

豊田商事以上 戦後最大の消費者被害を生んだ安愚楽牧場の広告塔が海江田万里

弁護士紀藤正樹 @Masaki_Kito ‏@masaki_kito
今日夜、都内で、 #安愚楽牧場被害対策弁護団 の会議が開かれる。約2000億円の被害であった豊田商事をはるかに超え、4300億円という戦後最大の消費者被害を生んだ安愚楽被害対策への取り組みに加え、当然、民主党代表となった海江田氏問題も話あうことになる。
https://twitter.com/masaki_kito/status/284153747691675649

和牛投資詐欺商法「安愚楽牧場」の訴訟はこれからがいよいよ本番となる、その矢先に広告塔であった海江田万里を代表に選んだ民主党。
負債4,330億円の内、オーナー債権者負債が4,207億円、オーナー7万人で4200億以上投資して、その殆どが消えて無になっている。
豊田商事は金を売るという名目で、実際には現物を渡さずに証明書だけを渡して実態のない取引をし、安愚楽はその豊田商事の「金」が和牛になっただけである。
それだけではなく、宮崎口蹄疫の発生はこの安愚楽牧場から始まり、1ヶ月近くも隠蔽したといわれている。

◆不自然だった宮崎口蹄疫と安愚楽牧場の隠蔽と民主党
宮崎口蹄疫の発生はこの安愚楽牧場から始まったといわれており、しかも1ヶ月近くも発病した牛について隠蔽し続け、他県の牧場へ牛の移送をしたことが指摘されている。
川南から突然えびのへ感染が広がったのも安愚楽牧場が牛の輸送を行ったことが原因であり、それが無ければ熊本・鹿児島にまで制限区域を広げる必要もなかった。
安愚楽牧場(第七牧場)がチーズを作る目的で水牛を輸入し、この水牛が感染源という話と、民主党が韓国から研修生の一団を宮崎に送り込んでおり、それらによって感染させられたという話もあるが、どちらにしろこの宮崎口蹄疫に関しては報道規制と隠蔽によって未だに明らかにされていない部分があるが、口蹄疫の型が韓国で蔓延しているものと同型であることを考えると、感染源が韓国であることは間違いない。現在の韓国キムチによる変種のノロウイルス蔓延もまた、宮崎口蹄疫と同じであり、日本は韓国によってバイオテロされている可能性が高い。

◆宮崎県の口蹄疫ウイルスは韓国株と98.59% の相同性であった
http://blogs.yahoo.co.jp/atcazia/33221121.html

◆口蹄疫
http://shizu.0000.jp/read.php/seikei/1273314189/

『4月初旬100頭以上が感染牛、データ改ざんで証拠隠滅、発覚前 県外に5頭出荷
川南町牛死体 西都市で処分、薬の領収書も破棄、死亡日・場所の記録変更』

和牛種の委託オーナー制度で知られる(株)安愚楽牧場(本社・栃木県、三ヶ尻久美子社長)は4月はじめ、児湯牧場(川南町)で、口蹄疫の疑いのある牛を発見したにもかかわらず、約1ヶ月間も事実を隠ぺいしていた。この間、数頭を県外に出荷した上に社内データを改ざん、感染証拠の隠滅も図った。
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/018/157/89/N000/000/000/127409682595716417905.jpg

melto149.jpg

民主党の初期の口蹄疫に関する報道規制(原口議員)、その安愚楽牧場の広告塔だった海江田万里。不自然な広がりを見せていた宮崎県口蹄疫と民主党の不作為。

原口議員 @kharaguchi
@redmaximum  ありがとうございます。後手ではありません。発生後、すぐ私は指示をしています。風評被害が大きくなれば、さらに大きな被害となります。畜産と言う産業の性質上の問題もご考慮ください。
http://twitter.com/kharaguchi/status/13632923335
http://togetter.com/li/19813

◆安愚楽牧場が報道されない理由は「小沢」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1041079360

◆安愚楽牧場 広告塔だった海江田万里
「AERA」2011年8月28日号、「SAPIO」90年8月23日号、サンデー毎日などで自らもオーナーになったことを明かして安愚楽牧場の詐欺和牛オーナー制度を押している海江田万里。

サンデー毎日の記事では「もちろんこの手のオーナー制度は銀行や郵便局の預貯金とは違いますから、法律で配当や元金が保障されているわけではありません」 「もし、この会社が何らかのアクシデントに見舞われて倒産してしまったら、配当や元金はどうなるのか、その辺りも自分自身でよく確かめてから決めてください」 とセーフとも取れる注意を促す発言を付け加えているが、「女性セブン」92年7月2日号では「夢があって安全有利なら申し分ない、参加期間中に牛が事故や病気などで 死亡してしまっても保険でしっかり保障され、約束通りの金額が支払われます」 と、「リスクはゼロ」とまで言い切っている。
これは完全にアウトだろう。
http://www.j-cast.com/2011/08/22105012.html?p=2

melto148.jpg

◆弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版
http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2012/12/post-1390.html

ドキュメント口蹄疫―感染爆発・全頭殺処分から復興・新生へ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2012/12/28 20:12 ] 海江田万里 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。